上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校大学と、両親の薦めるところへ行き
4年の夏には、
これまた彼らの望み通りの場所に就職先も決まっていたのだが
私はそのあと、結婚することにしてしまって
結局就職はしなかった。
ほとんど反抗期の無かった私の翻した
最初で多分最後の反旗だったと母は言ったものだ。

結果的に、母と距離を置いたのは
私にとっては良かったと思う。
あのまま近くにいたなら、
きっと今女性週刊誌で話題の
母との葛藤による拒食症にでもなっていたに違いない
・・・と私は思うのだ、いや、マジで。
なにせ裏表のない、と言ったら聞こえは良いが
お腹の中にモノをためておけない性格の人だから
こちらの精神状態如何では、
そばにいてとても辛いときもあるのだ。
母と長年付き合ってくださるお友達には
つくづく感謝と畏敬の念を持っている次第(笑)

ところで昔、みんなのうたでよく流れていた
「コンピューターおばあちゃん」という歌をご存知だろうか?
作曲がかの坂本教授で
テクノ調の曲がとても印象的な歌なのだが。

  ぼくのおばあちゃんは
  明治生まれのコンピューター
  算数国語社会 何でもドンと来いさ

という歌詞ではじまるのだけれど
うちの子ども達は明治を昭和に変えて歌う。
エネルギッシュな母と
歌詞の中のおばあちゃんがオーバーラップするらしい。
ほんとにそのうち宇宙旅行とか言い出しそうだものね。

がしかし、母は私たちがこちらに戻った後
寝こんでしまったそうな。
毎日母とメール交換しているのだが
そのときは父からのメールでそれを知った。
やっぱり3人も押しかけ居候が、
それも3週間も居座っていたら
いろいろ気苦労も多かったんだろうな。

・・・と殊勝な気持ちになってさっき電話したら
「6月にベルギーに旅行することにしたよ。
 二人とも足腰丈夫なうちにしか旅行はできないからね~。」
だそうである。

  バミューダ海域 ハワイはワイキキ
  世界をまたに
  百聞一見 事件を発見
  Let's go!おばあちゃん

今夜はこの歌がアタマのなかでリフレインしそう(笑)
スポンサーサイト

【2003/04/30 23:29】 | 家族 |
母は一応昭和二桁世代で、父とは10歳年が離れている。
その年齢で20歳を頭にオトコばかり5人の孫持ち。
とにかく自分の言うことを曲げない人間で
私も妹も、そして父も、昔からいろいろ大変だったのだ(笑)

母にオトコの子がいなくて本当に良かった。
ああいう人が姑だったら
絶対にお嫁さんはやっていけない、と私は思ってしまう。
世の中つくづくうまくできたものだ。

今の私の年の時にはすでに初孫がいたのだが
うちの長男が生まれてすぐに、
「この子を本当にかわいいと思うのは身内だけ。
 他人は口で言うほど可愛いとは思わないものだから
 他人の好意に甘え過ぎてはいけない」
と母から仰せつかったものだった。
電車の中で泣き出したら、迷わず降りること
いいですよ、と言われても
大人の食事どころには同席させないこと
赤ん坊だけの写真付きハガキなんて
間違っても出さないこと、等々
実の母のいうことだからはいはいと聞いてきたが
姑から言われたらさぞかしムカついただろう。
私も立場から言うと、姑になるかもしれないのだが
こういう母の娘で優柔不断を絵に描いたような人間なので
果たして言わなければならないことを言えるどうか・・・
いや、こんなこと今から心配する必要はないんですがね(^^;

今回も17歳と14歳の我が愚息たちに対して
1.7時台には起床 
2.必ず家の手伝いをする
3.時間を決めて勉強をする
4.夜10時にはパソコンを止める
5.11時就寝
と、寮のような生活を言い渡してくれた。

日本にいるのだからテレビ見放題なんじゃない?
なんてメールをいただいたが、とんでもない!
朝と昼と夜のニュース以外、ほとんどテレビが付く事は無い家なのだ。
まあ、うちの子ども達も日本を離れて久しいため、
格別見たい番組もなかったらしく、トラブルはなかったのだが。
夫婦二人住まいなのにテレビは3台ある。
が、父と母の見たい番組以外は、
テレビをつけられない雰囲気が漂っていて
私自身も殆ど見る事はなかった。
折角の機会だから、ゆっくり見たいものはあったんだけどね(淋)

