上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hkharbour.jpg

只今、ぜーたくにもサービスアパート暮らしゆえ、毎日お掃除が入ります(うきゃ~ほんと贅沢!)
なので、一日2時間くらいは部屋を空けなくてはなりません。

もう見たい映画もあんまりないし、買い物するには先立つものがないし・・・ということで本日はスターフェリーに乗って、対岸へ渡ってみることにしました。

スターフェリーピア、香港島側は、以前の場所よりマカオピア寄りになったと聞いていたんだけど、今日初めて正確な場所がわかりましたよ。IFCⅡビルの前なんですね。ガラス張りのきれいなピアになっててびっくりしました。以前のピアも良かったけど、新しくなったピアも、あれはあれでいいんじゃないかしら。明るいし。
古いものを潔く壊してしまうことで再生を図るのも、香港なんですね。

で、そこで降りて周りを見回したところ、15番のバス停をみつけたので、久し振りに(2年ぶり?)ピークへ登ってみました。相変わらずコワイわね、15番。下手なジェットコースターより迫力あると思うわ。壁すれすれを激走するし。

山頂は霧で真っ白。気温も下よりは低め、な気が。
下界は見えなくもなかったんですが、カメラを忘れるという体たらくゆえ、早々に下山いたしました。観光客はそこそこ多かったですよ。
どんどん狭くはなるけど、やっぱりビクトリア湾あっての香港だと思うし、シンガポールに居たときより、ずっと海を身近に感じる生活になるってのも悪くはないですよね。

香港のバスは、乗るときだけオクトパスをかざせばいいから楽だわ。次はスタンレーにでも行ってみようかな
スポンサーサイト

【2007/03/30 22:06】 | 香港生活 トラックバック(0) |

お尋ねします~
道楽者
りっきー♪
香港のカン取り戻しつつありますか?(笑)
あのね~。九龍・金鐘あたりで、コンタクト購入できる店知りませんか?(笑)
ちょっと、お友達が、香港に寄るのでね。
メアド設定まだでしょ?ってことで、ここに。すまそ

コメントを閉じる▲
5b55bb1bfc1949c9b5f3992a21a3917b.jpg


「さんびゃく」って何よ・・・
シンガでポスター見て、てっきりプロレスの興行の宣伝だとばかり思ってました(おーい)

「すりーはんどれっど」と読まなくてはならないそうです。いや、まんまそう読めばいいんですが(笑)
話の舞台は紀元前480年、テルモピレーの戦いで ペルシヤ王クセルクセス1世の大軍を手こずらせ、自ら戦死ししたスパルタの王、レオニダスが主人公。
100万とも200万とも言われたペルシア軍を相手に、たった300人で戦ったという古事に基づいて描かれた、シンシティのフランクミラーの劇画(漫画?)が原作なのだそうです。

とにかく血はびゅーっと飛ぶし、死体はごろごろ転がるし首も刎ねられるし、そちら方面ががダメな人にはオススメできません。もちろんワタシも全然ダメなほうなんですが、あそこまで劇画タッチだと、リアリティがなくって案外平気なもんだということがわかって、我ながら驚きました(笑)血は飛ぶけど、地面には流れないもんね。
聞いたところによると、これはロケなしのセット撮影なんだそうで。
戦の場面がことごとくブルースクリーンだと聞けば、なーるほどと納得できますよ。

ツッコミどころ満載ではありますが、まあ、300軍団のマッチョボディ鑑賞映画だと割り切って見てみればいいのかもしれません。
アメリカ・ギリシャでは大ヒットなんだそう。
アメリカでヒットするであろうお約束の自由と正義は、しつこいくらいに語られます。イランが気を悪くするのもわからなくもない・・・かな。

本日は金鐘まで行って、見てきました。今まで行った映画館のうちで一番良かった。良かったけど値段も高い。シンガは上映館でここまで値段の差がなかったんだけどなあ。

【2007/03/29 21:03】 | 映画 トラックバック(0) |
thequeen_onesheet.jpg

連チャンで行ってきました。そろそろ終わりそうなんで。
シンガで見逃していたんでラッキーでした。

これを見れば誰でも女王のファンになる、っていう評を見たけど、確かにそうかもね。ダイアナ妃が亡くなった直後からの数日間を描いた映画です。若いトニー・ブレア@労働党 がすごく頑張ってる。

