上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、明日からまた日本です。
いろいろやろうと思ってたのよ、ここについては。
8888キリ番にしようかとか、背景変えようかとか

すみません、すべてほったらかしで行きます。

今回、留守番が次男とツレアイなんでいろいろ不安で
ちょっと食料の作りダメだの、いろんな注意のメモだの準備してたら
とてもここまでは手が回らないことが判明しました、てへ。

こちらに戻るのは4月はじまってからになりますが
日本でお会いする方、どうぞヨロシクおねがいします。
メールはホットメールのアドレスのほうにくださいね。

今日も小雨まじりの香港でしたが、日本はまだ寒いんでしょうか?
お花見、できるかな?
スポンサーサイト

【2004/03/27 23:28】 | 未分類 |
こちらを覗いてくださる方には、きっと縁遠い行事だと思うけど
子持ち昆布(笑)になると必ず回ってくる春の定例行事に、
PTA役員決めというのがあるのだ、ちなみに枕言葉には「恐怖の」が付く(嘘)
長男が小学校に入学して、それから延々と15年間、
なになやかとPTAのお世話になってきたことになる、なにせ3人いますからね。
思えば長い道のりだった(・・・しばし遠い目)

最初に役員をやったのは、次男のインファントスクール@ロンドン
バザーの日本人グループの纏め役だった。
バザーの説明から場所から予算から
そういう話し合いをするのに指定された場所がパブで、開始時間が夜の8時、
というのに仰天したものだった、やっぱ、日本とは違うなあって。
今は、日本でもPTA活動に参加する人達を少しでも多くするために
夜間の会議というのも珍しくはなくなっているようだけど
10年ちょっと前の私にはすごく新鮮だったもん。
まあこれも、定時に帰るオットを持つか、
もしくはベビーシッターを簡単に雇える環境が無いと
子どもを置いて夜の会議ってのには難しいものがあるんでしょうが。
子連れで夜間の会議に出るってのは、ワタクシ的には大抵抗アリなのだ。

ごく狭い経験からの判断で恐縮だけれど
イギリスの学校は保護者のボランティアを当然のことだと思ってるらしく
また学校経営には保護者の代表も必ずかかわることになっているから
やってるぶんは言わせてもらう、的雰囲気があって、
これはこれで悪いことではなかったと思う。
三男が行った学校でも、「英語が得意じゃ無いからボランティアはちょっとカンベンね」
なんていう言い訳は聞いてもらえるはずもなく
最初はエンピツ削り(!)から始まった私のボランティアは
最後、リーディング指導にまで昇格(笑)して、
担任の先生とも密に連絡が取れて、結構有意義なものでありました。

できる人は週何回でも
できない人でもちょっとの時間を作ってなるべく多く参加して欲しい
というヘッドティーチャーの意向が浸透していて
バリバリ働くキャリアウーマンのおかあさんが
週に1度、木曜日の午後1時間だけ時間を作って
子どもの作った作品の展示をする係りになっていたり
あるいは図書の破れた本の繕いに来ていたり
気楽に活動ができるところが良かったと思う。


が、日本に帰国して香港に来るまでの6年間のPTAは、全くベツモンの活動だった。
ほんとに私は毎年なんだかんだと学校に関わることになってしまったのよね。
子どもが3人いたから、一人に付き1回はというつもりではいたのだけれど
きっちり子ども会の役員までやったりして
6年間中5回、なんのかんのとやってました、学校の執行委員もやりましたさ。
年度始めの最初の集会のあの重苦しい雰囲気・・・
あれを思い出すと今でもなんだか気持ちが重くなる気がするよ。
下を向く人ばかりで、遅々として進まない議事
指名されると喧嘩腰になる人も出るくらい、殺気だった雰囲気のときもあったっけ

私ってば下を向きつづけることができない性質っていうかさ
「あーもう、いいや、やっちゃうわ」と半ば自棄になってしまうのよね、
辛抱が足りなくて、情けないったらありゃしない。

まあ、私自身は親しい友達も出来たし、息子が、ああいう子どもばっかりだったから
そこそこ学校に行く機会も増えて、結果的にはいろいろやって良かったと思うのだが
(パソ覚えたのも役員で広報やったから、ってのはあるし)
なんていうか役員の決定の仕方が釈然としないとか言う前に
PTAの存在そのものを考えなおさなくちゃね、と思うことがしばしばあった。

これも狭い経験から言わせてもらうと
どの保護者も、子どもと直接かかわること
あるいは目に見えて子どものためになることなら
結構骨身惜しまずというか、ない時間を作ってでも参加してくれるのよね
嫌われるのは、役員の活動が
「子ども」に関わらない(と思われる)部分で行われることが多いせいだと思うの。
あとは、公平感っていうのかな
なんで私ばっかりが苦労しなくちゃならんのよ、うまく逃げてる人もいるのにぃ、
というヤツです。
どうしても仕事は特定の人に集中しがちになるからなあ。
みんなが同じように労力使うのなら、
私も参加するのに吝かではないと言う方は結構多いもので
そうやって振り分けちゃうと上手く行くこともあるんだよね。
ただ中に入ってみると、
子どもに直接は関わらない活動でも必要な事柄というのは多いことがわかるわけ。
たとえば名簿一つ作るにしても結構な時間を取られるし
印刷するのにいちいちだれそれに連絡とって、学校に行って、印刷して配布して
というようになんだか非常に労力時間使うし
おまけにそういう縁の下の力持ち仕事をやってると
好きでやってる人だからとかいう陰口も叩かれたりして、
いや、もうやってらんなーい・・・なんてことにもなるんですね。
PTAとはいえ、先生たちの参加部分ってすごーく小さいし
(先生たちもご自身は保護者でらっしゃるから、
 夜などの集会は困ると言われたこともあるし)
いろいろ考えると、曲がり角に来てるんでしょうね、PTAの存在そのものが。

今年晴れて義務教育からフリーになった身分だから言えることではあるのだが
専業主婦という存在がすごーく減ってしまった今の世の中だもの、
PTAもかわらなくっちゃねー。
(とお気楽な私が言うんじゃ説得力ゼロっすね(^^;


