上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続きです。


雍和宮は地下鉄雍和宮駅から行けるのですが、駅からはちょっと歩きます。
参道ではないんだけどね。
道の両端には線香売りがいっぱい。
5束10元ってのが相場かなー。

yowakyu senko

門に着きました。
youwakyu.jpg
この内側は駐車場になっているので、車の出入りが激しいのです。ご注意あそばせ。


入場券25元を買って中に入ります。
IMG_5192.jpg
イチョウ並木。
冬場は葉が落ちているんだけど、夏は涼しげでいいかもね。

この日は、お友達と4人で行ったのですが、師匠Fちゃんが雍和宮について詳しく調べてくれてたので、時間も無駄にならず、適切な知識も得られ、有意義な雍和宮観光となりました。
やっぱり、こういう名所旧跡を訪ねる際には、下調べって大事だねー(しみじみ)

「雍」の文字が示すとおり、ここは清朝の第5代皇帝、世宋・雍正帝の王府があったところです。子供の頃は紫禁城に住んでても、大人になったら親王として王府を構えて出て行くんですね。で、その後、この屋敷の主、康熙帝の四男胤(雍親王)は皇帝となって紫禁城に入ったため、ここは行宮(外出の際、皇帝の仮の宮居)となったのだそう。雍正帝の崩御後、遺体が一時(1年かんほど)ここに置かれたため、屋根は緑から皇帝の色である黄色に変えられました。それゆえ、ここの屋根の色は故宮と同じ黄色です。

そして乾隆帝の時代に政策により、チベット仏教の寺院になりました。皇帝の住まいだったから寺院にするしかなかったのかしら。寺院としての歴史は250年を越えます。


昭秦門をくぐって奥にすすみます
IMG_5194.jpg

4種類の文字
IMG_5195.jpg

蒙・蔵・漢・満(モンゴル・チベット・満州・漢) この4種類の文字らしいです。
4種類というのが、この雍和宮を物語ってますよね。ひとことで○○風とは言えない、複数の文化の融合体ってかんじ。


マニ車(?)
IMG_5201.jpg
回すとその経典を読んだのと同じご利益があるとか。
うふ。こういうの好きだなー(笑)


五百羅漢山
IMG_5207.jpg
紫檀製。
幅3メートル 高さ5メートルの木に、500人の羅漢さんが彫られてます。撮影禁止なんだけどね、外から撮ってしまった。

そして万福閣。
IMG_5208.jpg

ここにギネスブックにも載っている、1本の木から作られた、という点で世界最大の弥勒仏がおわしますが、ここも撮影禁止。
地上の高さ18メートルなんだそうで、撮影が許可されたところで、シロートじゃ、この大きさは撮れないと思うなあ。見えるのはせいぜいひざくらいまでなんだもん。

116110.gif
ちなみにこういうものです。金ぴかです。


なんでも康熙帝が、たくさんの宝石と引き換えに手に入れた白檀の巨木から彫られたそう。地下に埋められた部分を入れると、26メートル。確かに大きいわー。この木は西域から3年の月日を経て北京に運ばれて彫刻を施されたそうですよ。すごいねー皇帝の力。そして、そんな巨木をこういう仏様にしてしまう技術もすごい。


日本の仏様は達観してるっていうか枯れてるって言うか、穏やかな笑みを浮かべておられる方が多いように思われますが、こちらの仏様はもっと人間的な、肉感的な感じがしました。
そして、あまり宗教には興味ないのかと思っていたこちらの人たちが、ご利益を求めてたくさん来ていたのにもびっくり。きちんと作法に則って、神妙にお参りを重ねていました。



それにしても、ここはなかなかに興味深い場所だった。北京に住むと、こういうところを一箇所だけ訪れるっていう贅沢ができるのがありがたい。観光だとついつい欲張ってしまいますからね。
広さ6.6万平方メートル。かなり広いです。歩き回ると疲れます(笑)

さて、次はどこ行く?