えーと、ホントにこれはあった話なんでしょうか。そんなはず、ない?
・・・かもね、っていう気になってしまうんだけど。
そう思わせるだけでもエライってほめるべきなんでしょうかね。よく作れたわね、こんな映画。

ああいうやんごとなき方々の生活ってのは、庶民には所詮わからない世界、なわけですが、こういう映画が作られる国っていいな、と、ちらりと思ったことでした。わが祖国じゃ、絶対に無理だわね。
ちなみに英語は、ドしろーとのワタクシでも結構理解できました、英国万歳(笑)

香港は本日も曇り。
こちらに来てから、一度も太陽を見ていません。

【2007/03/27 18:02】 | 映画 トラックバック(0) |
忘れないうちに書いておかないと。

ゴーストライダー
326662view002.jpg

これはシンガで見ました。
見に行こうよ~とお友達を誘いまくったんだけど、誰も付き合ってくれなかった(笑)
ワタクシはくだらないとか言われる、この手のアメコミ発の映画好きなんだよね、てへ。

ニコラス・ケイジって演技派なんだろか?
なんでああいうカオなのに正義のヒーローっぽい役ばっかりなの?
などといろいろ疑問を持ちつつ見た映画。

日本のコミックが映画化されたらすごーくうそっぽいと思うだけだけど、あっちもんのコミックも映画も、私にとっては両方が虚構の世界だからあんまり違和感がない気がするんです。気、だけですが。

バイクもガイコツも燃えてるし、ホント漫画っぽかったですよ。
ただ、ニコラスは無茶苦茶マッチョだったが、あれで30っていうのは、やっぱりどうしても苦しすぎると思う。あの形のバイクでピーター・フォンダが出てきて、それだけでにやりとできる世代、だと思うんだけど、ニコラスさんって(笑)

どろろ
325097view001.jpg

香港で見た初映画がこれ。
これもいわゆるひとつの漫画原作映画ですよね。

時代設定を漫画と変えたせいで、どこかの国のどこかの時代の話、みたいになってて、それは良かった。ロケもニュージーランドだったらしいですし。ワイヤーアクションも悪くなかった。
妖怪がおどろおどろしいって感じじゃなかったのは、きっと和物っぽくなかったせいでありましょう。

先日、徹夜で見たアンフェアの瑛太くんが出てきてましたが、彼にはロン毛は似合わない気が(笑)相変わらず福耳で可愛かったですけど。
妻夫木くん、あれこれ頑張ってましたが、殺陣は、もうちょっとかなあ。中井センパイに負けてますよ。腰の入れ方が甘いんだよなあ。
柴崎コウちゃんは、スタイル良かったです(・・・ってそれだけかよ)

それにしてもシンガじゃ6ドル50、約500円で見られる映画が香港だと倍近いんですよね、日本のレディースデーとたいして変わんない。
なんか香港じゃ映画に縁遠くなりそうで寂しいなあ。

【2007/03/26 23:44】 | 映画 トラックバック(0) |
本日の夕食は焼肉。日式ね。
ワタシは小皿がぽいぽい出てくるコリアンバーベキューもきらいじゃないんだけど、相方は日式派なので。

あんまりお肉も食べなくていい初老夫婦なんで、キムチがあって野菜が取れてあとはビールが美味しければおっけ。
ということで、チムの和なんとかという焼肉やさんに行ってきました。

もう何度も見てるんだけど、メニューのビール25ドルとか30ドルとかに、まだドキリとします。高いっ!・・一瞬はそう思うもんね。
で、あわてて5で割って、ちょっとホッとするわけ。なんでもシンドルに換算しないと、まだ安いのか高いのかよくわからんし。
そういや、日本円に換算しなくなってもう久しいわ・・(遠い目)
今日のお店はエビスが35ドルだっけ、安くはないわね。小瓶だし。(あんまり生ビールってのを信用してないもんで)

まだこの土地のクレジットカードのない生活なんで、現金を持ち歩くわけですが、15000円ほど持って歩くとしたら、1000ドルなんだよね。
シンドルじゃ200も持ち歩かなかったんで、ついつい1000~!!とか思っちゃいますが、それくらいは別に大金じゃないのかなあ。

