上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

【2003/12/31 23:07】 | 未分類 |
まだツリーは残ってるし、
休暇開けではあるものの、全然押し迫った感じのしない、普通の1週間の始まりの月曜日なり。


えーと・・・
トトロに始まって風の谷のナウシカ・ごくせん最終回スペシャル・おしんスペシャル(?)
東京攻略・新ウルトラセブン
忙しい(誰が(笑)年末にこれだけの日本語番組を制覇してる私って、
いったいなんなんでしょう?

ビデオやらDVDで持っているものでも、
それがテレビで放映されるとついつい見てしまう悲しいサガもさることながら
香港で見る日本語番組ってやっぱりおもしろいよなあ(しみじみ)

それにしてもウルトラセブンの新しい版、あれはいったい何なんでしょう?
まったく筋が掴めなかった。
ナレーションが初代セブンの人だってことはわかったけどさ。
んー、初代と何らかのつながりがあるのか、それはこれから出てくるのか?謎でした。
それと「東京攻略」・・・こちらは摩訶不思議な映画。
舞台はきっちり東京で、
アメリカ国籍の日本人が仲村トオル、ヤクザのボスが阿部寛
なんだか麻薬関連の問題で揉めてるらしい。
ヒロインがケリーチャンで、日本の警察に所属している香港人役にトニーレオン、
それから香港の探偵にイーキンチェン、端役にエンクミ、その他いろいろ・・
カーチェイスやらモーターボーと使ってのおっかけっこはあるんだが
映画的に派出かというとそうでもないし・・
これ日本で放映されたのかなあ??

もう少しちゃんとしたストーリーを知りたかったんだけど
見始めたのが途中な上、ほとんどが広東語の台詞で、字幕は英語と中国語
英語を読んでいたらおいつけない場面展開もあって、
今一つ理解に苦しむストーリーでした。
忙しい29日の午後2時間、ムダに潰してしまったわー(笑)
それにしても日本のロケでの香港明星って、なんでいつもラーメン食べてるんだろ。


☆鍋奉行
昨夜は5人で焼き肉を食べに行った。
メル友と行って良かったので、銅鑼湾のソラボルへ。
ここ、以前某韓国企業のトップが
香港で一番本格的なコリアンバーベキューの店とおっしゃっておられたのだが
注文すると、肉のカットから火の加減から、すべてお店でやってくれるのよね。

ところがうちのツレアイくん、これがどうも気に入らないみたい。
そうだ、彼は鍋奉行だったのだ(笑)
とにかく食事は自分が仕切りたい人なのに
お店のおねーちゃんがすっと寄ってきては肉を挟みでカットしてくれたり
火力をこまめに調節してくれたり
お皿に肉をさっさと盛ってくれるのが気に障ったらしい。

おまけに肉くらい自分でいいように焼きたい、と子ども達も思ってるらしく
おねーさんがこのくらいの焼き加減で、と、お皿に取ってくれたお肉を
再び焼いてしまったり、いやいや、なんかもう・・・(笑)

そういえば、かの国ではご飯のおわんを手に持って食べると
「日本人みたいに行儀悪いことをするな」と言うとか言わないとか。
私は子どもがおわんをテーブルに置いたまま食べようとすると
「そんな行儀悪い食べ方をしちゃだめ」って言うんだけどね。
焼き肉食べるときには、本場のやり方に従うのが賢いやり方なんでしょうか?

今回の焼き肉に関しては、子ども達が自分で思いっきり自由に焼ける
「普通の」焼き肉、リベンジに行きたいと熱望されているのだが
おかーさんは、もう、焼き肉はたくさんよ(-_-;)


☆16時間
長男と次男が、なんだか調子悪いと言いに来たのは、昨夜の0時近かった。
普段は2時近くまでやっているネットを1時間で切り上げたので
ヘンだなとは思っていたのだが、案の定今朝、二人とも喉が痛いとか言う。
ので、9時に朝ご飯を食べさせて、VCの錠剤を飲ませてまた寝かせておいたのだ。
そしたらあなた、起きてきたのは何時だと思います?
もう夕方近い4時半でございますよ。
長男なんか昨夜からほぼ16時間連続睡眠なんだもの。

いやいやいや、これが若さか・・・

【2003/12/29 18:40】 | 未分類 |

若い!
りー
ワタクシなんぞ続けて6時間寝たら、腰が痛んでイケマセン(笑)
日本でも焼き肉って焼いてくれるところは高級なわけ?
鉄板焼きみたいなのは、
目の前で焼いてくれてさあどうぞが普通なんでしょうが
焼き肉やさんで、おねーさんが焼いてくれるところなんて
貧乏な我が家が日本で行けるわけは無く・・(笑)
でもやっぱり焼き肉はビール片手に自分で焼くところが良いわよね。
次回大阪遠征の際は、
是非とも焼き肉をコースに加えていただきたいと思います。
あー、また行きたいなあ、関西。
てなわけで今年もどうぞよろしゅうに。