さて、今日は次男が帰って来るので今から空港へ迎えに行ってきます。
またちょっと賑やかになるのは、嬉しくもあり、わずらわしくもあり(笑)

【2004/03/25 18:36】 | 未分類 |

オツカレサマでした。
りー
ほんと、オツカレサマとしか言いようがございません。
子どものためっていう大義名分で動かされてしまったり
あるいは改善しようにも、センパイ方の無言の圧力があったり
まだまだ検討の余地ありですよねえ。
ただ、委員役員ってのは、1度は誰でも経験してみると
結構いろんなことがわかってきて良いものだとは思うのですよ。
特に中学あたりは、
ほったらかすと危険な動物になりかねない子どもも多い事ですし(笑)
軽めの負担で、学校に関われるようなPTAって必要だと思うんですが。
(ん~、なんかマジに語ってしまったわ。
 次回は、ダナさんお得意のネタでツッコミ入れて下さい(笑)


解放されるまでは、長い道のり
ダナ
>PTA役
ワタシはやっと解放されましたよ、長い道のりでした。
役が当たれば、イヤイヤ引き受けるのもイヤなんで
楽しもうと頑張ってましたがやれば以外と面白かった経験もあります。
行事に参加するだけでも面白かったりもしたんですが、
でも毎年「引き受けて」と言われても「勘弁!」ってね(笑)
日本ではプライベートスクールに入れればこのPTA役もなくて(会長あたりはありますが)
PTA役をするのがイヤ私学に入れる人も少ないなくです。
ここまで母親の負担が大きいってのも考えものですが(-_-;)


コメントを閉じる▲
テーマは「趣味について考える」

ちょっと前のことだが、
とある殺人事件を起こした青年に関して、知人のコメントで
「そういえばたしかに彼は、時々オタク的な発言をしていた」と言うのがあった。
・・・オタク的発言・・・それって、ヤバイのかしら。

わが身をふりかえって考える。
もしも私が何かやらかしたら、
そういえばリーさんってオタクだったわと言われてしまうんでしょうか?
・・・ぎく・・・

っていうか、別に気にしなくてはならないことは何もやってませんが
(たぶん・めいびー・ぷろばぶりー)
ウシロユビ指されそうな趣味はいくつかあるような無いようななので
ちびっと気になってしまうのよね。
さされるのは年齢不相応だという、その一点に尽きるのだけど。
っていうか公序良俗に違反してるシュミは何一つありませんが(力説)
その昔、うしろゆびさされ組だったっけか、そんなグループもあったけど
私は絶対さされたくありません、だっていい年した外見普通のヒトヅマだもーん。

なのに昨日は、フィギュア漁りしてきちゃったです、モンコックで。
だけどそれは一緒に行った、一見普通のSちゃんが買ったからですよー
最初に手を伸ばしたのは私じゃありません。

日本じゃオマケで売られてるような
例えばペプシについてたスニーカーコレクションだとかスターウォーズコレクションだとか
そういうのがこちらじゃ一まとめにして見える形で売られてることが多い。
たぶんオマケを造る工場が中国にあるせいだと思うけど
いちいち箱を買って開けなくて済む分、効率的だよね(開ける楽しみが無いとも言うが(笑)


☆子どもの習い事
夕方、ドリルの騒音が落ち付くと、どこかの家から
あまり上手でないピアノの音が聞こえることがある。
どんな子が弾いてるんだろうと、ちょっと耳をすませてみたり。

私自身は、幼稚園の頃から小学校の4年生までピアノを習った程度だったのだが
そのくらいでも楽譜が読めるくらいにはなっていた。
楽譜が読めると、結構便利で、自分ではいろいろ役に立ったと思ったし
子どもが生まれたら何か楽器がひとつくらい弾けると楽しいから
何か習わせてやりたいという希望はあった。

が。
子どもの数も3人になると親の懐具合も影響して
そうそう何でも習わせてやるわけにはいかないのだよね。
上の二人にはピアノを習わせたので、彼らは楽譜が読めるしそこそこ弾ける。
次男が、寮生活で一番楽しいのは
休みの日に音楽室のピアノを引くことだとメールをよこして来たし
二人はギターも適当にやっているらしい。
音楽が気分転換っていうのは、よいことだと思うわ。

可哀想なのは何も習わせてもらえなかった三男。
彼がどうしてもやりたいと言った空手と、生活上必要になると思われる水泳以外は
何も習い事をさせてやらなかったのを、ホントに悔やんでおります。
ごめんよ、三男。

ツレアイは小さい頃バイオリンを習っていたそうで
ホントは私もバイオリンをやらせたかったのだが
あれって、近所迷惑もいいとこなんだよね、へたくそが弾くと。
騒音が音楽になるまでの期間が待てなくて、ピアノになったわけなんだけど(笑)


どこかの子の弾くピアノ、今日はベートーベンのトルコ行進曲でした。
もう少し上手になってくれると、なんという曲家の識別も早くできるんですけどね(笑)
積み重ねが大事だよ、毎日頑張っておくれ、と思う夕暮れ時なんでありました。

【2004/03/24 00:07】 | 未分類 |
メルはまだマシだったの。
だって緒戦だもの、こういうスタートだってあるわよと言えた。
だけど2戦目は笑っていられない。
マジ、落ちこんでます。どよーん・・・

エンジン積み替え組も明暗分けてしまったけど
最後列スタートでポイントもぎ取るアロンソってやっぱりすごいのかなと思う。
エンジンの差だけじゃないよね。
個人的にトッドだとかハミーだとかのおぢ可愛い系
(ワタクシ的に、です。異論反論却下します)は気になるので、
ミヒャ兄が勝つのをまったく拒絶しているワケではないのだが
やっぱり愛しいマクチームが沈んでいるのはツライ。
来季、もんちがやってきて、チームを立てなおすってのではなく
今年、キミに頑張って欲しいのよ(切実)
アングリーマン・キミ、ディスアポインティッド・ロンだってさ
おちょくってるのかよ、スタースポーツ。

それにしても、低めポイントをコツコツ貯めていくデビさんって
もしかしたら侮れない存在なの?(笑)

