上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別ネタで書きかけていたんですが、ちょっとあれこれ思うところがありまして。本日のネタはこれ。

マンチェスターと言えば、今は、日本でも世界でもマンチェスターユナイティッド いわゆるマンUなんですよねえ。そうですよねえ。私は今でもマンチェスターと聞くと、「マンチェスターとリバプール」という歌を思い出します。youtubeで聞く(見る)ことができるのですが、残念ながら当地とyoutubeとはご縁が薄いというかなんというか・・ごにょごにょ(笑)


うちは相方氏が「マニア」を進呈したいほどのビートルズ好きなので、在英中は数回リバプールへ行きました。ビートルズの歌詞にでてくる場所に行くだけでご満悦の相方氏、ついて行くだけでちーっとも楽しめないのに、それを口に出せない私と子ども三匹。あー、ほんと、いい奥さんだったなあ(・・・ナゼに過去形)
いや、それは置いておいて、私の小中学校時代、リバプールは、すぐ隣にあるマンチェスターと並んでイギリスを代表する工業地域として日本の社会の教科書にも載っておりました。今はどうなんだろ。産業革命の織物業の中心地でしたっけ。日本で言うと、どこに例えたらいいんでしょうね。煙突だらけの街、すすけた空気、華やかさの対極にある労働者たちの街。そんなイメージの街。この歌のバックグラウンドはそんな場所です。

この歌が流行ったのがいつか、はっきり覚えてはいないのですが、レコードがリリースされたのは1968年だそう。日本で30万枚を売り上げたそうですよ すごくね?
ただ、日本で「しか」売れなかったらしい。
私が深夜放送にはまっていた頃、とにかくよく聴きました。
あの頃はサビの歌詞くらいしかわからなかったけど、今聴きなおすとその意味がすごくよくわかる。その解釈が合っているかどうかは別にしてね(笑)

しっかしこういうのを懐かしがってるのって、ほんと私の世代。
うちらって昔のことを語りたい世代なんだねー(我ながらちょっとうざい(笑)


スポンサーサイト
おまけの歌詞

Manchester and Liverpool
may not seem cities for romatic fools
Bustling feet and dusty streets
And people living for each day.

But behind the smoke and grind
a great big city's beating heart you'll find
You may roam but it's still home
Although you travel far away

A city, a city may not be so very pretty.
But to be back, a smokestack
can be a welcome sight to see.

Manchester and Liverpool
so noisy, busy and so typical
Millions there with hopes and cares
And happiness is their own aim

In New York and Sydney too
The whole world over, it is just as true
where you start is in your heart

And there it always will remain
A city, a city may not be so very pretty.
But to be back, a smokestack
can be a welcome sight to see.

Manchester and Liverpool
La la la la la la la ..


追記を閉じる▲

【2009/06/12 21:44】 | 昔ばなし トラックバック(0) |
昨日なんて昔のことは覚えてない、明日なんて先のことは考えられない・・・ってのはハンフリー・ボガードの台詞なんだけど、あれは「カサブランカ」だったんだっけ。そういえばジュリーが歌った「カサブランカダンディー」の中のボギーってのが彼のことだって、もうわからない人も多いのかもしれません。ジュリーももう還暦すぎたおじいちゃまですものね。

なんてことを思うのはね。先日、功夫茶の飲み方について習ったんですけど、あれってマナーにうるさいお茶の一つなんだそうで、お茶の杯を取るときには年長者からというきまりがあるのだそう。で、お茶会となったときに、見知らぬ人同士の場合、見かけで判断しがたいときに、どうやって年齢(年代)を推し量るのか、年齢がそれとなくわかって、なおかつ失礼のない話題は何かとういことになったわけです。

みなさまならどんなネタ振りします?

まあ、こういうときは政治の類はご法度ですから、歴史的事件ってのはダメなんですけど、オリンピックネタってのは無難なほうなんでしょか。あとは、映画?流行歌?