パソコンは24時間接続のケーブルのブロードバンドで
香港より速くて快適だったのだが
もちろん自由に触っていることはできない。
17歳の息子も11時まで友達とチャットするのがやっと
というありさまで、それ以降になると母のカミナリが落ちてくる。
SARS騒動さえなければ、香港で気ままに暮らせたのに・・
♪帰りたい帰れない♪と何度息子とぼやいたことか(笑)

日頃が日頃だけに
いやはや、ほんと、規律正しい生活を送らせてもらえて
ラッキーな20日間でありました(大嘘)

【2003/04/29 18:15】 | 家族 |
今回の一時帰国はSARSの影響で
思いがけず実家に長逗留することになってしまった。

私の実家は九州のとある県の県庁所在地なのだが
なぜか関東の人達は九州というと
♪うさぎ追いし♪のイメージがあるらしく
田舎があるっていいわね、と言ってくれる。

が、私は田舎の都会育ちなんである。
確かに家の近所に川があり
その向こうには山もある。
けどうちから繁華街まで歩いて3~40分
みんなが期待するような田舎でもないんですよね(-_-;)
父にいわせると
「おまえのうち(某C県のとある市なのだが)はほんとに田舎だな」
だそうなのです。
電車に30分も乗らないと東京に行けない田舎、とか
車が無いと生活できないような田舎にはよう住めん、とも言われました。
電車で30分・・・を遠い、って言われましても(^^;
地方の県庁所在地は、
東京に全てを集約してしまう関東よりコンパクトにできている分
距離が近くて、生活もしやすい面はあるのだ。

話がそれました。

で、その実家なのだが、ここには私の両親が二人で住んでいる。
「久しぶりに親に会うと、老けたな~って哀しくなるわよ」
とあらかじめ忠告をうけていたので
私はある程度覚悟していたのだ。
父は既に70代後半、母も60代後半になる。
二人して落ちついて静に暮らしているのだろう

・・・と思った私が甘かった。

子ども達に遅れること数日
(実はその間、一人で東京・大阪と遊び歩いてきたので)
実家に着いた途端に聞こえたのは母の懐かしい(爆)怒鳴り声。
「なんなの~!あんた、その太りようは!!」
荷物を抱えて、2年ぶりに帰ってきた娘にかける第一声が
これなのであった。

そういや昔からこういう母だったのだ。
やっと思い出したのだがすでに遅かった
「・・・・・・(黙る私。返す言葉は無い。事実だから)」
3日間、4つのオフ会をこなしたんだもの、
痩せられるわけないじゃん。
「りー、あんた、今日から毎日4キロ歩きなさい。
 晩ご飯は野菜だけでいい。
 とにかくなんとか痩せなさい、みっともない!」

はいはいはい、仰せのとおりいたします。
とにかく荷物ほどいていいかな・・・
あ、その前に手を洗わせてよ
「まったくねー、
 あんたんちの子どもは生活態度がなってないったらありゃしない。
 ここに居る間は居候としてうちの流儀を守ってもらうからね。
 あんたからもよく言っときなさい!」

はいはいはい、よく申し伝えます
ところで私お昼食べてないんすけど・・
あ、子ども達はどこでしょうか?
「あんなでかいのが二人もいるとうっとおしいから出したわよ。
 とにかく監督しなさいよ、あんたの子どもなんだから」

はぁー、この言いまわし、この理屈、このエネルギー!
ちっとも変わってないよ・・・

4月7日月曜日午後2時
私はこれからの居候生活に思いを馳せ、
ちょびっと暗く沈んだのでありました(笑)

【2003/04/28 11:18】 | 家族 |

アナタは特別
りー
昔からキミは、ずっとうちの母のお気に入りだったのよね~。
グズな娘を導いてくれる、しっかりモノのお姉さん
って感じだったからかな?
(今もお世話になりっぱなしで(^^;
はい。
元気でした。
ちっとも変わってませんでした。
娘としてはとっても嬉しかったわ(とため息混じりに(笑)


懐かしい…
ドラミ
美しくも厳しいお母上のお顔が思い浮かびました。
でも懐かしいー!
お元気そうでなによりです。
私も娘にドラえもんみたい…と言われてる。
次回までにはもう少しスマートになっておこう。