若い?
えむ
昨晩、いや今日の睡眠時間は10時間(笑)。
高級な店で肉を食べると私もその不満が(笑)。
焼き加減もそうだけど、さっさと食べて帰れよ、とは言ってないだろうけど次々に「はい、どうぞ」ってのが嫌なのよね。
でも焼きなおすが勇気がない私...ご子息を見習いたい(笑)。
今年もご子息達の微笑ましい(?)話題、よろしく(笑)。


コメントを閉じる▲
若かった頃、見ていて不思議かつとても気になり
あまり好ましくなかった光景の一つに
なにかをめくるときにちょこっと指を舐める、という仕草があった。

年配の方が無意識になさるのだが、私はあれがかなり嫌で、
自分が年をとってもあれはやるまいと堅く決心したものだった。

さて、あれからン十年
ふと気付くと、指先は乾燥しまくりなんですな。
でもって、なにか、例えば紙をめくるときなんて、指先が滑って仕方ないの。
「ああ、指先を舐めるってのは、やっぱり仕方ないことなのね」
と思いはするのだが、そこは女の意地ってもんで、
どんなに不自由でも人前じゃやりませんともさ(笑)
人目がないとやってるかもしれないが・・・無意識のうちに(爆)

ほんとに指先に摩擦がなくなってきてしまった。
乾燥しているのは、手先だけではないのだが
使う頻度からすると、指先に摩擦力というか、水分がなくなるのは困ることが多い。

で、対策と言うわけではないのだが
私は家のいろんな所にハンドクリームを常備している。
目に付いたときにクリームを塗って手をこすり合わせるようにするわけ。
まあどれくらいの効果があるかは別にして、冬場、手が荒れないのは助かります。

なわけで、我が家にはハンドクリームの類が家のあちこちに散らばってるわけで(笑)
でも、目の付くところにクリームを置くやり方は、
私のような無精者にはうってつけ、なんですわ。
無精者・めんどくさがりやを自負するあなたもやってみてはいかが?なんてね。


ところで実は今、我が家は久しぶりに5人家族なんであります。
若い男が家の中にゴロゴロしております。

・・・・うざい・・・

視界を横切られるうざったさは別にして
実際問題米の消費が半端じゃなく多いし
(日頃は朝夕2合づつで足りるところを、今は一日8合近く炊いてますもの)
相乗効果と言うのか、とにかく兄弟争そって食いまくり。
エンゲル係数が悲鳴をあげております。
昔はお父さんが一番大きくて、みんなお父さんお父さんと寄っていってたのに
今じゃみんな父親を見下ろすんですものね。
一番カワイイ三男ですら父親を抜いてしまったし。
玄関に並ぶ靴の大きさを見ても、洋服のサイズを見ても
父親は小さな人になってしまった・・かわいそーに、パパ(笑)

ご存知の方はご存知だけれど
うちの子ども達の体格の良さは、ひとえに母親の遺伝のおかげです。
子ども達、おかーさんに体格「だけ」は似てよかったね
ついでにアタマの中身も似ればよかったのにね(あっはっは)

まあ、図体は大きくなっても、
あいかわらずオヤジにはアタマが上がらないようで、それはそれで結構なことですが。

てなわけで、只今わたくしめの私生活は非常に多忙を極めておりますが
こんな状況は今年あたりで多分最後、という予感もするので
ま、年末年始、頑張ります。

ちなみに香港の4連休は明日で終わり、次のお休みは1月1日だけ。
街はまだクリスマスの名残がいっぱいです。

えーと、広州のSARS騒動についてちょっと書きたかったんだけど、
それはまた明日ということで。

【2003/12/27 22:36】 | 未分類 |

神経質かもしれないけど
りー
試験の答案を返すときに、先生がぺろっと指を舐めるのも嫌だった記憶が・・
たしかにスーパーでもらう薄いビニール袋を開けるのは難しいよね。
必死で息を吹きかけて、指先に湿り気を与えようと努力したこともありましたわ。
指先が乾いたらユー●キンという宣伝を新聞で見たのだけれど
要するに、やっぱり肌の乾燥の一環ということなのでしょう(悲)
>そのオタクなところまで似たら・・・(以下自粛)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オタクでしょうか?わたし???
そりゃ、たしかにアニメ見ながら
「あ、堀川りょうだ」「これって銀河万丈?」「鈴置さんかー」
とか言い合う親子は少ないとは思いますが・・・


指先の摩擦
GURE
昔々若かりし頃から、私はスーパーで貰うビニール袋がさっと広げられません。・・・指先は昔から老化してたんだろうか、それともあれにはコツでもあるのかしらん(笑)。
そんな時には指を舐めるのと、横に置いてあるお絞りとどっちが汚い?などとつまらんことを悩んでますが。
>ついでにアタマの中身も似ればよかったのにね(あっはっは)
 ・・・・頭のよさは理解できるんですが・・・・・
 そのオタクなところまで似たら・・・(以下自粛)