スポンサーサイト

【2010/03/30 17:38】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
雍和宮へ行ってきました。
雍和宮というのは、北京最大のチベット仏教寺院です。地下鉄2号線には「雍和宮」駅があり、交通の便もよく、由緒ある建物にして保存の状態もいいっていう、いいこと尽くしの寺院。これは行かねばー!

なのですが、今回はその前に、保護単位についてのお話。

実はワタクシ、ずーーっと気になっておりました。「単位」という文字。

たとえばコレ。月壇公園前にあるものなんですが
カメラ 210

全国重点文物ナントカ単位(ナントカっていうのはずっと読めなかった<おーい)

「・・・・タンイ?タンイって何??」

ことあるごとにお友達に聞きまくっていたんですが、聞くだけじゃだめなんじゃないのとのお言葉を頂戴し。当たり前だよね。何でも自分で調べなきゃ。なので調べてみました。



結構簡単に判明したよ<おーい


えーと
「全国重点文物保護単位」とは


中華人民共和国が指定する全国重点文物保護単位(ぜんこくじゅうてんぶんぶつほごたんい、全国重点文物保护单位)は、中華人民共和国の文化遺産保護制度の一つ。中華人民共和国国務院が制定した文化遺産保護制度のうち、国家級の文化遺産に対して制定される名称。現在2351件がリストされている。1961年より五次にわたって公布されている。


ほほー。
要するに日本で言う重要文化財みたいなもんなんだ。いや、そんなもんだろうとは思ってたけどさ<ほんとか~?(笑)

文物保護単位には国・省・県 のレベルがあるのですが、このうち特に国家レベルのものを全国重点文物保護単位というのだそうで。

そういえば以前行った古天文台も
IMG_4557.jpg

東交民巷の横浜正金銀行ビルも
IMG_4505.jpg

全部国家レベルの保護単位なのでした。


そしてもちろん雍和宮も
youwakyu.jpg


しっかりプレートに記されております。
IMG_5190.jpg

この保護単位に指定されると、保存のための予算が組まれるのだそうで
IMG_5188.jpg

こうやって保存作業も行われるというわけ。
いやー、単位のなんたるかがわかってすっきりしちゃいましたー(笑)


本日はここまで。雍和宮についてはまた明日ね。

【2010/03/29 20:10】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
華北地方最大の道教寺院、東嶽廟に行ってきました。

IMG_5135.jpg

朝陽門から500メートルあまり、回りには高いビルが林立する、ほぼ市街の中心地にあります。広さは6万平方メートルあまり。そんな中心地にあるとは思えないほど静かな空間でした。

IMG_5157.jpg

泰山の神、東嶽大帝を祭ってあるのだそうです。東嶽大帝って、なんかのアニメですごい悪役じゃなかったですっけ?(笑)まあ、それはどうでもいいんだけど、この東嶽廟、現在は民俗博物館になっています。周囲がぐるりと「地獄の72司殿」、地獄の大王に裁かれる人々をあらわしているのだそうな。

IMG_5141.jpg

IMG_5140.jpg

わかりやすいぞー(笑)皆の衆、生きてるうち、悪いことしたらいけんよ。

IMG_5159.jpg


赤い布を張ってあるように見えますが

IMG_5158.jpg

実はお札です。
たくさんの、数え切れないほどたくさんの真っ赤なお札。日本の絵馬みたいなもん?


碑林
IMG_5146.jpg

あちこちから集めてきたと思われる碑林。碑を背負うカメがなんとなく不気味ー。

入場料は10元、中国語ですがガイドのテープもあります。そちらは40元。最初そちらに行っちゃったんですが、受付のおばさんに「あんたたち、中国語わかるの?」「わかんないよ」「じゃ、あっちに行きなさい」と教えてくれました。中に入っても、お線香のお供えの仕方から、参拝のやり方まで、何人もの人が親切に教えてくれましたよ。ヒマそうだったもんねー(笑)何かのとき以外は(春節とか)静かだし、空いてるし、ここは穴場かも。


*******************


気管支炎。
昨夜は8度5分まで熱があがりました。今も7度を越えてます。昨日病院に行ったときは、5度7分だったんだよね。薬の質がちがうんじゃないかなーとか、ちらと不安に思ってみたりして。
うーん。だるー。





【2010/03/12 16:23】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
さて、これはなんでしょう?

