上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しくしくしく。いまだショックから抜け出せてません。めそめそ。

私のロードファン歴は、ほぼ彼のプロ生活歴だと言ってもいいわけで、そんな彼に引退されてしまって、実は呆然状態だったりします。

TDFを本格的に見始めたのはロンドンから帰ってきた95年から。前年、セナが亡くなったこともあって、F1にちょっと嫌気がさしてきたのも手伝ってたのかもしれません。
95年はあのスペインのインデュラインがツールで最後に勝った年。そしてその翌年にドイツテレコムのリースが優勝するんですけど、そのアシストを勤めてたヤンを「わ、かわいい!」と思ったのが、本格的なロード観戦歴の始まりでした。ええ、わたくしはミーハーのカタマリですから。

翌97年、ヤンはレースの途中でアシストからエースへ昇格して(普通こんなことはありえません)、TDFで優勝してしまいます。が、思えばこれが彼が選手生活で唯一TDFで勝てた年だったのね。
東ドイツのスポーツ育成システムの最後の世代
ロード後進国だったドイツをトップレベルに押し上げた選手。
この人の時代が始まったと、誰もが確信したはずだったのに、どうして彼は万年二位@TDFに甘んじる選手で終わっちゃったんだろ・・・

とはいえ、オリンピックでもドイツに金メダルをもたらし、ヴエルタでも優勝し、世界選手権で勝って虹色ジャージを手にし、と彼の輝かしい戦績は枚挙に暇がありません。いくらアームストロングが強かったって言ったって、TDFだけのことじゃないか、ふん、だ!!(←ファンの暴言です、許したってください)
ただ、ツールで、もう一度だけ勝たせたかった、これは、彼のファンの共通の思いであったことは間違いないでしょう。

カイザーと呼ばれた人を、ドイツでもう一人知っていますが、その人は、ヤンのドーピング騒動について、罪が確定していないのに罪人扱いするメディアを批判していました。そのコメントで、一気にアナタの好感度アップしたわよシューさん。

ワタクシ、今回の引退の原因の一つは、絶対にメディアにあると確信しております。
特にドイツ!
あんたら、ヤンのおかげでドイツにロードが定着したのを忘れたんか!!(怒)
結局ドーピングで有罪は確定してないわけで、それどころか、最初から、実は関係なかったんじゃないかとか、このままうやむやになってしまうだけみたいな気配なんですが、ただの疑惑だけで、こんなすばらしい選手の選手生命を奪ってしまったわけですよっ、捜査当局!!
怒りと悲しみのもって行き所がない私は、いったいどうしたらいいのでしょう。。。

ちなみに彼は今後フォルクスでコンサルタントを勤めるそうです。後進の育成にあたるってことなのかしら。

振り返れば、去年のツール初日の前日から、私の中でのロードの時計は止まったまんま、な気がする。ああ、脱力状態。。。
スポンサーサイト

【2007/02/27 12:43】 | ロード トラックバック(0) |
やっぱり、会見は引退表明でした。
wikiにはすでに、引退したドイツのプロロードレーサーって書かれてた・・・こちら

なんて言ったらいいのか、言葉もありません。
彼にこういう現役の終わり方だけは、させたくなかったわ(涙)
000742.jpg


【2007/02/26 23:15】 | ロード トラックバック(0) |
只今休憩中です。働いてるからね~、ほんとなんだからっ←いかにも、だよなぁ(笑)

マイパソキミちゃん(・・ああ、名前を変えなくちゃならんだろな、もう・・・)は、明後日梱包されて、お船に乗ってしまうので、再会できる4月後半までは、オットが出張に使ってる2000年生まれのサードカーを走らせることになるわけです。


さっきまでそれが接続できるかどうか、あれこれやってました。なにせ走る回数が少ないサードカーだかんね。テストが肝心(笑)
速度に目をつぶれば ネットにはなんとか繋がる模様。
なのでホットメールは受け取れます、よかった、ホッ。
ここも、ヒマさえあれば更新できそうですわ、おほほ。

航空便枠と手荷物枠をあわせると135キロ。
これだけあれば、いろんなものがかなり運べるよね。
そんなにしゃかりきになって船便に間に合わせずとも・・・とか考え始めてる、諦めの悪いヤツ>ワタクシ