さりげに書いておきますか、なんかシャクにさわるけど。
1.M・シューマッハ
2.ファン・P・モントーヤ
3.J・バトン(おめでとう♪)

そういやどこかで、マクとあとひとチーム(ウィリーだっけ?)
プレカンのときはスーツを着替えると言う話を読んだんだけど
(肩のところにあるスポンサーロゴをカメラに写るように前に持って来るため)
今日、シャンパン責めにあったバトンくんは着替えたんでしょうか?
替えてないとしたら、ものすごーく酒くさいプレカンだったろうね。
でもまあ、シーズン前、ミカに酷評された悔しさをバネに(笑)
よくポディウムに上がってくれました。
あれだけ誉められたキミが全然浮上しないのにね。
っていうかあれか、ミカって予想も外すのが得意なのか(-_-;)


☆顔
相変わらず、お肌の調子がよろしくございません。
むくみは、単に太っただけかもしれないと思われるが(・・・ダメじゃん)
肌荒れが治らない。
で、某コーセーの「繰り返す乾燥肌に」ってのをワトソンで見つけて試してみたら
ぎゃびーん、サイアク・・
肌荒れにプラスして顔が痒いのなんの、おまけにブツブツまでできてるし。
せっかく1ボックス5枚入り買ったのになあ、
残り4枚無駄になりそう。。。どうしてくれようか。
この手のパックって、どうして5枚入りが多いのかしらね
1枚入りのお試し仕様はないのかなあ。

そういや2年前だったか
マカオの某高級ホテルで、普段なら絶対やらないフェイシャルエステをやったときも、
ひどいダメージ受けたんだった。
あのときは顔が治るのに一夏かかってしまったもの。
真夏だというのに、日焼け止めもファンデも受けつけない顔になってしまって
いやはやひどい目にあいました。
ってことはあれなんだな、
肌が荒れたときは、何もするなってことなんだな、私の場合。
なんかそれってすごーく辛いものがあるんですけどぉ。


今日は朝から見送りと出迎えに行くというツレアイを乗せて空港へ行った後
ひさしぶりにゆっくり寝なおした。
余計な音と振動のない世界は、眠りの誘惑に満ちている。
あー、またもう既に眠いし(笑)
え?指輪ですか?はいな、相変わらずハマっておりますともさ。
ちょっと道を違えている気もしますが(謎笑)どこまで続くこの迷い道よ。

【2004/03/21 22:00】 | 未分類 |
今日は前回すっぽかされたガラス窓の交換と、デリバリーのはずの日だった。
ガラス交換は9:30
デリバリーはたいてい我が家の場合11:00前後

そこで、お友達と13:00に待ち合わせることを決めて
わたしは午前中は家で音に耐えることにしていたのだ。

音がうるさいって言ったって、どの程度のもんやねん、と思われたアナタ
一度マジに我が家にご招待したいものだわ。
昨日、午後から一緒に出かける予定のお友達が早めに我が家にやってきて
1時間と我慢できなかったんだから、なにせお互いに話もできないしね。

だからデリバリーだの交換だの、人が出入りすることになると
玄関のベルも聞き逃してしまいそうになるので
そのあたりの時間は、緊張を強いられるわけ。
待つ時間の幅が広いってのはものすごく嫌なんだよね。

で。

結局ガラスはまたすっぽかされる、デリバリーは12:45まで待ったけど連絡もナシ。
私は気分ワルーのまま出かけることにした。
フラットをでたところで運良くミニバスキャッチに成功。
待ち合わせの場所までタクシーでも15ドル(220円くらい)なんだけど
ミニバスだと5ドルだもんね、なんか得した気分になるじゃない。

お友達と一緒に銅鑼湾のカヤという韓国料理屋さんでお昼を食べて
(石焼ビビンバと野菜・キムチ・卵焼き・スープの小皿、プラスコーヒーで68ドル)
バスでセントラルへ。

中環、英語名のセントラルは
シティとボンドストリートとソーホーを一緒にしたようなところで
ものすごく気取った店の並ぶビルの横道に入ると、小さな屋台のような店が軒を並べていたり
狭い地域なのに面白い場所がたくさん有るんだけど、あまり深入りしたことはないのよね。
せいぜい食事に来るくらいかな。
お昼休みドキをちょっと過ぎていたけれど、ビジネスマン風の人達が沢山歩いていて
通りを歩く人たちの人種は雑多だし、
さすが国際都市を名乗るだけある、ここだけは(笑)と思ってしまうのでありました。

そして、どっか(場所を私に聞かないように(笑)の階段を上って
小さな店の並ぶ通りで、お友達の服のボタンを買い、
HMVに降りてきてあれこれCDだのDVDだのの品定めをし、
バスで帰ってまいりました。
二人してバス停間違えたり、ちょこちょこと失敗はあったんだけどね(笑)
本日の獲物はF1レーシングと「必殺」のDVD@20ドル


フラットに戻ったら、入り口で待ち構えていたミスタータンに掴まった。
ガラスの交換に行ったら誰もいなかったという。
ちょっと待て。
木曜日の午前中9:30と言ったのはキミだろうが、ミスタータンよ。
と一応言い返してみたが、こういうのは水掛け論だものね。
「おーらいおーらい、で、次はいつよ」と聞くと
「明日の午後、2:30」という。
「Are you sure?」と皮肉を言ったつもりだが、受けとめてくれただろうか、ミスタータン。

さすがに半日歩き回ると疲れてしまったが、日本からのモロモロの連絡事項多数。
そのあとデリバリーに電話してみると
1時に行ったのに誰もいなかったから配達はしなかったとのこと。
ほんとかよ、マジで1時だったの?事前連絡もなかったけど・・・
と思いつつ、再配達を土曜日に依頼する。
まあ、水とかワインとか、すぐ悪くなるものじゃないからいつでも良いんだけどさ。
そのヘンを処理してパソ立ち上げて、またまた大問題(ちょっと言えない(笑)をめっけて
そっちの連絡に時間をとられ、
そうこうしているうちに7時をまわってしまって、
さすがにお腹も空いてきたしな、と台所へ入ったらアナタ、床が水浸しなんよ・・(;_;)
「・・・・なにこれ・・・」