IMG_5116.jpg


答えはちょっと置いておいて。

お正月も明けたし、天気はいいし、久しぶりに歩いてみましょう、ということで出かけました、てくてく。

長安街は、10メートルおきにパトカーが並び、数メートルごとにいろんな警官が立ってます。もうすぐ人民代表会議が始まりますからね。警備も厳しくなってます。

天安門の前では
IMG_5117.jpg
各種警官そろい踏み
武警に警察に公安、特警という人も。SWATらしいっす。

IMG_5107.jpg
ポーズをとってくれたので撮ってしまった(笑)
バイクは日本製、スズキかホンダみたいですよ。

IMG_5119.jpg
女性もいました。
こういう人がオリンピックの射撃に出るのかなー
・・とか余計なことを考えつつ、さらに歩きます、てくてく。


おー、あれだ。
道の向こう側に、本日の目的物が見えてきました。
IMG_5108.jpg

何かを伏せたような形。

IMG_5109.jpg
なんでもかんでも禁止禁止。禁止マークのオンパレード、の立て札を見つつ到着。

IMG_5110.jpg
国家大劇院

シンガのエスプラネードみたいなものかしら?

でもこの建物は、長安街から見てもおもしろくありません。
もっと近寄りましょう。

IMG_5112.jpg

ほらね。鳥のたまごみたいでしょ。

なかなか美しい建物でした、ごちそうさま!?(笑)


【2010/03/02 17:26】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
日本は雪だそうで。

5日が小寒、20日が大寒 2月4日の立春までの30日が、一年のうちで一番寒い時期となります。ほんと寒いわ。
寒さを理由にするわけではありませんけど、なーんかウツーっとしちゃってます。
ぐずぐずだらだら。コタツがあったらヤドカリ状態になってそう。コタツがなくてよかったよ(笑)



去年から載せようと思ってた写真をアップします。
冬の東交民巷。

旧フランス公使館
IMG_4860.jpg

今は、えーと、何でしたっけ(笑)以前も同じことを書いてる(笑) 覚えられないので、写真を撮りたいのですが、武警がいるところは撮らないほうがいいって言う話をネットでよく読みますので、まあ止めておこうかなと。

旧フランス郵便局
IMG_4862.jpg
今は四川料理店になってます。流行ってるんでしょか。いつも私が歩くときは静かなんですが。

旧日本公使館
IMG_4864.jpg

旧シティバンクビル 現在は警察博物館となってます。
IMG_4883.jpg

この向かいに最高裁判所があるんですが、そっちは写真をとっていいものかどうか。次回もしチャンスがあれば頑張ってみようっと。
ちなみに入館料は10元、ご興味ある方、次回ご一緒しませんか?(笑)

旧横浜銀行
IMG_4868.jpg

中庭が覗けそうだったのでちらりと。
IMG_4870.jpg

IMG_4869.jpg

IMG_4871.jpg
ふーん。なんだかイギリスっぽい。パパッと写真だけ撮って逃げてきましたけど、撮っちゃいけなかったかも<おーい

木の葉が邪魔にならない冬は、写真を撮るにはいい季節ですね。ただ極端に寒いのが難(笑)

東交民巷は、散歩にはほんとにいい道だと思います。古いビルがそのまま保存されてて、歴史が好きな人にはもってこい。これが上海ならきっと大々的に観光地として売り出すだろうに、という話を読みましたが、如何せん、政府の機関が入ってるのよね。だから保存もちゃんとできてたってことなんでしょうが、公安やら警察やらがやたら多くて、ちょっと緊張しちゃいます。残念といえば残念。

【2010/01/13 15:46】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。