【2007/02/26 14:12】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
パッキングデーまであと3日、いよいよ秒読み態勢
・・・じゃないとまずいんだけど、どうにもこうにも気持ちが付いていきません。結局今日も、あっちこっちの引き出しをいじっただけで一日が終わってしまいました、く~っ。大丈夫なのか、ワタクシ。つか引っ越せるのか、我が家。

昨日は修羅場中の仕事方面で、終日立ち仕事やってたもんだから、帰宅したときには足がパンパン。あー、デパガにはなれんなぁ、っていうのは置いといて、今日もむくみは取れてない・・・気がする。こんなに太かったか?私のふくらはぎちゃん(笑)

先日受けた埃の洗礼のせいで、アルコールが入ると首の周りが赤く腫れて痒くなります。すっかりアレルギー体質。カラダの健康はもちろんですが、ひどいアレルギーが出るときって、たいてい心労が絡むんですよね、ワタクシの場合。原因はわかってるんだが、解決方法が見つからんのだよ。困ったことに。

ところで明日26日、ヤン・ウルリッヒ氏が会見を開くらしいです。引退発表でないことを心底祈っております、南無~。

【2007/02/25 22:54】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
めでたく豚年が明け、「毎日お忙しいでしょう?」と言われると曖昧に笑ってみるしかない昨今なわけですが、皆様お久しぶりでございます。

忙しいか暇かという二者選択なら、まあ、どっちかというと、という意味をこめて忙しいのほうに○をつけることができますが、引越しなんて、どうせ業者任せだい、と腹をくくってしまうことができれば、そりゃーアナタ、たいした作業は必要ないのでありますよ。すべてあっちに持っていきゃあよろしいの。

けどそれは、やっぱ引越し慣れしてるはずの主婦としてどうよ、という美意識(・・・ビイシキ??)がかろうじて邪魔をしてくれるから、引き出しオープン作業に追われるわけで。

ま、そんなこんなの昨今です。

実は3月半ばまで働く職場のほうの仕事で、テンパってたりします。職場は年度末で、修羅場突入です。昨日は一日詰めて、いろんな整理整頓作業をやって ほこりをたーっぷり吸入したおかげで、久しぶりに蕁麻疹が出まくって、夜中 痒さで目が覚めました。
抗ヒスタミン飲んだはいいが、ぼーっとして仕事になりませぬ・・・←あははっ もちろん言い訳さっ

【2007/02/23 11:52】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
金曜日
仕事のあと、買出しに行くべく、明治屋へGO!
なにせ、土曜日が大晦日、日曜日は元旦で、ほとんどのお店がクローズですからね、シンガ。
3日分くらいの食料は買いこんでおかないと・・
この頃の日本は元旦から開いてるお店も増えたらしいですが、シンガはその点、結構コンサバ。

で、明治屋で相方と待ち合わせたわけですが、時間つぶしに 久しぶりに足ツボマッサージなどへ入ってみました。
いやいや、これがもうもう・・・

「痛い痛い」ってのたうちまわってるのにさ、にこにこ笑いながらツボ押す兄ちゃん。痛いっつーの!背骨、肩、腰、喉、アタマまで悪い悪いって言われちゃったわよ。おまけにむくみも出てたみたいで、腎臓のツボをぐりぐりぐり。

土曜日
揉み返しというわけではありませんが、明け方、汗びっしょりになって目が覚め、昼間は階段上るのもツライほど、お疲れまくりでした。
多分、疲れが一気にオモテにでてきたのよ、とお友達は言うのですが、そうなのかしら。あの汗はデトックス?

日曜日
うち、今回の旧正月休暇が、勝負なんです!なんとか荷分けをしないと、パッキングができないってば。いやマジで。
ようやく重い重い腰を無理やりひっぱりあげて 始めた片付けですが、これがもう、ぜーんぜんダメ。

予想したとおり、捨てようと思ってはみるが 思うだけにとどめてしまうし、昔の写真をじっくり見返してしまうし。だぁ~もう!!