水の出所を探す。
我が家のパイプからではなく窓から漏れてることを確認して
マネージメントオフィスに電話する。
オフィスは夜の担当者に変わっていて、英語が堪能な人は既にいなかったが
部屋の番号をいうとすぐ見に来てくれて一言、
「あいやー」
・・・あいやーはこっちの台詞だよ全くもう!!
いったい私が何をしたってのさ、とか不貞腐れたくもなりますわよ、奥さま。
なんでここまでいろいろトラブル抱えこまなくちゃならないんですか、私が!!
・・・すみません、空腹時はいらつくんです、この人は。

結局、上の階の外側のパイプを工事人が傷つけて
水が流れた拍子にパイプが割れたらしい
そして、うちの窓から隙間を伝ってずっと流れこんでたってわけ・・・ふぅ。


家にいられないから外に出て、適当に気分転換できるから
私はヒキコモリが解消できて、良いかなと思うんだけど
出かけるとかなりの高確率で家にトラブルが発生してるっていう状態は
はてさて、良いんだか悪いんだか・・・ねぇ?


ところで今日一緒に出かけたお友達(私より一回り以上年下のヒトヅマさん)に
「りーさん≪みたいな人≫とは、日本だったら絶対に知り合ってなかったと思うわ」
と言われたんですけどぉ・・・
これってどういう意味なんでしょうか?
セントラルの電停に白バイの横に立っていた警官を見つけて
その足の長さから、彼がセイヨウジンであることを見ぬいた私の慧眼を
誉めていただいているのでしょうか?
それともトラムのizzue広告を見て、オダギリのあとの、
今年のモデルが誰かを気にする私って、そんなにヘンでしょうか?
ねー、普通よね、そんなの。


☆本日のビックリ
HMVにてSEEを買おうかどうしようか迷いつつ
結局買わずに帰ったのだが(だって両方で700ドルちかくするんですもん)
700ドル(1万円超)だから迷ってるっていうメールを出したら
即座に「安い!」のお返事があの方から。
すでにあちらは三万円以上つぎ込んでいらっしゃるのだと
で、全く後悔していらっしゃらないのだと・・・
おそるべし、指輪。マイプレシャス、マイロード(笑)

【2004/03/18 23:24】 | 未分類 |
題名考えてたら、2時間経過してしまった(嘘)
書くことも無いから、ま、今日はやめとこか、が脳裏をチラと掠めましたが・・・
でもまあ、折角開いたんだから書いておこう、今日の日記。


☆工事・工事・工事
相変わらずでございますのよ、奥さま。
もうほんっっとにすごい音なんですから。
今週はね、特にうちの西側の壁側のタイルはがしで、騒音に加えて振動もひどいんですの。

だがね、この音っつうのは慣れるものではあるのですな。
本なんかに集中すると、ふっと気にならなくなる瞬間もあるんですもん。
かえって、ヘッドフォンで音楽聞こうとかするとダメ。
外部から聞こえる音が気になって音楽のほうが聞こえないのだ。
要は、耳以外の部位に集中力を持ってくればいいってことなのかしら。
なんつーことを発見しつつ、午前中を耐え忍ぶワタシなのであった。


☆クーラー
私は暑さと湿気に滅法弱い。
日本じゃ電気代というブレーキがかかるから、何とか節約心(笑)も働くが
こっちの暑さは突然やってきて、それも耐えられないくらい蒸し暑くなる。
おまけに窓が開けられない状態だしね、
暑さまで我慢してたら、おかしくなりそうよ、ワタシ。
その日の到来が今年はちょっと遅めな気もするが、準備しておくに越したことは無いと
本日ヒーターからクーラーへチェンジした。
うちは、ちょっとエアコンの仕組みが複雑なので、
専門の業者に頼まなければならないのがちと面倒。
10時から12時までに来るということだったので、
のんびり掃除してたら、彼ら、9時半前にやってきた。
香港で時間差攻撃くらったのは初めてさ、ははは・・

30分ほどで切り替え終了、
一応「これ(切り替えのこと)私には出来ないかしら?」とたずねてみたら
「ノー、インポッシブル」と言下に否定された。
ちっ、ちょっと聞いてみただけだよ。
年に2回の手数料を惜しんだわけじゃないもんね
・・・といいつつ一応インボイスはオーナーへ送るように頼む。
あっちがダメだと言ったらその時払えばいいか、なんてね(笑)

30分位したらクーラーが効いてくるよ、と工事のおにーさんは言い置いて
設定温度を偉く低めにして出ていった。
が、今日の温度はは20度だよ。
即座にエアコンのスイッチは切りましたわ。
いくら私でも、まだクーラー効かせるほど暑くはござんせん。
ツレアイはまだ毛布被って寝てるってのにさ。


ドリルの人々はきっちり1時間、12時からお昼の休憩に入る。
騒音が消えると、あらあ、世間ってこんなに静かだったのかしらと
感激のあまり涙さえ出そうなほどホッとする。
おし、今日は耳栓を買いに行こう!
どうせ、掃除機の紙パックもなくなってたし、と午後の予定をちゃちゃっと決め
顔をぱっぱっと造って(爆)太古城へ。

ついでに、ず~~~っと前に送りますの約束をしていたブツを送って
(ああ、ごめんなさい、忘れてたわけじゃないの、ホントに指輪のセイなのよ(殴)
フラフラとユニーの中を歩き回り、水とか洗剤とか、結構買っちゃった。
デリバリーのミニマムチャージが400ドル(6000円くらい)なんだけど
軽くオーバーしちゃったよ、何を買ったというんでしょ。
帰り道、高速に入ったらひどい渋滞。
まあ急いでるわけじゃないから別にいいかとCDの音量を目いっぱい上げて列に加わった。
今日はIFCタワーも霞んで見えました。
そろそろ本格的な湿気の到来かしらん?
帰りついたら、兆度ドリルが終了する時間だった、ラッキー。
でも肝心の耳栓を買うのをわすれちまいました、何しに行ったんだか・・・


☆しつこく指輪ネタなど
指輪の道に私を引きずり落とした某姉は、認定証もののボロミストなんであるが
本日は、そのボロミア中心に仲間の鑑賞@3度目
ボロミアを見なくては、見なくては、と働く理性を押しのけるかのように
画面に長髪のぱつきんがちらりと映れば
そちらを無意識に追いかけようとする本能との戦いでございました。
疲れた(笑)
しかし、そのカイあってなんとか角笛も確認しましたぞ(蹴)
でも銀のなんたらって何だっけ?