コメントを閉じる▲
BON JOVIがこの4年後に出したアルバム「Crush」のときのインタビューで
Johnが、「THese Days」の頃は、精神的にまいっていて、
あのアルバムの出来はひどかったとか何とかいうのを読んで
そういう言い方って、喜んで買うファンに失礼じゃないか、と怒った記憶があるのだが。
いや、今日はBON JOVIの話じゃ無くて、
「この頃」のワタクシの生活一般につきましてのご報告なんだけどさ。

まずは、これだけサボりまくりの更新無しにもかかわらず、
ちょこっと覗きに来てくださっているお友達に心からお礼を申し上げます。
ほんとにほんとに、ありがとうございます。

今日はクリスマスですね。
日本はどっちかっていうとイブがメインっぽくって、
クリスマスはたいして騒がれもせず、
当日の夕方からデパートもスーパーもお正月モードに突入
・・・だった記憶があるのだが、これ、今もそうなのかしらん?
テレビ番組は特番特番のオンパレードとなり
嫌が応にも気持ちは慌しくなっていったのだが。

香港は昨年、繁華街で若い人達が暴走したせいもあって
今年はかなりいろんなところに警官が配置され
テレビカメラは何か起こるのを待ち構え、
でちょっとばかり異様な雰囲気だったらしいけど
結局どうなったんだかな、たいした暴動は起きなかったような・・・
(いや、別に何かを期待してたわけじゃありませんともさ)
それより武器を持った輩が、どことかのビルに立てこもったとかで
銃器を所持した機動隊みたいな人達が踏みこむ様子を写してる局が多かった。
これから年末にかけて、ちょっと香港も場所によっては危なくなるかもね
あ、年末というのは1月22日から始まる旧正月までの、今から約一月間のことで
別に元旦は、たいしたことない、全然普通の祝日と同じ扱いなんで悪しからず。
セールもいよいよ本番だし、これからの30日間はクレージーな一月となりそう。


私個人は、先週日本から帰ってきてから、やっぱりなんとなく体調がおもわしくなく
体調悪いとつい「これって年のせい?」とか余計な心配をしてしまうのだけれど
考えてみたら体調が悪いというのは若い時だってあったわけで
あの当時は年齢以外のものに理由を求めていたのだから
今、調子悪いのが、必ずしも年齢のせいではないとは思うのだけれど
やっぱり「年」ということを念頭に置く辺りが、「年齢」なんでしょうかね。

・・・とここまでくどくど書く辺りが、年なんじゃないの?(爆)>りーさん

昨夜もイブだと言うのに微熱がとれず
結局10時過ぎにはベッドにもぐりこんでしまった。
明け方まで何度も目が覚め、そのたびに汗をかいていたから
結構熱は高かったのかもかもかも。
まあ、汗をたっぷりかいたおかげか、
日本にいたとき以来悩まされてたむくみも大分取れまして、おかげさまで。

クリスマスイブと言えば、日本じゃケーキを買ってきて
ちょこっとチキンなど含めたご馳走食べたりしてたものだけれど
今年は、ま、いろいろ忙しくてまったく普段通りの食生活。
僅かに香港に戻ってきた次男だけが友達と食事すると言って出かけたくらいかなあ。

次男は某都市で学生寮に入ってるんだけど
こちらに戻る度に寮の食事のまずさを訴える。
ゼータクなヤツめ、もう少し苦労というものを知りなさい
まずかろうがなんだろうが、食べなきゃ困るのはキミでしょうが、
と親としては突き放してるつもりでも
小遣いでインスタントラーメン買って、それで済ませたりしてしまうからコマリモノだ。
「まずいからみんな食ってねーよ」とか、もう!
こういうガキに、食べ物の有難味をわからせる、何か良い方法というのは無いものですかね?
将来困るのは自分自身だと思うのだが。

なんてね、親の悩みは尽きないわけですよ、万事において。

ところでストレスで太るのは女性だけ、
なんていう話も読んだのだがマジっすかね。
確かに、ストレスで太ってるのは我が家では私だけだけどさー(笑)
昨日はたかだか20数段の会談をあがるのに息が切れてしまって唖然呆然愕然。
冬の間に体力をなんとかしないと、ますますみんなにおいて行かれるわ。
・・・・・はー、がんばろっと。。。。

【2003/12/25 15:59】 | 未分類 |
なんてのを日記のタイトルにするあたりで、
なんとなく煮詰まっているワタクシの日常を察していただけるでしょうか?みなさま。