しかし、アレですね、ほんと昔は若かったんですね、しみじみ。10年前とは別人だもんよ。7年前でも同じ人間とは思えんな。

昔の家族写真を眺めて、ひさびに親の気分です。しんみり。
親が子を思うほど、子は親を思ってくれないのはわかってるけどさ。

【2007/02/18 18:34】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
misspotter.jpg

UKオフィシャルはこちら

久しぶりの映画館って気がする・・・

世間@シンガ は旧正月一色でございます。
みんなとーっても忙しいらしいよ。
遊んでるヒマなんてないっぽいです。
キャセイのシネコン、大きいほうの部屋なんだけど、見たのは私とお友達二人だけ。いやぁ、ぜーたくしてしまったです(笑)

主演は、レニー・ゼルウィガー 相手役にユアン・マクレガー
ヒルトップには、1990年に行きました。もともとピーターラビット好きってのもあって。もうずいぶん昔なんですよね。でもあのあたりの景観は今もちっとも変ってないはず。

変らない景観を維持するために力を惜しまなかった、ビアトリクス・ポターのお話です。ハリーはポッターだけど、こちらはポターでいいんでしょか。
上流社会に生まれながら、結婚に頼らず、自分で稼いで生きていこうとする ビアトリクスの生涯を描いている映画でした。
私はコールドマウンテンのときの強烈な南部なまりが非常に印象深いレニーが、どんな上流社会英語をしゃべるのかとっても興味があったんだけど、結構無難にこなしてたのにびっくり。さすが器用な女優さんだわ。それでもそれ以外の英国俳優さんと比べると、多少違和感はあるみたいですけど。口のあけ方のモンダイなのか?(そういうこっちゃないやろ・・)
ユアンはやっぱり歌が上手い。いいなあ。
ユアンの妹か姉さん役(どっちだっけ・・姉かな)がエミリー・ワトソン。この人も上手い役者さんですよね。思ったよりずっと大柄だったのにびっくりしました。
あと、レニーのダンナさん役の人の声が好みだったんだけど、役者名を忘れちゃいました(こらこら) あとで調べときます。

日本での公開はいつなんでしょうね。きっと公開の前後は、ピーターラビット展とかが開かれちゃうのよね。
おまけで、ピーターラビットの世界
日本語もありますが、日本語だと壁紙のDLができないみたいよ、なんで?

【2007/02/14 10:19】 | 映画 トラックバック(0) |
ブタ、豚、ぶた。
鏡見ましたね、というツッコミありがとー

20070213065117.jpg

mちゃんご購入の ご利益ありそな金の豚。
横で、ポーズ取ってるモデルは、あのカーンくんです。
ん~、やっぱこの金豚、欲しいかも(笑)


日本じゃあんまり言われてないみたいだけど、今年は豚年です。イノシシじゃないのよね。ブタ。なんで日本はイノシシになったんでしょか。
で、豚年っていっても、ただの豚じゃないんだよね。
60年に一度(中華圏では。韓国じゃ600年に一度とか)の金の豚の年なのですって。でもって、今年生まれたお子は、一生お金に困らないんですって。あれ?シアワセになる、だったかな?まあ、お金=シアワセですから、問題ないか、解釈としては。

ふーん。

そういや母は豚(笑)年だけど、たしかに私よりはお金に困ってないかも。あ、比較の対象が私じゃだめか(笑)
いずれにしても、今年はベビーラッシュみたいですよ、中華圏。


昨日は、午後から体調が急降下。
どうしたんでしょ。
もう立っていられないくらい気分が悪くなって、外出の予定も取りやめ、ぐずぐずと家で寝てました。そういうときに限って電話は多いし、マネージメントオフィスから、家の工事の点検に来るし、いいことないわよね。
ちなみにオフィスの兄ちゃんには、
「寝てたんだね、ごめん」って言われてしまいました、がーん。
すっぴん晒してしもた。
結構気に入ってた兄ちゃんだったのにな~、もうダメだ(・・・何が?)

【2007/02/13 08:09】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
機内では、ほとんど眠れないので、ひたすら画面を見続けています。以前はちゃんと寝れたんだがなー・・やっぱこれも年のせい??