それにしても某姉さんと私の好みの傾向はピッタリ合うのに
個々の好みが異なるのは何ゆえでありましょうか?
同じモノを見ているのに視線の対象はいつも違うわね、ワタシたち
いつか重なることがあるのかしらん(笑)


☆私信など(・・・メール出せよ(-。-))
銀英伝本編10冊は今回荷物が多過ぎて持っていけそうに有りません、
またいつかということで>Mさま
マレの某くんにはメール出しました。今週中に宿決定予定、その後連絡します>Eちゃん
外伝は、近いうちに、返送します、たぶん、おそらく、3月中?>Pさま


ところで、サクラはどうしたんだというお叱りのメールが来たんですが
なんか、えへっ、尻切れトンボ。
ま、ここらへんがワタシらしいっつーことで、許してちょうだいませ。
だってあんまり沢山ありすぎるしぃ、好きな花じゃないしぃ、てへへっ(と逃げる)

【2004/03/16 21:50】 | 未分類 |
相変わらず指輪の魔力から逃れられずにあがく毎日、夢にまで出てきそうです、マイプレシャス
あ、でも出てきてくれるなら対象を選びたいのだが(笑)


ところで、日本ならほとんどの家に備えてあるシャワートイレなんだが
香港での普及率は大変低い(と思われる)
つか、日本以外のどこであれだけ普及しているのだろうか?
海外では、ほとんどみかけませんよね?
お湯とか角度とかの戦いだったんだよな、思い出しますわ、プロジェクトX(BGM 地上の星)


2年前、水回りの悪環境に堪えかねた私のぶち切れに恐れおののいたのか
うちのオーナーさんがトイレだけは変えてもよいと言ってくれた。
ひどかったんだから~、それまで。

で、その時ダメもとで頼んでみたシャワートイレについても、一つならおっけ-が出て
(一応こちらの住宅の標準で、フラットには二つバスルームがある
 うちはメイドルームをいれると3つあるけど、3つ目はほとんど使ってない)
で、我が家にはあるのです、シャワートイレ。
プロジェクトXには申し訳無いけど、
香港で工事までやってくれるのは某イナックスさんだけなので
うちはそちらにお願いすることにした。

シャワートイレそのものの設置よりも、環境を整えるほうが大変なんだそうで
電圧100V対応のため、変圧器を取り付け、
水は上水(こちらで言うフレッシュウォーター)を使用するために
水道からパイプを引かねばならない
(トイレの水は、フラッシュウォーターと言って、飲料水ではないからね)
まあ、約半日の工事を経て、我が家にシャワートイレはやってきたのだった。

それから2年間、トイレそのものはちゃんと作動してくれるんだけど
設置して1年後くらいから
タンクへのフラッシュウォーターの溜まり具合が非常に遅くなってきた
でもどう考えても、トイレの性能のせいでは無いし
うちのパイプが古いから、サビでも詰まったのかなと思い
(実際、金網を取り付けてある台所の水道には、サビが溜まる)
まあ使えないわけではないからとそのままにしておいたのだ。

先週金曜日、今年はゲストバスルームの改装をしてもいいよ、との許可が出て
やってきた見積もりの人が2年前のトイレの工事の人だった。
水回りの改装一般を引き受けているのだと言う。
それで、見積もりを取ってもらったついでに、トイレの水の溜まりが悪い、と言ってみたところ
では見て見ましょうということになり、それから延々2時間あまり。
フラットのフラッシュウォーターを止めることまでやって
結局水パイプから出てきたのが工事に使うテープの塊。

これが原因でうちのトイレはずっと水の出が悪かったのだよ。
ったく誰だ?こんないいかげんなことやったんは・・・・(たぶん上の階の工事人だ)

というわけで、1年近く不便を強いられた水生活が、金曜日からウソのように快適に。
いや、嬉しいっす。
シャワートイレにしたいな、と言ってたpちゃん。
何事もアフターサービスは肝心よ、とここでちらっと宣伝などしてみたり(笑)


今日は、午後ツレアイと散歩がてら、たらたら歩いて繁華街へ。
なんだか年がら年中セールしてるようなスポーツショップで念願のテニスシューズ購入。
ずっと息子のお下がりを使っていたんだが、微妙にサイズが大きかったのよね、うれしいわ
ホントはラケットとか、着替えとかも入れられる大きなバッグも欲しかったんだけど
今回は見送り、そんなに急に揃えるのもなんだかなーだもんね。
でも週に1度とはいえ、継続はチカラなり。
ちょこっとは足も動くようになってきたんだよん。
次回のスポーツデーはおニューのシューズだい♪

この時期だからまだ歩けるけど、もう少ししたらもう暑くてダメだよね
そろそろ熟年夫婦なんだからさ、なにか運動考えないと。
つかあっちは毎日結構歩いてるもんね、問題は私か・・・(^^;


それにしても、音のしない日曜日は、名実ともに安息日
起きたら昼近く、でもって優雅に夕寝などしたにもかかわらず、もう眠たい私のカラダ。
一体どうなってんの???

