上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの方の撮った写真というものを、私はあまり持っていないのだけれど、これはとある方から頂戴した宝モノ。20070704145001.jpg


今年は7月7日からなのですってね、TDF。イギリス出発なのだとか。
なんていうあやふやな書き方をしてるのは、私が全然チェックしていないせい。
ロードに関しては、去年のあの日から私はすっかり見る気がうせてしまったので、もう誰が出るのか、どんなコースなのかちっともわからないのであります。コトバニナラナイデキゴト

ちょっとロード関係のドイツメディアを覗いてみる機会があって、やっぱりまだヤンに対してはすごく辛らつな言葉があちこちに散らばってるんで、読むのは非常に辛いんですが、それはヤンの存在に支えられてきたドイツのロード界の人たちのやるせなさの表れ、というコメントを目にして、なんかもうやたら泣けてきちゃった、なんてことがあったわけです、最近。
ああ、あんたたちも辛かったわけね、ずっと信頼してた人に裏切られた気分の持っていきようが無くて、そうやって毒を吐いてたわけね、
  まるでそれはコンラッドに対するおこちゃまヴォルフラムじゃないかとか
  <・・・誰にもわからないような例え話をするのはやめなさい
 
そう思ったら、ドイツメディアをちょっぴり許してやろうか、とか、そういう寛容な気持ちにもなってきた自分が不思議です。

私は、本当にこの人にもう一度マイヨジョーヌを着せて、シャンゼリゼを走らせてあげたかった。それは切望なんていう言葉で表すとなんかすごく安易なものになってしまうような気がするんだけど、ほんとにほんとに心の底から願っていたんです。この人が走るのなら、どこのチームでもどこの国に属していても、全然構わないと思ってた(Tモバは一度出てますしね) ここらへんが、キミに対する思いとは全然違うんだなー・・・とにかく、勝ってほしい、走っていてほしいと毎年毎年、願っても願っても叶えてはもらえなくて、だからよけいに次の年に望みを託してしまって、それでもとうとう叶わなかったわけだけど。

デビューのときからずーっとずっと見ていたのは、私の半世紀の中で多分この人だけ。彼のプロ人生を最初から最後まで見てこられたってのは、きっと私のシアワセのひとつなんだろうな、なんて、勝手に総括してる今日この頃。7日、彼はどこかでツールを見るんでしょうか。
スポンサーサイト

【2007/07/04 16:18】 | ロード トラックバック(0) |
しくしくしく。いまだショックから抜け出せてません。めそめそ。

私のロードファン歴は、ほぼ彼のプロ生活歴だと言ってもいいわけで、そんな彼に引退されてしまって、実は呆然状態だったりします。

TDFを本格的に見始めたのはロンドンから帰ってきた95年から。前年、セナが亡くなったこともあって、F1にちょっと嫌気がさしてきたのも手伝ってたのかもしれません。
95年はあのスペインのインデュラインがツールで最後に勝った年。そしてその翌年にドイツテレコムのリースが優勝するんですけど、そのアシストを勤めてたヤンを「わ、かわいい!」と思ったのが、本格的なロード観戦歴の始まりでした。ええ、わたくしはミーハーのカタマリですから。

翌97年、ヤンはレースの途中でアシストからエースへ昇格して(普通こんなことはありえません)、TDFで優勝してしまいます。が、思えばこれが彼が選手生活で唯一TDFで勝てた年だったのね。
東ドイツのスポーツ育成システムの最後の世代
ロード後進国だったドイツをトップレベルに押し上げた選手。
この人の時代が始まったと、誰もが確信したはずだったのに、どうして彼は万年二位@TDFに甘んじる選手で終わっちゃったんだろ・・・

とはいえ、オリンピックでもドイツに金メダルをもたらし、ヴエルタでも優勝し、世界選手権で勝って虹色ジャージを手にし、と彼の輝かしい戦績は枚挙に暇がありません。いくらアームストロングが強かったって言ったって、TDFだけのことじゃないか、ふん、だ!!(←ファンの暴言です、許したってください)
ただ、ツールで、もう一度だけ勝たせたかった、これは、彼のファンの共通の思いであったことは間違いないでしょう。

カイザーと呼ばれた人を、ドイツでもう一人知っていますが、その人は、ヤンのドーピング騒動について、罪が確定していないのに罪人扱いするメディアを批判していました。そのコメントで、一気にアナタの好感度アップしたわよシューさん。

ワタクシ、今回の引退の原因の一つは、絶対にメディアにあると確信しております。
特にドイツ!
あんたら、ヤンのおかげでドイツにロードが定着したのを忘れたんか!!(怒)
結局ドーピングで有罪は確定してないわけで、それどころか、最初から、実は関係なかったんじゃないかとか、このままうやむやになってしまうだけみたいな気配なんですが、ただの疑惑だけで、こんなすばらしい選手の選手生命を奪ってしまったわけですよっ、捜査当局!!
怒りと悲しみのもって行き所がない私は、いったいどうしたらいいのでしょう。。。