それにしても日本までのほんの3.4時間が、
えらく長く感じられる年齢になってしまいまして・・・
まあね、そんなこと言うならクラスをアップしろと言われかねない愚痴なんだけど
そんな金、どこにもないもーん。
昔は、エコノミークラスでロンドンまで往復してても平気だったんだけどね。
今回は往復とも満席で、
どうしても窓際に座りたいと主張する息子がいっしょだったので
私は3人シートの真ん中で。。。
しかも香港便というのは、えらく普通の、いわゆるビジネスおじさんが多い便なんで
通路側に座っていながら、なおかつ平気で両方の肘掛をお使いになる。
ビジネスマンは手荷物多いし、酒はは飲むし、あー、やだやだ。

と、愚痴ってみましたが(笑)

今回は移動にレンタカーをよく使ったのだけれど
あらためて日本で運転するっていいなあ、としみじみ思ったことですよ。
なんたって車間距離が香港の5倍はあるし(笑)

こちらに戻ってからすでに空港に2往復したんだけど
渋滞時、とにかくやたらめったら車線変更をする、
それも人の車の前に鼻先つっこんで、つっこんだあとにウィンかーをつける
ヘタに車間距離取ってると、他の車に割りこまれるので
ほとんどあけられないからこれは緊張するんだわ。
で、こっちが「割りこみたい」ときは
そういう意思のウィンカーつけてても、強引さがたりないと絶対入れてくれないし。
日本では「わ」ナンバーだったせいもあるのだろうが
そりゃ気持ちよく運転できましたとも。
我先に前に進もう、自分の車を優先しようという
あからさまな態度には、あんまりお目にかからなかったなあ。
10キロを2時間っていう渋滞にぶつかったときは、さすがにイラついてしまったけれど。
歩いたほうが絶対早かったね、あれは。

まあ香港も、どこぞの国のように
高速道路を逆走したり、渋滞時、歩道を走ったりするなんて
そういう非常識さがないところは評価できるけど
それにしても、日本の運転マナーはいいなあ。。。

と再度愚痴っておりますが(笑)

しかし、日本は食べ物もおいしいし、水も飲める(飲みませんが)
室内は暖かだし、モノは豊富で安い
なんだけど、やっぱり私はかなり緊張してたらしくて
こちらに戻ってきて、ようやっとむくみも取れてきたし、目の充血も治ってきた。
やっぱり今のマイホームタウンは香港ってことなんですかねー。


いろいろ書きたいことが沢山有るんだけど
どうもなんだか落ち付かなくってね、いけませんわ。
とりあえず、今日は帰港のご報告まで。
それでは、またよろしくお願いいたします(ぺこり)

【2003/12/21 18:09】 | 未分類 |

確かに空気が違う
りー
馴染んでる空気が、一番ですよね。
島に渡るトンネルを抜けた途端に、目眩おこしましたもん、ホッとして(笑)
こんな、喧騒と雑踏の街でも
今の私には、一番落ち付くところなんだなー
(なんか情けない気もするが(笑)


緊張...することあるのか(あっ)
えむ
おかえりなさいませ。
一週間実家にいてホームシックに陥ってます(笑)。
私も緊張なのかなぁ、何時間寝ても身体が固い。
室内は暖かだし、パソもある
でもマイホームタウンは大阪なんだってことか(笑)。
なんか水が違う、空気が違うって感じなんだよね。


コメントを閉じる▲
香港も週末は冷えこむという話なんですが
日本ほどではないのでしょうね・・・

お目にかかれそうな方、楽しみにしております。
そうでない方、またの機会を。

メールチェックは多分できないかと思いますが
ホットメールの方へ下されば、ご連絡は可能・・・かなあ?
来週後半には戻ります、日記はその後再開しますので、見捨てないでね。
それでは♪

【2003/12/11 22:30】 | 未分類 |
米国では時差の関係で12月7日なのだそうだが、本日は記念日。
日本では何らかの報道がされたのだろうか。
自衛隊のイラク派遣について議論がかわされる中での開戦記念日
この日の意義を考えてみるのは必要かと。

で、80年にはダゴダハウス前で凶弾に倒れた天才がいた。
あれからもう20年をとっくに過ぎてしまったのね。
生きているものには20年なんてあっという間だった気がするが。


さて、本日は月曜日ということで、非常にテンション低し。
午前中はぼーっとし、午後はくたーっとして過ごす(・・どう違うんじゃい!)
毛布にくるまって、ホットカーペットにてぬくぬくしつつ、銀英伝なんぞ見たりして・・
ってこれ某さまんちのネコちゃんとどう違うんだろ(^^;


☆お詫びとお知らせなど
自分の日記でありながら、ここのところカウンターを全然見ておりませんでしたら
あらま、6000オーバーしてたんですね。
こんな閉鎖された、しかも超個人的なところを覗いてくださるお友達には
ほんとに感謝の言葉もございません、ありがとうございます。

えー、ご存知の方はご存知の理由で、ちょいとただいま忙しいもので
なんかアレで、申し訳無いんですが
多分7000くらいの時には、気分的な余裕も出来てると思いますので
7000人目のお客様には、何かお礼をと考えております、今回はゴメンナサイ。