【2004/03/14 22:50】 | 未分類 |
某所にて、育児に疲れてしまって、
子どもを連れてフラットの窓から飛び降りたくなるという書き込みを読んだ。
そういう投書に対して、心無い書きこみもちょっと有るけれど
わかるという人の意見が多数、そうよね、ここは海外だもんね。


私もよくわかる、一人目の子育てはホントに大変だった。
かれこれ20年以上前になるけれど、
長男を里帰りして出産して、関東に戻ってきたときの大変さは、今でも忘れない。
友達に頼まれて、郊外の戸建ての家に住んでいたせいで、近所に同世代の人を知らず
出産直前まで働いていたので、ご近所との付合いはほとんどなかった。

私は子どもと二人っきりでずっと一日をすごしていた。
長男がまた、神経質な子で、新聞紙をめくる音でも反応して目を覚ます、
夜は1時間おきに目を覚まして泣く、かといって昼間集中して寝る子でもない。
たぶん、寝る時間のなかったことが、
疲れきっていた一番の原因だったろうと今なら思うが、当時はそんな余裕すらなかった。

育児書を読んでも、寝ずに泣くばかりの子をどうしたらよいかなんて書いて無いし
一人目の子ゆえに、泣かせたくない私は一日中抱っこしてばかりで何にもできない
そういう事情をよくわからないオットは会社の帰りも遅いし
帰ってきても何をやってくれるわけでもない。
今のように電話代も安くなかったから、実家に頻繁に電話もかけられないで
私は八方塞がり的気分で毎日すごしていたっけ。

そんな日がずっと続いたある日、
なにをやっても泣きやまない長男に、途方に暮れてしまった私は電話をかけたのだった。
それがエンゼル110番、
たしかミルクメーカーの森永がスポンサーで
育児の悩みやらなにやらを困ったときにはどうぞ、
みたいなスタンスで、産院を退院するときにもらった番号だったと思う。

今思うと、どうしてあれほど追い詰められてた気分になっていたのか
ちょっと不思議な気もするが、
私は受話器を通して流れてくる優しげな女性の声をきいて
話半ばで泣きだしてしまったのだった。

あの時、もしも電話しなかったら、私はどうなっていたのだろうか。
実家が近いとか、そうでなくても学生時代の友達でもいるとか
あるいは近所の人を頼ることができるとか
そういう環境にいない人間だっているのだ。
まして海外での一人目の出産・子育ては
人によっては本当に大変なことだろうと察するに余りあるものがある。

今は昔と違ってオットだって子育てに参加するのが当たり前っぽくなっているから
(うちは違いましたよー、マジでな~んにもしない人だったし、
 そういうのって当時は当たり前だったんだから)
できるだけオットくんの協力を仰いで、
この、短いけれど大変な時期を乗り越えて欲しいと思わずにはいられない。


ちなみに、その後隣のおばさんと仲良くなった私は
ちょこちょこ子どもを見てもらえるようになり、ものすごーくラクになった。
そのうち子どもを散歩させたりして、
同じくらいの月例の赤ちゃん持ちの人とも知り合いになったし。
だから、本当に大変だったのは、ホンの数ヶ月だったんだけど
あの頃はそれが永遠に続くような気がしたのよね。

とにかくおかあさんの気分転換ができる環境にないと
一人目の子育てって本当にたいへん・・・
掲示板のママも、早く気持ちをラクにしてくれるといいんだけど。


私はそれから、小さい子を抱えて2度海外に出たけれど
意識して知り合いを多くするようにした。
親や親戚と離れた海外で、頼りになるのは亭主より友人だもの(あ、我が家の場合ですがね)
子どもを丸ごと預け預けられるくらいの親しい友人ができると
生活はグッと楽しくラクになりますもん。
さすがに今回は子どもも大きくなったんで、
周囲に日本人が多かろうが少なかろうが、気にせずにすんだけどね。
案外日本人が回りにいない、今の環境の方が、私は暮し易かったりするんだが(笑)

エンゼル110番、検索したら、今でもあるらしい。
これだけネットが便利な世の中だから、もうとっくに無くなったかと思っていた。
あの頃の私のように、気持ちが楽になって救われる人が一人でもいると嬉しいな。


今週は、ネットで知り合ったお友達がとうとう帰国してしまった。
あまりにさりげなく別れてしまったんで、またすぐ会えるような気がするけどね。
彼女のおかげで美味しいものを沢山食べに行けたよなあ。
また次回の例会には、どうぞ日本から参加してくださいね、なんてね。

まあ、そんなこんながあったから日記も書けなかったのよ、と言いたいけど
一番の原因は指輪なのだ。
指輪が私をダメにしている・・・そうよ、指輪のせいよ・・・きっとそうよ。

てなわけで、またレゴラスに射抜かれに行かなくちゃ。
ほんと、よくできた映画だこと、
ラスサムがアカデミー取れなかったわけだよな、とつぶやいているこの頃です。

【2004/03/13 22:31】 | 未分類 |
今年はいつになく乾季が長い。
いつもだと湿度の高い季節に入るはずなのに、温度も湿度も3月に入ってもまだ低い。
低いのはよろしいのだが、
きっちりマイアレルギーはやってきて、体調悪いです、ここんとこずっと。

まあ、悪い体調は更年期のせいにするとして(-_-;)
昨日は、メル帰りのF1友と楽しい12時間を過ごしたんで、その話をちらっと。

☆それは電話で始まった
メルボルン発の飛行機の到着が多少遅れていたせいもあるのだが
まあ、待てど暮せど出て来ない・・・
トランジットだから荷物で引っかかるワケは無いしと思っていたら電話が鳴った
「ダマッタとパニスを追っかけてるの、もちょっと待ってて」
・・・・・なに?追っかけてる?ってことは同じエアだったわけ??

待つことしばし、ようやく出口に現れた二人は興奮しまくり。
ダマッタ達が座ってたシートに触ってきちゃっただの
おっかけて人目がなくなったとこで写真とって握手してきただの、
ダマッタの髪がふわふわで可愛かった、
オリビエがダマッタをファーストネームで呼んでた、
きゃいきゃいと騒ぎまくって、12時間のトランジットは始まった。
お付きもつけずに二人は香港で放り出されて、どうしたんだろうと思ってたら、
今日わかりました、
二人はトランジットで香港で降りて、上海に向ったらしいです。
http://www.asahi.com/sports/update/0309/123.html
あのあと、なんとか無事に乗り換えに成功した模様、よかったね♪

☆引率する人される人
りーさんは、香港在住丸3年になります。
Dさんは香港訪問回数四回、Mさんは今回が初めての来港
で、普通だったら、引率者はりーさんになるはず、なのだが
ここで思い出して欲しい、
くりかえし述べているようにりーの方向音痴は半端なものじゃないのだ。
Mさん@香港初体験組と同列の知識しかないことを
Dさんが察知するのにそんなに時間はかからなかったみたいだった。
だってさー、チムのDFSって迷路みたいじゃん
あそこの2階から降りる方法がわからないってそんなに問題ですか?
・・・問題かしら?そうかしら?