クレジットカードも、早く申請したいんですが、相方明日から日本なんだってさ。しばらくは現金生活を強いられそうであります。

【2007/03/25 22:51】 | 香港生活 トラックバック(0) |
再びこのカテゴリーで書く日がこようとは・・・

22日、無事入国いたしました。
イミグレでちらりと不愉快になりつつも、(お定まりの某国のヒトビトの列の横入りっつーやつです。一人が先にいると、10人くらいどどっと一緒に割り込んでくる)まあ、ここはこんな国なのだからと無理やり自分をまるめこんでしまえばなんとかなった。アタシは寛容な人間なのだ。

さて、寛容な人間にはなれたんだが、やっぱり過去8年住んだとはいえ、まだ街の速度には慣れないのであります。シンガの二年は伊達じゃなかったです。すっかりのんびりモードに染まってしまったのだわ、ワタクシ。

昨日は銀行のジョイントアカウントと、IDカードを作りに行ってきました。ジョイントは、日本の住所が入った写真入りのIDを見せろとか、わけのわからんことを言われだしたんですが、以前、うちはそこの銀行の顧客だった話をしたところ、簡単にマネージャーがアクセプト。最初から調べろよ・・・
IDも以前のカードをそのまま使えと言われました。
あー、あたしってば香港居民だったのねーを自覚。

ケータイも買いましたよ。こちらはニッテルという日系の会社があるので、ワタシ一人でなんだっておっけ。IDもあるし、DPだからと差別されることはありません。機種は今回はノキア。値段と相談の結果なんですが、まあ、ワタシの使用頻度ならこんなもんで十分おっけーでありましょう。番号のお知らせが必要な方は、どうぞ御連絡下さいまし。

さて、今いる仮の宿は、某高級(多分ね)サービスアパートメント。場所がね。
シンガでいうならパラゴンの上って感じなのであります。降りたらすぐショップが並んでいるのでお金があったら無駄遣いしてしまうでしょう。あーよかった、よかったお金がなくて、めそめそ。

住んでるところは高級でも中身がこれですもん。未だにここのバカ丁寧な対応に慣れません。いや、仮住まいだから慣れる必要はないんですが。
所詮マダムにはなれないのね、ワタクシってば。

こちらはお天気が悪くて、どよんとしてて、うすら寒いです。
香港の女性は化粧をあんまりしないので
ワタシの厚化粧は目立ちます、あはは。

【2007/03/24 12:41】 | 香港生活 トラックバック(0) |
相方が香港からやってきました。出張なんだそうで(笑)
ワタクシのシンガポール生活、いよいよ残り少なくなりました。
ワタクシはようやっと仕事のカタがつき、ラスト数日を優雅に過ごしていま~す・・・のはずだったんですが、なぜか知らないけど毎日どたばたしております。なんで??今日もこれから(旧?)職場だし。


さて、土曜日の予選は見られなかったんですが、レースデーはテレビの前に座ることができました、メルボルン。
あー、今年も怒涛の週末が始まったな~。

1.キミ・ライコネン
2.F・アロンソ
3.L・ハミルトン

キミ、PP to WINおめ。
さすがフェラーリだな、安定してました。つか、マッサがあれだったから、100パー安定といえないのかもしれないけどさ。でも、危ういとこなんてなかったし、レース中、壊れるとか止まるとか、ぜんぜん思えませんでしたもんね。
に、比べるとマクラーレン、やっぱし危うい・・・気がする。
最後まで安心できません。

この不安定さがマクなんだよ、なーんて思ってるところでワタクシ、理解いたしました。
アタシはやっぱりマクが好き(溜息)しょうがないっすよ。これが本音なんだもん。たとえ走るのがアロンソであってもなーんか好き。ダメだな~。

アロンソがいれば、とぼやくふらびーも、BMを皮肉ってみせるロンデニも、愛いんですが、キミに絡もうとして相手にされないトッドは、本当に哀れになりました。可愛そうなトッド。あのシュー兄との蜜月がなつかしいやろな・・・
つかキミ、あんたのその愛想のなさで赤い軍団から受け入れてもらえるのかい・・と思う辺りは、まだ未練があるんでしょうね、こちらにも<自分 でもいくらなんでもシュー兄からの電話についてのコメントは、あれはものすごく失礼だろ。