で、例の電話番号その他は、また別途ご連絡します、それじゃ今日はこれで。

【2003/12/08 23:43】 | 未分類 |
なんて、ニーチェを気取ってみたわけは、ですね。
本日某さまより、ご愛猫のお写真を頂戴した。
これがもう、載せられるものならここに載せてみなさんと一緒に楽しみたい
とってもかわいらしいもので・・

なんたってあなた、
このネコちゃんってば枕使ってるんですよー、で毛布かけてるんですよ
でホットカーペットでぬくぬくお昼寝なんですと。
もう、これはわが身かと思ったほど他人事とは思われず、
いやいや、爆笑させていただきました。
長靴を履く、ならぬ、枕使用中のネコ、可愛かったです、さんきゅでした、某さま。

ところでニーチェなんて方のご本は、題名しか知らないんだけど
人間誰しも「難解な本を読むこと=カッコイイ」という出来心を抱く瞬間があるもので。
そんな熱意に冷や水をかける最も効果的な本として有名なのが
このニーチェ「ツァラトゥストラはかく語りき」なのだそう。
決めフレーズの連続で我々を奮い立たせながら、
結局、何のことについて書かれているのかサッパリ理解できないこの名著、
いったい、今までどれほどの人達が内容を理解し、ニーチェの脳波に波動を会わせえたのか(笑)
そういや、その昔アラン・ドロンが
愛読書を、プルーストの「失われた時を求めて」と言っていたのを読んで、
図書館まで足を運んだことがあるのだけれど
あまりの物量に圧倒されて、ついにページを開くには至らなかった。
いや、ぺらぺらっとくらいは開いたかもしれないが
活字を読むには至らなかったと言うべきか。
今でも疑問に思うのだが、果たしてアランドロンは本当にアレを読んだのか?マジで。

ツァラトゥストラに話を戻すと、
一般に馴染みのあるのはシュトラウスの音楽の方だろうと思うのだが
シュトラウスはニーチェの文章に触発されて、この曲をかいたのだとか・・
ってことは読んだんだなー、それだけでもすごいよ、シュトラウスさん。
ちなみにご存知だとは思うけれど
ツァラトゥストラというのはゾロアスター教の開祖、ゾロアスターのことであります。
なんかドイツ語だとなんでもかんでも重厚に聞こえるのがすごいかな(笑)

私はほとんど就職活動なんてしなかったけど
それでも結婚してから小さな出版社を受けたことがある。
一次が一般常識の筆記で二次が作文(題名は「旅」だった)で三次が面接だった。
履歴書の趣味の欄に「読書」と「音楽鑑賞」と書いておいたら
(だって無難でしょう?)
えらく突っ込んだ質問受けてしまい、内心どぎまぎしたのを思い出した。
今だと、どんな風に書くのが無難なのかしらね、趣味の欄。
っていうか、もう一生あるまいが、履歴書書くなんて。
それはそれでちーっとばかし、淋しいな。


こじゃれたサニタリー用品を扱うお店で、お気に入りのところがある。
いつつぶれるかとひやひやしてるのだが、かれこれ1年以上続いているところを見ると
結構頑張っているのかも、香港じゃ珍しいほうだな、1年以上続く店。
シャワーカーテンは当地の必需品なんだけど、値段はホントにピンきり
イケアなんかじゃ10ドルってのもあるし、ユニーでも100ドルくらい出せばそこそこのものは買える
なんだけど、私はこの店のカーテンが好きで
高いんだけど、やっぱり買いに行ってしまうのよね。
今回のはメイドインスイッツランド、長さもぴったりで柄も爽やか、
ツレアイにえらく誉められた。
ま、小市民はこんなとこでちょっとだけ余分な出費をして、小さな幸せに浸るわけですよ。

実は今日も夕方やることがなくなって昼寝してしまい、ただいま頭痛中。
午前中寝る分にはなんてことないのに、午睡は私に毒なのか?そうなのか??

・・・つうか頭いてー・・・

【2003/12/07 18:22】 | 未分類 |

趣味の欄
Maxi
当たり障りのない『映画鑑賞』と『スポーツ観戦』でしょうか。
どちらも一応熱く語ることできますし。(笑)
最も熱心なミニカー収集は・・・心に秘めておきます。(笑)


その手のご本は
りー
あらすじ、あるいは概略を書いてある文章を読んで、
読了した気になるのが一番ですね(・・・って、おい)
そっか、哲学書のみならず、○○学と名のつくものに
おおよそ、読み易いモノはないということか(笑)
ところでMaxiさん、
もし、今履歴書をお書きになるとしたら、趣味の欄にはいったいなにを記されますか?
あまりに沢山ありすぎて、書ききれないとか(笑)
(ミニカー収集ってこむずかしく言うと何になるのか思考中(爆)


こ難しい本
Maxi
無謀にもダーウィンの『進化論』に挑戦したことがあります。
もちろん、最初の30ページくらいで挫折しました。(笑)
だって、全然面白くないんですもの。(待て)
今から10年程前のことで、しばらく本棚の肥やしだったのですが、
あれ?本は古本屋に売っちゃったんだったかな?