だいたい私の世代だとオリンピックの記憶は東京から始まってますね。つかローマのときはテレビなかったもん(爆)で、流行歌っていうとなんだろなー、やっぱりGSになるのかなー。うーん、考えちゃう。GSで騒いでたのは私たちより上の世代なんだけども。
そういえば「なつかしのメロディ」的番組は昔からあって、私が子どものころは軍歌なんかも多かったし(親の世代の青春の歌ですから)あとは戦後の歌謡曲ね、青い山脈とかさ。
親が楽しんでみてたんで、私もその頃の歌は知ってます。生まれてたわけじゃないけど(←ココ、強調)
で、その頃長髪で歌ってたGSをちょっと呆れて見てた母曰く
「あんたたちが年を取ったら、こんなに騒々しい曲を懐かしいなんて思うときがくるのかしらねー。」

来てますって。
つか、あの頃の曲、今は全然騒がしくないですから。
メロディーもリズムもわりと単調だし、わかりやすい歌詞だし。のすたるじー(笑)

ならば。
今の若い人達にとっての懐メロってどんなんでしょうね。それはちょっと興味ある。
でも今、80年代の歌謡曲っぽい曲が、すでにちょっと古臭くって懐かしい感じがしますもんねー。

***************

最初の台詞に戻りますが、ほんと、先のことは考えられないわ。
母にはよく、老後のことをもすこしきちんと考えろと言われるんですけど。

そりゃあね。考えないといけませんよ。当たり前です。
どないすんねん、うち。老後、暮らしていけませんって。このまんまじゃ。

でも。

考えるとユウウツになることが多すぎるんですもん。子どものこと、親のこと、相方のこと、そして自分のこと。目先のことを考えて暮らして、そうやって日々を積み重ねていくしかできないんですよ(あるいはしたくないのか・・・認めたくないけど)
とりあえず今週一週間、次が今月。そのくらいかなー。
来年のことはそのときになって考えるしかない。そのときになったら、たぶんなんとかなるだろうから。なんとかしてよね、カミサマ(・・・って最後は神頼みか・・・)

IMG_2165.jpg
功夫茶のヤカンとコンロの燃料(中国オリーブのタネだそうです。燃してもにおいが出ないんですって)

【2008/07/17 09:05】 | 昔ばなし トラックバック(0) |
幼い頃、私はジジババっ子でした。父が出張の多い人だったので、母がしょっちゅう私を連れて里帰りしてたせいで。(おかげで私はマチ育ちではありますが、田舎体験は豊富です)

ここのところ、なにやかやといろいろありまして、浮き上がれずにずぶずぶ沈んでいく気分から抜けだしていないのですが、こんな時に昔のことを思い出してしまうってところに、しみじみと年をかんじてしまいますね~。

IMG_1703.jpg
日本からのお土産に頂いた干し柿。
昔々、祖母がくれたおやつ、とうもろこしとか干し芋とか、あるいはこんな干し柿だったな。手作りでしたから、こんなに美味しくもやわらかくもなかったけれど。祖母はいくつで亡くなったんだかよく覚えてないんだけど、何かしら美味しいものをひょいひょいと出してくれるので、よく、後をついて歩いたものでした。

昔が良かったとは、常日頃あまり思わないのだけれど、どうしてあの時ああしなかったのだろうと思ってしまうことは、以前より増えた気がする。
ダメね。こういう風に後ろ向きってのは。更年期のせいよって括れたらいっそ気楽なんだけれど。

さて。明日、台所でも磨きますか(笑)

【2008/01/15 22:21】 | 昔ばなし トラックバック(0) |
だいたいどうでもいいことの9割は、ホントにどうでもいいことなんだけど、どうでもいいようなことが、アタマのすみっこにちらついて、だんだんどうでもよくなくなることがあります。

「どうでもいいけど」で始まる懐メロをご存知ですか?

昨日はお友達の送別会。総勢8人。イタリアンの長テーブル。
なので自然と二つに分かれておしゃべりをすることになったんだけど、我々側のネタはオリンピック。まあアジア大会やってますからね、その流れだったのでしょう。
東京オリンピックのときはまだ生まれてなかったという方が主賓だったんですが、まあ我々世代のオリンピックといえば、まずは東京になるわけです。我々世代は2人しかいなかったが(爆)
ええ、東京オリンピックは知ってますよ、だって私の誕生日だったんだもん、開会式。ファンファーレがよかったわ。
IOCのサイト←家で見た時はまだカラーじゃなかったんで妙に新鮮。

で、じゃあ、どこのオリンピックから覚えてる?という話に移行していったわけですが、何年にどこでオリンピックがあったかが なんか不鮮明なんですね。人間の記憶って頼りないわねー・・・ってそれはアタクシたちだけなのかしら。
東京からアテネまで、全部言えますか?ネットで調べずに即座に言えたらすごいよ。褒めてあげる。

東京-メキシコ-ミュンヘン-モントリオール-モスクワ-ロスアンジェルス-ソウル-バルセロナ-アトランタ-シドニー-アテネ  というのが正解です。ワタクシはモントリオールがすこーんと抜けてました。なんでかな。「welcom to MONTRÉAL」ってうテーマ曲覚えてるのにね。コマネチもいたのに。