ところで、ほんとにミヒャ兄はいなくなったんですね。
レース中の呼称、「シューマッハ」がラルフしかいないんだということにまだ慣れません、ふう。

【2007/03/20 10:04】 | F1 トラックバック(1) |
以前もこのタイトル使った気がするな、東京ラブストーリー。
わからないまま時は流れて、っつーやつです。あれは何年前の歌だ?カンチ。

またまたお久し振りです。
昨日ようやっと航空便を出しました。残った荷物を3つの入れ物と3つの手提げに詰めて、ふらふらになりながらホテルにたどり着きました。船便のときより疲れた気がする。

いったい毎日何がそんなに忙しいわけ?というご質問はごもっともですが、自分でもよくわからんのよ。でも忙しいの。
とにかく今日も朝から予定がぎっちりです。ゆっておきますが、優雅にランチとかそんなんじゃないんだよ。肉体労働っす。

そうそう、遠近両用のコンタクトを買いました。メ○コン。一週間装用ができるってやつ。某ぱりみきで。600ドル48000円くらいかな。遠くも手元もくっきり見えるんで驚いてます。っていうか見えるってことだけで疲れてます(笑)今までが、あまりにぼんやりとしか見えてなかったからな。
けどこれにも落とし穴があって、目とパソ画面の距離がびみょーなの。
焦点が合うのに、ワンテンポのずれが・・・
まあ、これの更新が遅れてるのは、そのせいばかりではありませんが、コンタクトしてる間はあんまり熱心にパソを見なくなってます。

貧血と胆嚢の薬再開しました。けど、保険の関係で自費購入。二つで800ドルってどうよ・・・うえーん。

それでは今から出かけます。今日も一日がんばるぞっと。

【2007/03/16 08:54】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
001.jpg

作品賞は取れなかったですけどね。
音響だっけ?取りましたよね。
国内映画っていうか、米国製作と同様に扱われたってことなんでしょうから、ある意味すごい。

全編、ほぼ日本語って言う話は聞いてたんですが、あれをイーストウッドが監督したってのもすごい。台詞も自然な日本語だったし、どうやって、台詞にダメだししたんでしょうか、カントク。

こちらでは、もちろん、中国語と英語の字幕付き。日本語のやりとりのちょっとした相槌なんかにも、結構詳しい英語字幕が出てて、その英語の説明文は読んでておもしろかったです。

おもしろいっていうのは、おかしいっていう意味じゃありませんよ、もちろん。
見たのは、キャセイのシネコンの広い部屋だったんだけど、午後4時過ぎの開始時間だったせいか、結構若い人たちで埋まっていました。公開後1週間以上経つのにこの人数を集めるのは立派・・・はいいんですけどね。
なんか、え、ここでかよ?っていうところで笑い声が起こるのが、違和感感じまくり。笑う映画じゃないと思うんだけど・・・
あと、若い人が多かったせいばかりじゃないでしょうけど、ケータイがね~・・・もう、お願いですから、切っといてよ、頼むよ。と手を合わせたくなりましたですよ。

おばちゃんは、ちょっと離れた席で、一人こっそり涙拭いたりなんかしてました。外へ出たらもう夕暮れ時だったんだけど、グラサンはずせませんでしたよ、たはは。
ちなみに、泣いてたのは、涙腺が緩すぎるからです。実のところ、そんなに泣くほどの話じゃない気もします。星条旗のほうが、問題提起という意味ではリキが入ってたと思うし。この硫黄島は、日本の側から見た、ということだから、ヘンに感情移入されてなくって全てが淡々と描かれていました。

そうそう、渡辺・二宮・中村・伊原・加瀬以外は、全部米国在住の日本人なんですってね。多いのね~、あっちで俳優やってる人って。

【2007/03/08 00:33】 | 映画 トラックバック(0) |
ごぶさたっ!