コメントを閉じる▲
まったくもって、芸の無いタイトルだ・・・


昨日Sちゃんがうちに来て言うには「りーさんちは寒い!」
・・・あ、やっぱり?・・・私もそうじゃないかと思ってたのよ
なんか外気温に比べても寒い気がしてたの。
動き回ってるとそうでもないのだが
じっとテレビを見たりネットやったりしてると冷えてくるんだよね、外がお天気でも。
これは、じゃ、年齢のせいじゃないんだ~(喜)

昨日は、午後台所の湯沸し器の修理に来てくれるとの事だったので、ずっと家で待機。
Sちゃんが帰る途中でちょっと寄ってくれたので
二人でビデオなんぞ見ながら渋茶飲んでおしゃべりしてた際の会話です。
ま、一応冷房から暖房への切り替えは済んだので
(設備は古いながらも、我が家は一応セントラルヒーティング)
もう少し寒くなれば暖房もいれるけれど、今のところはホットカーペットで十分だし・・・

とここまでが5日の日記

今日、6日は父の78回目の誕生日だったので、朝、お祝いの電話をした。
父が一番可愛がっている末息子くんはあいにく外出中で、
父のがっかりが電話通して伝わってくる。
おいおい、愛娘(私のことです)が折角国際電話かけてるってのに~。
まあ、いつまでも元気でいて下さい、おとうさん。

いつもは日曜日に出かけるユニーへの買い出しだが
珍しく土曜日に出かけたら、車が意外に混んでるのにびっくり!
土曜日って平日なのね。

で、食料品買って一旦帰宅
それから相方が近所のスーパーに野菜を買いに行くというので
ついでにクリーニングを頼んで私は掃除と洗濯。
そのあとお昼を食べてチムサーチョイまで出かけた。

家で洗濯しないから、だけが理由でもないだろうが
ワイシャツは2年くらいしか持たない。
最低限度枚数に近づいてきたのでオーダーするために外出。
チムに行くには地下鉄が一番早いんだけど、私は地下鉄が好きになれないから
バスとスターフェリーを乗り継いでチム到着。
で、馴染みのお店でワイシャツとジャケットをオーダーした。
再来週バリに行く予定のあるツレアイがリネンのジャケを欲しがったので
まあボーナスもわずかながら出ることだし、ちょっと太っ腹で了承してやった(笑)
このお店とのお付き合いもかれこれ2年以上になるが
1年過ぎてからようやく好みの通り作ってもらえるようになった、とツレアイの弁。

それからHMVに寄ったあとサングラスを選びにDFSへ。
バリは日ざしが強くて、とてもグラサンなしにはいられないのだそう。
私も秋冬でもできる薄い色のサングラスが欲しかったのだが
あまり気に入ったのがなかったので父へのプレゼントだけを買って店を出た。
ツレアイには私のドライブ用のグラサン貸してやることにしよう。

そこで相方と別れて私は帰宅、歩き回って疲れました。
・・・とまあこんな調子でハイキング参化できるでしょうか?>スポーツデーハイキング担当さま


☆2006WC一次予選抽選会
香港でのメル友たちの中にサッカー部があり、
ただいま部員は3人なのだが、私を除く二人はマジなサカキチ。
私はマツが出たときのみサッカーに興味を持つ、異端児なんだけど、一応部員ね(笑)
そのサカ友からの連絡があり、抽選会にミヒャ兄ちゃんが出るとのこと。
これは一応チェックでしょ、というわけで深夜0時からの生放送見ましたわ。

一時予選だから、参加国全部が抽選の対象なわけで
アジア-オセアニア-北中米-アフリカ-南米-ヨーロッパの順番で
ゲストが抽選を進めて行くという番組。
アジアは韓国のなんとかいう選手と日本の奥寺さんがゲストで
ガチャガチャマシーンに入ってるカプセルのようなものを
ボールの中で掻き回して一つ取りだし
その中に書いてある国名を読み上げてグループを作って行く仕組み。
で、シューマッハ兄さんは、最後を飾るヨーロッパの抽選のゲストで
あのコッリーナ審判ともう一人超有名歌手(ねえ、あれってスティング??)と3人で
カプセルオープナーをあい勤めておられた。