考えてもつながらないオリンピック開催国ネタを 最後は「まあ、どうでもいいんだけどね」と笑って締めたときにうかんだのが「どうでもいいけど♪」という歌詞とメロディなわけ(笑)

こちらの正解は郷ひろみです。「花とみつばち」っていう74年の歌。作詞は岩谷時子さん。「どうでもいいけど 帰るのいるの 夜明けだよ」と続くんですが、この歌を聴いた時には、歌詞の意味が全然わかってなかったんだなあといまさらの感想です。はい、今日も朝から、どうでもいいじゃん、というお話でございました、それでは今日もおシゴトがんばりまーす。

【2006/12/08 08:40】 | 昔ばなし トラックバック(0) |
坊やよいこだねんねしな
・・・ではなくて。


先日、職場での会話
シンガ在住十数年の人が、こちらに来た当初の話をいろいろしてくださいまして。
チューザイ夫人の様子が劇的に変化したのは、ほんとに最近のことなのよー、なんて話とか。

で、そっから当時の生活を偲ぶネタあれこれ。
十数年前は、日本から送ってもらうビデオが唯一のたのしみだったわー、
テレビも日本語放送なんてなくて。
に、待ったをかけたのがワタクシ。

アタシの最初の赴任のときは、ビデオなんて一般的ではなかったのだよ。
香港でH社製のビデオレコーダーを買ったのが最初だったけど(中古のを整備して譲っていただいた)
それはフロントローディングじゃなかったし、普通倍速のみだったし・・・とかつぶやいたら、
「前からテープ入れないでどっから入れるの????」ですって。

ボタンを押すと、上のふたがガシャッと開いて、こう・・・と説明したんだけど
あれ、どういう形式って言うんですっけ・・・言葉が出てこない・・・うー・・・今でも出てこない。
とにかく、そんなだったのよっ。
ビデオ録画してもらおうにも、各家庭に1台あるって時代じゃなかったのよっ
「・・・それ何十年前の話ですか、りーさん・・?」<すっかり昔語りおばばのワタクシ(汗

そんなに昔じゃないわよー、83年とか84年とかですから、えー、あら、20年前以上じゃん
・・・りっぱに昔だ


うちの最初の香港は’83~’87なんだけど
ちょうどこの時期、VTRが普及し始め、CDが急速に出回り始め、ファミコンが世の中に出てきたのでした。
世の中はバブルへ向かって一直線、なのでしたっけ?
そういう華やかなりし世間事情は全く知らないけど、電化製品の出回り具合はよーく覚えてます。
流行りの歌やらファッションやらは全然、なんだけど<興味の対象ではなかったらしい(笑)
ああ、でも、ほんとに今は昔のお話となりましたわね、しみじみ。

ついでに。
遥か昔、洗濯機は、くるくる回って洗うだけで、脱水は手仕事、という時代もございました。
ローラーを回して、絞るのを手伝ったものだったわ。
この景色に覚えがある方、あなたはワタシのお友達ね(笑)


それにしても何ていうんだっけ。上が開くやつ。
オープントップ?<それは車だ

【2006/05/09 07:35】 | 昔ばなし |

昭和の遺物?
りー
お久しぶりです~、りえさん。
ローラーの洗濯機は、すでに昔の範疇だったのですねー。
そりゃあね、四足付きのテレビとかさ、黒電話とかさ
すでに昭和のものは、昔のものなんでしょうさ・・・
しかし「むかしの暮らし」。
しかも「教科書」・・・・ずーん<わけもわからず落ち込む音(笑)


手動脱水
りえ
ごぶさたしてます。
脱水がローラーの洗濯機、子供のころ、祖母宅にありました。
その洗濯機はまだ現役だったにもかかわらず、
社会科教科書「むかしの暮らし」に載っていて衝撃でしたが…。
ビデオデッキもそういう方式だったのですねー。


さーすがー
りー
そうそう、ポップアップと言ってた気もする。
http://www.asahi-net.or.jp/~uk9o-tkzw/tvessay.html">http://www.asahi-net.or.jp/~uk9o-tkzw/tvessay.html
検索したら出てきました。
これだこれだ。わーい。朝からひとつおりこうになった気分です。
ありがとー。
若い(はず)のぴかさまがなぜご存知なのかは、追求しませんよ。
ええしませんともさ(笑)


それは
ぴか
ポップアップイジェクト式
…なんで知ってるのかな


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。