ちなみに彼は今後フォルクスでコンサルタントを勤めるそうです。後進の育成にあたるってことなのかしら。

振り返れば、去年のツール初日の前日から、私の中でのロードの時計は止まったまんま、な気がする。ああ、脱力状態。。。

【2007/02/27 12:43】 | ロード トラックバック(0) |
やっぱり、会見は引退表明でした。
wikiにはすでに、引退したドイツのプロロードレーサーって書かれてた・・・こちら

なんて言ったらいいのか、言葉もありません。
彼にこういう現役の終わり方だけは、させたくなかったわ(涙)
000742.jpg


【2007/02/26 23:15】 | ロード トラックバック(0) |
2.jpg

カテゴリーはあえてロードに。

ときどき見たくなるアニメ・・・アニメなんだけどアニメじゃないよね、これは。

けど、今年はもう全然見る気が起こりませんでした。
かのドーピング問題、結局まだ引きずっているのはヤン・ウルリッヒだけなんじゃないでしょか。バッソはすでに無実ということで、かのディスカバリーと契約し、来年ダブルツールを目指すと宣言してるし。
あれだけの大騒動でビッグネームを挙げることができなかった ということは許されないからウルリッヒをクロくしちまえ。・・・とスペイン捜査当局が思いこんでるんじゃなかろうかと、ワタクシはず~~~~っと思ってます!ちなみに すでに地元ドイツじゃ、ウルちゃんは悲劇のヒーローじゃなくて、堕ちた偶像的扱いなんだそうな、めそめそ。ひどいわっドイツメディアさんってば。あんたがたのヒーローだったんでしょうが、彼は。ドイツ人初めてのツール優勝者、カイザー、皇帝。(あれ?こんな人が他にもいたような(笑)持ち上げるだけ持ち上げといて、突き落とすとはいい根性だよまったく。ぷんすか。

で、アンダルシアです。
いい話です。
「今日は兄の日だ」という言葉で始まるぺぺの戦いの日。
そうだよね、全力を尽くしたからこそ、ふっきれるものもあるんだよね。

蛇足ですが、この頃は声優でなく、知名度のある俳優さんがアニメで声をあてることが多いんですが、私はプロの声優さんの声のほうが好きだなあ。なんで声優じゃいけないのかなあ、って思うことが多いです。この話に限って言えば、筧さんも小池さんも悪くは無かったですけどね・・・

【2006/11/14 21:57】 | ロード トラックバック(0) |

どっかのバールにでもくりだしますか(笑)
りー
茄子のアサディジョ漬けってどんなのでしょうか?赤ワインに合うの?

ホント今年はテンション低いままシーズンを棒に振りました。F1もいまひとつ乗り切れなかったし、Fマリは低迷のまんまだし、冴えない1年だったな、しくしく。来年こそはすべての部門で盛り返してもらいたい!
(って言いながらF1は誰を応援するかいまだ決められずですが・・・女史は来年はヒトスジだわね(笑)

これ見たらスペイン料理食べないと!
えむ
A嬢と一緒に連続2回観た。
んでスペイン料理が食べたくなって本屋で立ち読みして店を探して食いに行ったっけ(笑)。

今年も蜂谷氏からツールの写真展のハガキが届いたよ。
でも今年は忙しくて行けなかった。
今年はココでツールの話を仕入れられなかったからこっちのテンションも低かったしさ。(りっきーのせいにしておこう)

コメントを閉じる▲
やる前から挫折したかと思ってたカテゴリー分類ですが、実は細々と続けております。
昔の自分のニッキを読み返すってのも、悪くない作業ではありますな、
ヒマがあれば、の話ですが。

そもそも分類を思い立ったきっかけってのは、雄一郎なわけで。
レディジョーカー読んだ後、
やっぱりもう一度一番かっこよかった雄一郎君に会いたくてマークスの山@単行本再読
再読したものの、なんとなく腑におちないっつか、納得しがたい、奇妙な感覚が消えませんで。
以前ワタシがこれを読んだときの感想を読みたいな、と思ったんですよ。

ところが、いつ読んだのかがぜーんぜんわかんなくて
こう書き流していたんじゃ、いつ頃どんなことを考えていたかすら拾えないということに
今更ながら遅まきながら、ようやっと気がつきました。

ただ、某Mさまに言われたんだけど、
私の書いたものは、一日分が長すぎて、ひとつのカテゴリーに分類はできないんですねー、
困ったもんですね、ホント。
とりあえず、F1主体に分けてます。ふっふっふ、実はもう200くらいは移したよ。
おヒマな方は、新しいとこも見てやってくださいなって、まだ公開してませんが(笑)


☆消滅
フォナックが消えます。
好きな選手もずいぶん居たんだが。
なにせドーピング関係の不祥事が続いたし、とどめがイエローのランディスでしょ。
仕方ないかもしれないですね。スポンサーが引いちゃうのも当然。

以前も書いたけど、ロードって人気のあるスポーツの割には
裾野の広さゆえか、選手の給料は驚くほど少ないようで。
チームが解散してしまうと、生活に困る選手も少なくないだろな。
5年で百数十億って話もあるキミちゃんとか、どうですかね、チームオーナーになってみるってのは。


さて、実は今日、仕事の準備始めの日でした。
が、パスカードは忘れるし、道具も半分以上家に置き忘れ。
やる気あんのか?と呆れてますですよ自分に。

【2006/08/16 22:50】 | ロード トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。