生きてました。
ここも、ブログは覗いてたんですが、IDやらパスやら忘れてしまって、管理人部屋に入れず<おバカ 毎日悶々としておりましたのよ。あっはっは。
いやぁ、ほんとご無沙汰っす。


そういうわけで、今日は、シンガ名物フィッシュヘッドカレーなるものを食してまいりました。場所はリトルインディアのバナナリーフなんとかというお店。タクシーに乗って店の名前を告げたら、ほいほいと連れてってくれたので、かなり有名なとこなんでしょう。

予約はしていかなかったんだけど、狭くはない店内は結構埋まっていました。我々4人が頼んだのは、フィッシュヘッドカレーと魚のコロッケとナン。これにライスと付け合せの野菜(今日はキャベツの煮物とじゃがいものカレー煮)がつきました。
お皿はなくて、バナナの葉っぱの上にドンといろいろ乗せてくれるシステム。フォークとスプーンはありますが、インド系の人々は右手で混ぜながら食べてました。
このお店は、メニューは日本語付きだし、ウェイターがみんなピンクのシャツ着て、髭生やしたおじさんで、愛想がいいの。食べてると、目の周りを食べろとか、頬のあたりがうまいんだとか、かわるがわる話しかけてきます。ご飯は油断してるとすぐお代わりをよそおうとするので、いらん!と断らないと、すぐにおなか一杯になりそう(笑)

名物に旨いものナシっていうんだっけ。
でもこのフィッシュヘッドカレー、見た目のインパクトといい、味といい、忘れられない美味しさになりそうです。写真撮ってきたんだけど、今はアップできそうもないので、そのうちに・・・
カレーの後は、腹ごなしを兼ねて、リトルインディア探索。うわさのムスタファセンターまで、暑い中を歩きました。いやぁ、まるでインドだわ(行ったことはないけどさ(笑)


離星まであと2週間。さて、次は何を食べよっかな。

【2007/03/07 23:31】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |
え~・・・

天気予報でしたっけ、時報でしたっけ、117って・・・
ま、どっちでもいいんですが。

昨日、無事に船便を出しました。
ちょっと、小さなトラブルはあったものの、おおむねおっけ。
終わりよければたぶん良し(そういう格言はありません)

117個ですよ、おくさん。
ねえ、どうしましょうかね。
来た時は90とか言ってませんでしたか?この人ってば。
むぎゅ。

引越屋さんにもたっぷり心配していただきました。
 香港のコンドってのは、かなり狭いそうですね。
 四畳半くらいの部屋がいくつかあって、3ベッドとかだそうで。
 天井も低いそうですし。

あーたに言われずとも、アタシはその香港から来たんですっ。
ご心配してくださってありがとーですっ。
つか、香港はコンドミニアムとは言わんがな。


私は、なんか、自分が住んでるとこをコンドミニアムっていうのが気恥ずかしくて、ずっとフラットとかアパートとか言ってたんです。コンドって言うと、なんかすごーいリゾートの豪邸って感じがしちゃうんだもん。
そういう言い方に慣れたころに、引っ越すわけですよ、そういう運命なのよ、ええ。

本日は、仕事の合間ランチを、ホランドビレッジの日本人チューツマ族でにぎわう、某フレンチでいただいてまいりました。前菜・メイン・デザートにコーヒーか紅茶で、コミコミの25ドルちょい。
チューツマって、お手ごろ値段の美味しいものを探させたら、天才だね、ホント。探す時間がたっぷりあるのが勝因なのかしら。


昨日・今日と、二日続けての雨です。
終日。
引越や泣かせなんですと。
シーズンだっていうのに、大変ですよね、といいつつ、先ほど、船便に入れられてしまった、相方のYシャツを届けてもらったところです。
117の中から探し出していただきました。
アタシにミスはないわよぉ、ここは航空便っていう場所だったのに、船便にパッキングしてしまったのは、あちらのミスだと思うわよ。
たぶん・・・だけど←ちょっと自信はないかもしれなくもない。

【2007/03/01 19:47】 | シンガポール生活 トラックバック(0) |

わお!
りー
本人もぜーんぜん気づきませんでした。
そっかぁ、今年のラッキーナンバーは117か(・・・違うだろ)

この数字が良い物になるように、頑張るわっ。
どもども、本当に気がついてくださってありがとね~。

あれから
えむ
2人に褒められた。よく見つけたって(笑)


私もウソつきました。
えむ
私も電話で見積もりお願いした時とはかなり誤差あったよ(約1.5倍)。
ダンボールって意外に入らないものね(おい)。

ところで117、カテゴリーのシンガポール生活も今回が117だよ(笑)。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。