コメントを閉じる▲
4月27日

Fポンで、本山哲が終盤の逆転劇を演じ、
優勝をもぎとったそうだ。
MotoGPでは、セテが74をつけて、ロッシに競り勝ち・・
彼らの背中を押して走らせたひとの、
大きさをあらためて思った日であった。

モータースポーツにのめり込みはじめたのは
以前も書いたがセナからだった。
そのセナの亡くなったイモラGPの日
彼の訃報を聞いた。

このジャンルのスポーツに惹かれる理由は何だろうと時々思ってみる。
人間が作ったものでありながら、
時折人間の力の及ばないところで決まってしまう
勝負の非情さゆえ・・・とか。
あるいは他のスポーツにはない危さ・・とか。

それはすなわち「命を賭けて走る」
という言葉が、言葉だけでなく事実であるからか。

刹那の美しさ、なんて言葉にしたらウソっぽいのだが
確かにコンマ何秒かの世界で生きている人達には
常人を惹きつけて止まない何かが存在しているのだ。

それにしても
これからもずっとファンを魅了しつづける存在であろうと思った人が
なんともあっけなく散ってしまうとは・・・
言葉も無い・・・というのはこういう状態なのですね。

心からご冥福をお祈りいたします。

そういえば
20日はシューマッハ兄弟の母君もお亡くなりになったのだった。
ツレアイを見ていてしみじみ思うのは
男のマザコンは一生モノだな、ということ。
そんな存在を失ってのGPというのもまた
残酷と言えば残酷か。
悲壮な兄弟の写真を見ると、
全然存じ上げない存在ではあるのだが
母君のご冥福を祈らずにはいられない。
ミヒャが、でも、ようやく定位置に戻ってきた。
おかえりなさい、ミヒャ、そしておめでとう。

【2003/04/28 00:05】 | スポーツ |
今週半ばに、香港に戻ってきました。
実は日本へ帰る直前に
ツレアイの会社から家族の帰国勧告が出てしまい
ホントにどたばたと帰国したため
お目にかかった皆様にはいろいろご迷惑をおかけしました。
しかし約2年ぶりの日本での3週間、
楽しかったです。
まああ、おいおい暴露話を書いていくつもりではありますが
あたたか~く見守ってくださいね(^^; えへ。

☆肺炎の話
やっぱり帰ってきたのだから、一応ご報告。

北京での騒動のほうへ日本の目は向きつつあるな
というのが日本に居たときからの感想です。
そりゃあ、首都の危機ですもんね。
南の果てのちっぽけな特別区での騒ぎとは桁が違うかも。

コロナウィルスが引き起こした、といわれてはいるものの
そうではない、という説も根強く
また感染経路もイマイチ定かでない事から
当地でも収束はしておりません。

が、香港の人達は、一時期の
噂話に煽動される段階をのりこえ
なんだか落ちついてSARSと向き合ってきつつある、
という感触を受けました。
今の状態では、今後個人個人が、
それぞれの責任において判断をして生活しつつ、
有効な治療方法とワクチンの完成を待つ
ということしかないのではないでしょうか?

我が家も手洗い・うがいを徹底し
人ごみに出るときはマスクをし、
夜更かしを避け(←これが一番難しい(^^;体力の保持に努め
てなかんじで過ごしていく所存デス。
ストレス溜めないのが一番なんだよね。

【2003/04/26 16:58】 | 香港生活 |
明日から久しぶりに、日本の地を踏む事になりました。
多分、しばらくここは更新しないと思うのですが
環境次第でできるようになったら、また、ということで。

今日は温度が26度湿度も90%近くあって
蒸し暑い1日でした。
繁華街のマスクマンがかなり減っていたのが印象的
さては飽きたな(爆)

☆備忘録
許留山(香港のチェーン店 デザートだけでなく軽食もあり)
のヨンジーガンロ(字を忘れた(^^;)はとっても美味しかった。
しか~し、一緒に行ったSさまとMさまが、
雪蛙のなんたらを召しあがったのにビックリ!
それを10日間食べるとお肌つるっつるになるんだという。
結果報告お待ち申し上げておりますわ>お二人