ところでDFSの時計売り場
オメガの時計コーナーに魅入るマダム3人にお店のおねーさんが寄ってきます。
「これが、こちらのモデルですよー、日本より安いですよー」
時計?ああ、そういえば時計も陳列してあるわね。
「いや、時計の後ろのが欲しいんだけど・・」
時計の後ろにはにっこり微笑むミヒャ兄ちゃんがいるのでした。
かとおもうと、タグホイヤーのF1モデルをみて
そこにあるキミパネルをなんとか持って帰れないかと
接続部分を確認する3人・・・・まったく怪しいオバさん部隊です。

とにかく、こいつはあてにならない、とはっきり見切りを付けられた私は
それから堂々と引率される人になりきり
Dさんに向って
「○○に行きたいんですけど、このビルの中に入ると、わかんないんですよねー」
Dさん「外側回って行きましょう。そっちが確実だから」
りー「あ、そうか、そうすればいいのかぁ(おい)」
以後万事この調子で
彼女がピークやら、レストランやらに連れていってくれました、ありがとです(ぺこり)

☆笑いっぱなしの旅は続く
スターフェリーに乗ろうと乗場に行ったら、なにやら大きな船が停泊してる。
なにこれ?きれいね、と写真を撮っていたら、これがQE2でした。
なんかラッキー♪
なかなか見られるもんじゃないし。

で、アドミラリティのレストランで食事をして、
そこからDさんの案内によって、ピーク行きのトラムに乗ってピークで夜景見物
下りは15番のバスに乗ることに。

乗った人はご存知だと思うが、このバスはかなりスリリング。
観光客なんで、お約束通り二階席の一番前に陣取って
「某A嬢も、このバスはおもしろかったって誉めてたよ」
と一応警告を発しておく、と、すかさず手すりを握るMさん。
某A嬢はめったなことが無いと、面白がってくれないからね(笑)

それにしても、F1帰りの人達の会話は一味違います。
「このおじさん(バスドライバーのことです)下りでアクセル踏んでないか?」
「ストップアンドゴーやな」
「わー、いきなり対向車のライトは怖い」
「オールージュ登ったら対向車に出くわした気がする」
「あ、逆バンク!」
「ここでアンダー出たらアウトだな」
「あ、バージボードが壊れた」(キャスターつきの袋が壊れてしまったので)
「GAはもろいからなー」
顔を合わせてもまんまネットの会話の私たちって・・・

まあ、とにかく深夜まで笑い転げて、25時、お別れしました。
なんとかお二人とも無事に日本にたどり付いた模様。。よかったよかった。


さて、今日の火鍋のことまで書こうと思ったけど、ちょっと長くなり過ぎました。
続きはまた明日にでも、それではおやすみなさい。

【2004/03/10 00:06】 | 未分類 |
思えば生まれる前からトラブルくっつけてきた子だったのだ。
神奈川の某大学付属病院に最初に検診に行ったときに受けたガン検診で
異形細胞が発見されてしまい
思いやりのない看護婦の
「じゃあ、これ(妊娠のこと)継続かどうかはまだわかんないですね」
あのときのショックは今でも鮮明に記憶している。

ガンの疑いは晴れないままではあったが、なんとか無事に生まれた三男
元気の良い(良過ぎるとも言う)兄二人に押され気味で
普通は手のつけられないわがままになりがちな三男のはずなのに
おとなしく手のかからない、いわゆる女の子のような子だった。

そうこうするうちにイギリスへ転勤するし
転勤早々のイソガシさに加えて上二人の学校は始まるし
たいしてかまってやらないまま、
手のかからないのをよいことにほったらかしだったのに、
おとなしくしてくれていて、ほんとに育てやすい子でよかったと思っていたのだった。

次男は日本で受けた耳の手術のあとを見てもらうため、
GPからハーレーストリートの医者を紹介してもらい
定期的に検診を受けていたのだが
次男が7歳、三男がもうすぐ5歳になるときにその医者が
「もしよければ、三男くんの聴力検査をしてあげよう」という。
それはまあご丁寧にと思って、次男のついでにしてもらったら、
あらま、なんということか
三男の聴力はほとんどなかったのだった。。。


呼びかければ応えるし、そこそこ兄弟や友達とも遊んでいたし
テレビを間近で見ることもそんなに無かった気がするし
私は三男の耳が聞こえないなんて、小指の先ほども疑ったことはなかったのだ。
・・・・母親失格です・・・・
医者は表情からそれとなく三男の異常を察していたのだと思う。
そう言われれば、三男も以前の次男と同じく、いびきがひどくて、
寝ているときの呼吸も時々止まったことがあったかもしれない。
ああ、そうだ、学校の先生に、呼びかければ返事をするが
皆に話をするときは、三男は自分のことだと思ってないようだから
個別に名前を呼ばずとも、先生の動きに注目するようにと言ってくれと言われていたっけな。
そうそう、友達との接触のし方が、個々に過ぎるきらいがあるし
一人遊びが苦にならない子だとはずっと思っていたのだった・・・

もう後悔後悔ばかりだったが
とにかく早急に耳と喉の手術をお願いすることにした。
手術をしたのは彼が5歳のときだった。

言語習得の際には、該当年齢と言うのが非常に大事なのは今や定説になっている。
一番言語を習得すべき年齢時、耳の聞こえない時期を送った三男は
言葉の何たるかをもたないまま、日本に戻ってきたのだった。
英語は中途半端、日本語は会話程度、
それ以上の学習のための日本語がまったく身につかないのだ。


今思うと、三男に欠けていたものは言語能力だけではなかったのかもしれない
小学校・中学校を通じて、普通と異常のボーダーをさまよっていた子を
一番ダメにしていたのは、私の過保護かもしれないと
この一年、彼を見ていてつくづくそう思ったことだった。
どうせこの子には無理だと決めつけて塾にも行かせていなかった。
まともに高校生活を送ることができそうにもない、と勝手に思いこんでいたし。
大学に一浪があるのだから、一年手元において、
ゆっくり高校の準備をして、来年受験させようかと真剣に考えていたのだが
去年の春、ふとしたことで行き始めた塾の先生のおかげで
人並みに受験して、今年なんとか高校に入ることができた。
劣っているとばかり思っていた彼の能力も、
鍛えれば、もっと伸びるかもしれないという甘い期待も持てるようになった。