今回はJALだったんで、映画の本数も多くなく、おまけにめぼしいものはシンガで見てしまっていたので、つまんなかった。それでも、この「A GOOD YEAR」は見たいと思いつつ、見逃していた作品だったから、らっきー。

原作はピーター・メイルのベストセラーだそうで、それをグラディエーターの、リドリー・スコット&ラッセル・クロウコンビが映像化した、というもの。原作と違うところも多少あるみたいだけど、さらっと見ることができて、ふんわり笑えて、面白かったです。アメリカじゃ大コケだったらしいですが(爆)
まあ、ニュージーランドの人間がバリバリの英国人間を演じるってのも無理があるかもしれないし、ストーリーも見え見えだし、結末はあまりに安直って言えばそうなんだけどね。
それでも無理に役作りをしてないっぽいラッセル・クロウって見てて楽しい。テニスのあとの踊りの場面なんて、もう、可愛いとしか言いようが・・・(笑)
そうそう、例のチョコレート工場のチャーリーくんが子ども時代で出てきます。このまま、うまく大きくなってくれるといいんだけどねー。

あとはジョシュ&スカーレットのカップルと、ヒラリー・スワンクの「ブラックダリア」、邦画では「東京タワー」「7月24日通りのクリスマス」そんなもんでしょか。
ブラックダリアは難しかった。字幕つきで助かりました。これは映画館で見ても理解できなかったと思うわ。東京タワーは、本を読んでたせいもあって、泣けず。映画は、泣かせよう泣かせようという意図ありありで、かえって感情移入ができなかったなー。
そうだ、それから「守護神」今日本で公開中なんでしたっけ。これ。
いい映画なんですよ、ほんと。うちらの年代は結構ぐっと来ると思うんです。ケヴィン・コスナー、ひさびにカッコイイし。たるんではいるが(をい)でぶってないし。だからねっていうかだけどねっていうか、なーんでこんな邦題なのさ。ほんとにもうお願いしますよ。はい。

【2007/02/11 18:39】 | 映画 トラックバック(0) |
木曜日の朝・・・なのかなあ、水曜日の夜なのか、チャンギに到着しました。
オットが車を乗り捨てていったので、そっちのターミナルに車を取りに行き、帰宅してお風呂に入ってベッドに入ったのが3時過ぎ。さすがに疲れましたわ、日本時間じゃ4時だもん。
木曜日は、午前中から工事が入る「予定」だったので、朝から頑張って起きて待っていたのです。非常に疲れていたのだけれど。

で、待つこと数時間。
来ません。
むむむむー。
シンガだから、わかんないこともない。待つしかない。しかし来ません。
むかむか~。

で、結局来たのが午後4時37分!!!なんつー時間じゃ!夕方じゃん。
玄関でまくし立てるワタクシ
 あのね、アタシは明日(金曜日ね)出かけるの。
 今日は午前中に来るんじゃなかったの?
 来るって言ったから、朝から待ってたのよっ。
 ナンとしても今日中に終わってちょうだい!
 終わるんでしょうねっ

コージの人(にっこにこと笑いながら)「ねばまいんら~」

で・たー。

何があてにならんって、一番あてにならんシングリッシュが「ねばまいんらー。」
Never mindから来てる、一応英語なんだが、これに「らー」と「にっこり」がくっついたらもういけません。ちーっとも ねばまいんど じゃないっつーの!

とは言え、せかしまくったので、木曜日の分は終わり、あとは土曜日の午前中に再度来ることになって、彼は帰って行きました。彼のボス(こいつがまた調子のいいヤツ)もチェックに来て、土曜日の午前中、9時に来ると約束していきましたが、さてどーなんだか。。。

ただ、時間を守らないのは香港と一緒ですが、香港と違うのは彼らプラマーの態度と言語。みんな英語を喋り、仕事前には、汚れがつかないように気を配り、事後はきれーに掃除をしていくのです、もちろん、無断で他所の部屋に入ったり、ティッシュを使ったりということは、ほとんどしません。
これがなー、香港じゃなー・・こうはいくまいて・・・と、比べてしまった帰星日なのでした。

【2007/02/09 22:59】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
いろいろあって急遽、一時帰国することにしました。
今から準備始めます。
3泊4日の強行日程、相変わらずゆっくりできないわ。
寒いのはもちろんヤだけど花粉が飛び始めてるとか、恐ろしい話もあるし、何より乾燥がコワイお年頃、用心しなくちゃ。


家の壁の補修ネタなどは、帰星してからアップするつもりです。待っててくださいねー。
水曜日深夜には戻る予定です。じゃ、そゆことで。

【2007/02/03 20:25】 | ひとりごと トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。