それにしても日本はどれくらい寒いんでしょう?
準備コレからなんです、急がなくては。
それではまたいつか♪

【2003/04/03 22:25】 | 香港生活 |

メールしました。
mar
ども。
先ほど 『バガボンド』の件 メールしました。
宜しくお願いしまする。
さて 今 リーさんは 九州?
反対側なのだけど 北海道って やっぱ 寒いかな?
今週の木曜日からだけど 何着てけばいいのだ・・・と 
ちと 悩み中。
もしかして 香港で 一番寒い時期よりも
まだ 今の北海道の方が 寒いとか?!
うむぅ・・・。


なにせブックマークもしてなかったもんで(滝汗)
りー
ごめんmarさん、今日やっとのぞきに来たよ。
バガボンドどうする?って私も聞こうと思ってたのよ。
うち、子どもの手があるから、買って帰るのは一向にかまいませぬ。
日本は美味しいものだらけだし、お花見はできたし
温泉も行ったし、なんかのんびりしちゃってます。
marさんもイースター、楽しんできてね。


ココ 見てるんかなぁ?
mar
ハロハロ♪ ご無沙。
日本 寒そうだけど 楽しんでますか?
旨いモノ いっぱい食べた?
何々・・・26日までには 帰ってくるとか?!
ワタシの北海道からの戻りの方が 先カナ?やっぱ。
ってコトは 『バガボンド』 ワタシが 先に買ってきた方がイイのか?
で 残りを リーさんに頼もうかしらん・・・検討中。
また 北海道行き前に 覗きにきまする。
しかし 香港からのお客を 快く迎え入れてくれるのかしらん?>北海道


そうじゃないことを祈るけどさ
りー
下手すりゃ、marさんが日本に来るまでいるかも。。。
いつ帰れるのかわからない状況で、
実は多少焦っております。
ま、私一人がジタバタしてもどうにもならんのだが・・・
とりあえず、こっちで落ち着いたらまた連絡します。
バガボンドの打ち合わせとかあるし(笑)


いってらっさー♪
mar
今日は バタバタのトコ お付き合い ども アリガトです。
・・・ってか コレ読むの いつなのかなん?
さすがに 今日は もう 準備終えて 寝てるよね?
いや・・・もしかして 渡した『バガボンド』読んでるとか(笑。
リーさんなら 有り得る!
とにかく こんな状況下ですが めいっぱい楽しんできてねん。
ワタシも イースターには 同じニッポン・北海道にいますんで
同じ空 見上げてください・・・ま 空は 香港も一緒だけど。
では お気をつけてーん♪


コメントを閉じる▲
こういうご時世だからなにか楽しいことでも、と思うのだけれど
香港、暗いっす・・

てなわけで、主な事件の羅列をば。

★WHO 香港および広州への渡航自粛勧告発令
・・・う~ん、ついに出ましたか。
そういえば広州は
ようやくWHOのSARS関係の視察を受け入れるそうですが
遅きに失した感アリ・・アリアリだよ
今ごろでもやらないよりマシってこと?

☆レスリー・チャン飛び降り自殺
先日まで一人レスリー・チャン祭り開催をしていた当事者としては
大変ショック受けてます。
同世代だしね・・・
そういえば先日日本で自殺した古尾谷雅人さんも同世代
この年齢は男性にとってターニングポイントなのか??

一部の熱狂的ファン以外の日本人には想像できないでしょうけど
アジアではレスリー・チャンは大大大スターなんでございます。
日本でたとえると・・・ってあんまり例えられない。
だって日本には、アジア全土にわたって
強固なファンをもつスターっていないもんなあ・・
ともかく巨星がひとつ、散ってしまいました。
ファンの方々とともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

★エイプリルフール狙い?
昨日の日記に書いてた「宣布疫埠」の件なのだが
実は、九龍のとある地区に住む
一少年のいたずらから始まったものだとか。
あのね、ついていいウソといけないウソがあるの
おまけにこんなご時世のこんな時期なの
ああなることは容易に想像できたはず・・・
出来ないやつは最初からそんなことやるんじゃねーよ・・・ったく。
巻きこまれたわけでもない私がこれだけ怒りを覚えてるのだ
巻きこまれた方々のお怒り、想像するに余りあります。