友達と香港の街をうろつく楽しさを覚えて、
ちょっと小生意気な口もきくようになって、なんだか普通の15歳になってきた彼は
今日、日本へ立ちました。


次男を某国へ送り出すときは半分ホッとしたし
長男を日本に残して来たときは、高校まで一緒に暮したんだから
もう独立して当然という気持ちがあったのだが
三男と離れるのは、本音を言うとかなり淋しい。
勉強ができないぶん、ものすごく気持ちのやさしい子で
なんだかいつまでもそばにいてくれるような錯覚さえ起こしかけていたものだから
ゲートをくぐる彼を見送る再に、さすがに涙が出てしまった。

というわけで、今日は私の区切りの日だった。
明日からは、ツレアイとの二人暮しが始まる。
いわゆるひとつの老後生活予行演習ですな(笑)
春休みになると次男が帰ってくるけれど、
やっぱり私にとっては、今日が子ども達が私の手元から巣立った日。
これからはある意味、対等な気持ちを持って接していかないと
今度は私がバカにされるかもね。


あー、そういえば今日はオーストラリアGPとかあったみたいです。
なんか、フェラーリが1-2 アロンソが3位だったみたいです・・・っきしょ~~~!
・・・・・・・・・・テレビをつけたら、マッサに抜かれたキミが
エンジンブローでリタイアしたとこだったのよ。
ったくもう!
キミってば、ウソのつけない性格なんだからー(号泣)

ええ、そう言うワケで、涙なみだの日曜でしたさ。
明日から上昇してくださいね、私の運勢(神サマよろしく♪)

【2004/03/07 22:10】 | 未分類 |
去年の今日、どんな事を考えていたか
書きとめていると結構思い出すものですね。

ツレアイには、もう誕生日じゃなくて命日を考えなくてはと言われるけど
やっぱりこの日は忘れられない、しょうがないよね。
明日は、楽しい話題を考えておきます。


-いにしえの 奈良の都の八重桜 けふここのへに 匂ひぬるかな- 伊勢大輔

【2004/03/03 00:50】 | 未分類 |
ラストサムライのワンシーン、
見事に桜の咲き誇る下で、
勝元がオールグレンに武士道の何たるかを語るシーンがありましたが
日本人は桜が好きですよね。
桜のほころびに一喜一憂する季節が、今年も巡ってまいりました。
週始めが一日とは、なんとなくキリの良い3月の開始です、みなさまお元気?


今週一週間はショーファーなんで、朝からバタバタと忙しい。
月曜日はとくに渋滞気味の道路、危うく息子を遅刻させるとこだったよ、あぶねー。
明日からはもう少し余裕を見て家を出なくては・・・

で、帰宅したらば、お友達から電話が。
「ジョニー、出てるよ」
そうなのよ、私も帰って家事しつつ、テレビつけたとこだったのよ~。
きゃあ、ジョニー・デップがアカデミーアワードの赤じゅうたんでインタビュー受けてるし♪
慌てて、テレビの前に鎮座ましますワタクシ。
・・・なんだけど工事音でイマイチ何を言ってるかわかんないとこが多し
いや、それ以前に英語がわからないというのはもちろんあるが。
先日、パイレーツオブカリビアン見て、ジョニーっていいじゃんと思って以来
ずっと素顔を見たいと騒いでいたのだ(笑)
よかったわ、ちゃんとタキシードの彼が見られて。
ありがとねん、某mさん、なんか繊細そうなしゃべり方もステキでした♪

それにしても、華やかですね、アカデミー賞。
某オダギリがカンヌに行った時のビデオも見たんだけど
やっぱり規模の大きさといい華やかさといい、ケタ違いだわ。
好みがどっちかは別にして。
これがヨーロッパとアメリカの差なんだろうね。

会場に並ぶ人々も見た顔だらけ。
結構お年を召した方の中に、懐かしい顔がいっぱいあるし・・・

今回、ノミネートに終わってしまったけれど、
日本からはるばる遠征してったお三方。
生中継見てて、あれはノミネートされるってこと自体が快挙なんだなと思いましたことです。
他の候補者と比べてもケン・ワタナベは全然見劣りしてなかったですよ。
サイト巡っててわかったんだけど(今更だけどさ(^^;)
アカデミーってアメリカのいろんな賞のオオトリなのね。
だからおおまかな予測はつけられるみたい。
たそがれ清兵衛は、ノミネートされただけでも大健闘だったかと。

渡辺謙さんの次作もまたハリウッドだそうだし、
真田広之さんはすでに中国で撮影に入ってるっぽいし
(無極、という題名で、ニコラス・ツェーとかセシリア・チャンなどと共演らしい)
国際スターのお二人と、山田監督には心から、拍手を送りたいと思います。

結果はロードオブザリングスの一人勝ちっぽい印象は受けたけれど
弱い弱いと言われていたファンタジーものが受け入れられた土壌には
世界的にヒットしたっていう事実があることは確かだし
ファンタジーものでも評価されるという雰囲気が整ったのも確か。
さて、私も1度は見てみようかな・・・
(見たこと無いんです、ええ、全然、全くもって全然
 イライジャ・ウッドっていう人の顔と名前が本日ようやっと一致したという
 ・・・あはははは(^^;


週末は家にいるのがいやな息子とツレアイ、交互に、
しかもカギを持たずに出かけてくれて
私はしっかりお留守番さ、いいわよ、どうせ私はヒキコモリよ。
そういや、今日はトイレの水がしばらく止まっていた。
もう何があっても驚かないけど、なんか連絡あったっけかなあ(ボケボケ)

いつまで続けられるか、やってみようか。
本日の桜の歌
-世の中に絶えて桜のなかりせば、春の心はのどけからまし-  在原業平

【2004/03/01 18:50】 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。