兄ちゃんは、さすがドイツの誇るスーパースターだけあって
登場すると会場は大歓声、子ども達が大騒ぎ
人間離れした体格はいつものことで、私は見慣れているけれど
今回は人間離れした顔のコッリーナさん(首から下は普通の人間、そこが兄ちゃんと違う)
がいるので、なぜかごく普通の人類に見えて、他人事ながらホッ(笑)
地元ドイツなのでコメントもドイツ語ながら
いつもどおりサッカーファンであることをきっちりアピールし
スイスには住んでいても心はドイツだよ、といったかどうかは知らないが
しっかりドイツの顔としてお役目こなしておられました。
まあ、他のゲストのペレとか、委員会のトップを勤めるベッケンバウアーと会えるから
と言う理由で今回の抽選人を引き受けたという話もあるんだけどね、
真偽の程はぞんじませんが。
ただ、兄ちゃんはトリ中のトリ、つまりオオトリで
トップ国をどのグループに振り分けるかのカプセル開けるお役目だったわけで。
イタリア・フランス・イングランドファンのみなさん、
それぞれの国のグループを決めたのは兄ちゃんですが
個人的な恨みはお持ちになりませんように(笑)

それにしても去年終わったかと思ったら、もう来年早々一時予選が始まるんだね。
ジーコと相性悪いと断言されたマツではあるけれど
なんとか怪我を克服して、WCに絡んで欲しいもの。
そのためには一次予選の突破、お願いしましたわよ>代表のみなさん
マツも早く全日本メンバーに復帰出切るように、頑張ってほしー(切実)

【2003/12/06 22:20】 | 未分類 |
久しぶりに繁華街へ出た。
お昼を一緒に食べようと無理やり友人に時間をつくってもらって。
こうでもしないと私はなかなか外へ出ないからなあ。

家の窓はすべてグリーンネットに覆われて、昼間でも電気をつけないと生活できない。
窓の外を時々人が移動するので、カーテンもうっかり開けられない。
篭っている事は苦にならないと思っていたのだが
外が晴れているのに、電気をつける生活って気分も鬱々としてくるよなあ。
これが雨ならまだ我慢もできるきがするのだが、何故こういう心境になるのだか(笑)

お昼は今、当地で話題のラーメン横丁なるところに行ってみた。
ちょっとピーク時間前を狙ったつもりだったのに
はいろうとしたお店はすでに行列が・・・

http://ntt.asahi.com/international/update/1129/006.html

ラーメンって日本人は皆それぞれ好みがわかれるし、それぞれ一言持っているから
あくまで私は、の感想なんだけど、「私は」もう少し麺が硬めのほうが好きかな。

少々話が逸れるが、日本人が多数住んでいる事で知られている太古城のユニー。
ジャスコがかなり地元志向で、
「日本の食品も沢山手に入る地元のスーパー」なのに比べると
ユニーに置いてある品は日本のものが多数を占めるし
場所柄、ここは日本人を対象にしたスーパーなのだとずっと思いこんでいた。
ところが、先日聞いたところによると
日本人客が全体に占める割合というのは15パーセントくらいなのだそう。
ということは85パーセントの、
日本人以外のお客が日本の食品を買いにユニーへやってくるということで、
ここから、香港で日本料理屋を開く場合、日本人だけを対象にして開店するのは
マーケット的に難しいものがあるのだろうということがわかる。

ラーメンに戻るが、香港の人は概ね柔らかいコシのない麺がお好みのようで
当地に大展開している
某味千ラーメンチェーンも日本のラーメン屋だと思って入ると大層痛い目をみるらしい。
あれは豚骨スープを使った、こちら風味のラーメンなわけで
決して本場九州熊本のラーメンではありません、あしからず。
まあ、イギリスにいたときも、かなり値段を出さないと
イタリアンレストランでもアルデンテのパスタを出すところは少なかったから
歯ごたえのある、とか硬めの麺を好む民族というのは
世界中でもそんなに多くはないのかしらね。

野菜とか蒸し魚とか、ゼツミョウの火の通り具合で食べさせてくれる中華の本場なのに
ことラーメンとなるとぬるめのスープにやわやわの麺・・・
これもまた異文化体験?

蛇足ながら、
香港の街中に日本の文字やら日本食やらが溢れているのに驚く観光客は多いと思うが
その文字に比例して親日家が多いとか、
日本人を理解している人が多いわけではないので
そのあたりを勘違いすると痛い目に遭うと思うのよね。
日本の品物が好きだから日本人も好き、って感覚じゃない気がするんだけど。
ま、この件に関してはもう少し考えたい事があるので、また後日。


日本の師走は気分が急く。
クリスマスのあとにお正月が控えているし、お歳暮のシーズンだし
大掃除もしなさいしなさいとテレビはけしかけるし。
それに比べると香港の12月は気分的にラクチン。
花王は掃除をしよう!とCM流してますけどね(笑)
旧正月前ならともかく、今の時期に大掃除する香港人はそうおるまいて。

でも街はプレセールも始まってかなり華やいでいた。
デコレーションを見て歩くのも楽しかった。
帰宅して我が家のあまりの殺風景なのが、ちと淋しい
・・・さて、ちょっとなんとかしますかな、気分は乗らないけど。

【2003/12/04 17:15】 | 未分類 |
湿度と温度が急に下がった。
下がったと言っても、日本に住んでる人には「どこが(笑)」といわれる数値ではあるけれど。

。。というわけで風邪引いちまったようです。。
この軟弱モノ~!