☆疑わしき人々の隔離
SARSが集団発生したアパートの人々が強制隔離された。
食料配布もおこなわれ
これからしばらく観察される毎日ということだ。
テレビで見たけれど、
隔離されている場所に向かう道は全て封鎖されている。
なんていうか、ほんとバイオハザードの世界だよ・・ 
支給された食料の写真にあるのは、
インスタントラーメンに食パンに米
・・・・なんと言ったら良いのか・・
そんなとこに閉じ込められたら、
楽しみって食べることくらいだと思うんだけど。

★天然痘テロ
バイオテロにそなえて、
日本では医療関係者に天然痘ワクチンの配布をはじめたとか。
日本ってテロには全くと言って良いほど無防備な国だから
バイオテロなんてしかけられた日には、
こちらのSARS騒ぎの比ではないと思うのだが。
我々の世代は種痘を受けているとはいえ
ブースターを受けなければ効果は得られないのだと
モノの本に書いてあったのだが・・・
末端のわれわれに打つブースターなんて
日本に備蓄してはいないでしょうね・・・

ニュースサイトのように昨日の事を書き連ねてみました。
私がいかにネットとテレビに貼りついているか、
わかっていただけた?(自爆)
ほんと、何にもやることがないんだもん。

そういえば、ネットでパークンショップに
いつもの品々を注文したのだが
洗剤頼むのわすれちゃった・・・明日にでも買いに行かなくちゃ。
こちらの大手スーパーではインターネットで配達の注文ができる。
ナマモノも野菜も冷凍食品も何でも大丈夫。
支払いもキャッシュでもチェックでもカードでもいいから、
なにかと便利に使っている。
おまけに店頭で買う値段と変わりないし
その週のお買い得商品もちゃんと安くなってるのだ。
ただ店頭からハイタ-とか消えてるっていうから
頼んでも無駄だったかな??
ちなみにうちの注文品ですが
ビール1ケース、ワイン3本、ウィスキー1本、ミネラルウォーター4本

・・・って酒ばっかですやん、体内アルコール消毒ってか(^^;

【2003/04/02 17:25】 | 香港生活 |

実は・・
りー
滞在延期決定となりました。
そのヘンの詳しい事情はお会いしてからご説明ってことで。
我が家のマスクはもう払底してしまったので
飛行機の中でもらえるのなら、それをつけて関西上陸果たします(爆)


機内ではマスクが配られるそうな
えむ
機内でマスクするのか...ご苦労様。
香港、中国の渡航延期勧告が明日にも出るようですが。
この際、滞在も延期なされば?
「西」は一日では堪能できませんわ(笑)。


コメントを閉じる▲
自慢にはならないが筋金入りの方向音痴である。
高校時代からの友人であるE嬢が
先日香港に遊びに来てくれたのだが
香港は初めてだという彼女に
自分の家への帰り道を教えてもらうくらいのレベル・・・
と言ったらわかっていただけるだろうか?

E嬢には、そういえば昔からお世話になったものだった
この私が大学時代、山陰やら関西やら、
はては北海道まで旅行することができたのも全て彼女のおかげ。
地図を見ただけで自分達の進むべき方向がわかり
なおかつ、それを間違えないという彼女と一緒に居ると
私はなんだかマジックを見せられている気分である、
いやマジで(笑)

今回一時帰国するにあたり
彼女を含めた高校時代の同級生と会うことになっているのだが
どこで待ち合わせようかと相談する間もなく彼女からのメール。
「ホテルまで迎えにいきますから」
・・・・すみませんねえ(^^;
でもそれが多分一番確実。
そういや、2年ここに住んでるわたしが
彼女の香港のホテル(チムサーチョイだったのだが)に
まかせて!迎えにいくわっとタンカを切ったは良かったけど
私はなぜかジョーダンのMTR駅近くに佇む羽目になり、
途方に暮れてしまって
結局彼女にSOSコールをしてしまったもんなあ。
・・何故私はああいう場所にいたのだろう?誰か教えて(爆)

私信ですがEさま 空港には長男が迎えに来てくれるそうです。
リムジンバスにはちゃんと乗れると思いますのでご安心下さい。

ツレアイも体内磁石を持っているが如く
方向感覚バッチリである。
私とツレアイの実家は距離的には近いのだけれど
実際に歩くと40分ほどかかる。
・・・と結婚以来私はず~~っと思いこんでいた。
なのに1度ツレアイと一緒に歩いたら20分ほどで着くではないか。
あれれ~~?と不思議がる私に曰く
「三角形の斜辺を行けばいいのに、
 どうしてわざわざ他の2辺を進もうとするかなあ」
・・・・・・・・・だって最初に覚えた道がそれだったんだもん。
他の道を進むと絶対目的地からそれる自信があるんだもん。
方向的に多分こっち、なんていう特技は
私から欠落しているんですっ!
いいのいいの、もう諦めてますから。
どこへ行っても初めての景色のようで新鮮なんだも~ん
(と、居直るネタでもないとは思うけど(^^;


さて、再び肺炎の話
今日は「宣布疫埠」があるらしいという噂が飛び交い
スーパーは買いだめする人で大騒ぎだったそうだ。
宣布疫埠=香港が汚染地区であることを認める宣言
     内部にいる者は出国できなくなる。

冷静に考えると、今の感染率の香港で
そのような命令がでるはずがない、とは思うのだけど
やっぱり噂を聞いたら、冷静ではいられないのが人情か・・

うちは1日家にこもっていて、
一応お米と水は買いためてあるからと落ちついていたんだけれど
古くは70年代の石油ショックのごとく
群集心理というのはどこまでも不安を飲みこんで膨らんで行くものだ。

1986年。
次男が生まれて間もない頃だったから1月だと思うのだが
九龍半島から香港島へとつながっている
水のパイプラインがこわれたとかで、
香港島側の水が出なくなったことがあった。
・・・今後中国からの水の供給がが完全に止まるらしい・・・
そのときもまずニュースより先に噂が近所を駆け巡り
地元の人達はスーパーへ走り
あっという間に水は店頭から消えた。

退院してすぐの新生児だった次男を抱えたうえ
ツレアイは出張中だった。
お風呂にも入れられない、身体も拭けない状況に
私は途方に暮れた覚えがある。
しかしあのときは我が家の事情を知る友人達や近所の人が
1本2本とミネラルウォーターを分けてくれて
おかげさまで赤ん坊の身体を拭くことができたし、
飲み水にも困らなかった。
水も翌日には出るようになった。

噂と言うのはそんなものだ・・・
それはあとから落ちついたら理解できるのだが
渦中に居る人間にそんな冷静な判断をしろというのは難しい。
この事件ばかりではないけれど
香港でもイギリスでも、かなりヤバイ経験をして学んだ事は
「at your own risk」の精神で
自分の身は自分で守る、ということ。
どんなに日本に近くて、暮らしやすくても、
ここは外国だということを
常に頭の隅に置いて暮らさなければならないと言うこと。

もっともイギリスから帰った1995年には
日本で阪神・淡路大震災とサリン事件が起こって
自分の帰依する国は一番安全だと思いこんでいた私の常識を
みごとに覆してくれたものだったのだが。

それでも帰る国があることのありがたさは
外にでている人間なら誰しもがわかる、と思うのだけれど。
とにかく今の私は体調保持に最大の努力を払っております。
(ただ単に食っちゃ寝、の生活をしてるとも言う)
みなさま、今週末には元気でお会いしましょう!

【2003/04/01 18:22】 | 香港生活 |

夜が...寂しいです(笑)
えむ
笑うなって?
次回は「長男」も一緒に連れて来て♪


フウーッ
イー
成田に迎えに行かなくて大丈夫かなあと思っていたのだが、
ご長男のお迎えがあると聞いて一安心。
待ってるよ。


そういえば・・・(^^;
りー
えむさんにも、
初めての香港だと言われたのに
コンラッドホテルからピークトラムへの道案内をさせたのでしたね。
なんで道端の地図見て場所がわかるんやろ・・(謎)
ワタクシのばやい、覚える気が無いというより
三歩すすんだら(あるいは角を一つ曲がったら)
全てを忘れるというこのアタマが問題なのだと思われまする(^^;
ま、とにかく新幹線では某さまとお隣ですので
もう全く大船に乗った気持ちでおりますわ。
お出迎えよろしく(笑)


万全の体制でお出迎え...されるでしょう(誰が?)
えむ
方向音痴というより最初から憶える気持ちがないというか(爆)。
車を運転する(しかもガイコクであっても)人は方向音痴なんてありえないと思っていたのですがそうでもない...のか(笑)。
旅先では絶対に国内では見せない幻の笑顔が見れます(笑)。<私
でも香港では通用しなかった。
日本横断日記楽しみにしてます♪


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。