なんてことを理由にしつつ、今日はホットカーペットなんぞつけて毛布にくるまって
一日だらだらしてたわけで(笑)
雪風の3巻見て、銀英伝を7話まで見て、
なんてやってるうちに一日は過ぎてしまった。
・・・ほんと不毛(笑)


雪風は小説を読んでる人を対象にしてつくられ
銀英伝は、読んでない人が主対象になっているかんじ。
雪風には必要最小限の説明すらないこともあるのに
銀英伝は、ある部分が描きこまれ過ぎ・作られすぎ、なのだ。
30分のアニメだから、毎回それなりに小さな山場がないと困るし
主人公のヤンかラインハルトを必ず登場させないと視聴者に受けない・・ゆえか
小説だと、もう少ししっかり書き込まれている周囲の人達のエピソードが
あまりに軽く扱われ過ぎなのが気に入らない。
まだ全10巻中半分までしか到達していないから、あまり大口も叩けないのだが
この物語の主軸はヤンとラインハルトであるにしろ、
テーマはこの二人、では無いのだから、もう少し回りを大事にしてほしかったな。
ま、アニメだとキルヒアイスが結構長く出てくれるし
塩沢オーベルシュタイン兼人さんが、ものすごーくはまっていて
こっちはすごく嬉しかったっす、マ・クベだな、あのモノイイは(笑)


☆事故経験談
それはとある冬の日の朝のこと。
子ども達がそれぞれの学校へでていきほっと一息ついていたら突然の電話が。
「○○派出所ですが、おたくのお子さんが事故に遭われまして・・・」

そこからはもう怒涛のような一日だった。
とりあえず学校に電話して事故を知らせ、詳細は後で、といいながら派出所に行く。
息子は、横断歩道ではないところを渡ろうと1歩踏み出したところを
路肩近くを走って来たバイクに引っ掛けられたのだと言う。
バイクは息子をひっかけて横転、バイクに乗っていたのは
元消防士だったと言う還暦近いおじさんだった。
息子はひっかかってポーンとはねられたのだが、幸い道路を通る車は無く
肩にかけていたかばんを下にして落ちたので、大して外傷もなかったようで
とにかくびっくりして逃げ出そうと走り出したところを
バイクのおじさんに追いかけられてつかまったのだそう・・・

で、このおじさんが警察につれてきて、そこから我が家に電話があったと言うわけだが
私が派出所に行くと、おまわりさんが、なんとも微妙な顔をしている。
というのは、このおじさんが息子をひっぱって派出所に来て
「親を呼べ」
「バイクが横転して壊れたから修理させろ」
「転んだときにズボンが破れたから弁償しろ」
「今日は仕事に行けないからその保証をしろ」
等々、叫んでいたからだ。

私も動転していたので、とりあえずはねられた息子を病院に連れて行くからと言って
おまわりさんに相手の住所・名前・電話番号・及び免許証を控えてくれるように頼み
すぐ病院へ連れて行った。

道々考えてみたのだが、どうもおかしい。
何がおかしいって、なんでうちがそんな弁償せなならんねん!
撥ねたのはあっちやんか・・・

病院はその手の事故には慣れていたし、顔なじみの外科だったこともあり
「どんなふうだったの?」「今痛いとこある?」「あ、青あざが出来てるね」
なんてかんじで「全治1週間」の診断書を書いてくれて
「費用は保険から出ません。
 相手の保険会社がわかれば直接請求しますから今日は良いですよ」
と言って湿布薬を出してくれた。

息子はそれから学校へ行き、私は警察にひき返した。
で、おまわりさんと話をしたのだが
「普通、ひき逃げってのはあるんですが、轢いた方が被害者を糾弾するなんて初めてで」
と苦笑しながらいろいろ説明してくれた。
ま、ね。
賢明なみなさまはおわかりのとおり、歩行者とバイクだったら
100パーセントバイクに非があるんです。
おまけに、おじさんは眼の端に息子が渡ろうとしてたのが目にはいったとか
余計なことを喋ってたみたいだし
なんで自分が悪くない、なんて思ったのかな・・・

結局、それからの交渉は保険会社と行ったのだが
相手のおじさんがどうしても謝らないと言い張るので、うちは被害届を出した。
警察に言って正式に調書を取ってもらったのだが
最低何ヶ月かの免停にはなるそうで。
普通は謝って、示談で済ませるものらしいのに、
なんであそこまで意固地になったかな、あのおじさん。

なんてことをお友達の事故話から思い出しました。
とにかく人身事故だけは、絶対に起こしちゃだめだよね。

あ、事故にあったのは、もちろん我が家の「超」問題児・次男くんで
彼が学校に行った時には、
すでに撥ねられた現場を見た友人の言葉から、死亡説が流れていたそうです(笑)

【2003/12/01 19:57】 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。