上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKのニュースを見てて初めて気が付きましたが、日本はGWなのですね。今年は大型連休なんだとか。

メインランドも、黄金週間なのでしたっけ、違うの?
うちにあるのは、シンガのカレンダーだからよくわからんの。
メーデーだけはお休みになってますが。

箱はおおかた空きました。やたっ。頑張った。
ネットもつながり、ケーブルテレビの契約も済み、ようやく現世に復帰できました。ホンの数日間でも、ネットも電話もテレビも無い生活って、すっごく無味乾燥なかんじ。ああ、アタシはモルディブへは行けないわ(笑)

さて、あとはこまごましたものの整理整頓なわけですが、これがどうもねー。なんで、こんなものまで持ってきたかな、と思うようなのが結構ありますし、なんたってシンガで一度も開けなかった箱もありましたし(笑)

やっぱりシンガは仮住まいだったのかしらね。だから本拠地に戻ってきたのかしら、と見慣れた景色(ビルです、ビルばっかり)を眺めながら思う今日この頃なのでございます。

さて、ことのはのほうも最終日を書く予定ではありますが、片付けに集中すべく、日中はパソ断ちしておりますゆえ、今しばらく気長にお待ちいただきたく。ぺこぺこ。
スポンサーサイト

【2007/04/28 00:21】 | 香港生活 トラックバック(0) |
さて、今回の東南アジアツアー(といっても訪問地は二都市だけだけど)前半の、というか全般の最大のイベントがマレーシアGPだったわけですが、これがおそろしいほど、なーんにも面白い話がないんですね、いやホントに。

行った私がそういうんだから間違いございません。

実は話せば長くなるので省き倒しますが、出発前にいろいろありまして、ほんと、行こうかどうしようか迷ってた挙句の出発だったので、たいして情報も集めず集められなかった、というのがいい訳です。
ま、初生観戦だしね。初生が海外でしかも一人旅ってとこからして、おもしろいことがあるわけないのよ、ねー(誰に相槌求めてんだって)


まあ、それでも読んでやってもいいよ、というご奇特な方は、おそれいりますが、下から飛んでやってください。以前のマイぷれすで、ちょろちょろと書くつもりです。
あ、でもまだ一日目だけだけど(汗)
ことのはつづり(ちょっとだけ再開)へ

【2007/04/18 19:02】 | F1 トラックバック(0) |
明日から10日ほど、留守にいたします。
帰ってくるのは、16日深夜)になります。

今日も寒かった・・・なんで4月の香港でこんな寒さと遭遇しなくちゃならんのよ。服も靴もないっつーの!
日本はみぞれだったらしいですが@東京 冬物をクリーニングに出しちゃった人は、悲劇ですよね。二度手間、二度払い。悲劇だ。

こちらでも同様の嘆きをあちこちで聞いておりますが、キミたちはまだ着る服があるからいいじゃん。こちとらノースリにサンダルしかないんだぞ、ぷんすか。

ところで、香港では、我がオタクダマシイを揺さぶるアニマックスが健在で、非常に嬉しい。嬉しいのですがあれは麻薬だね。朝から和製アニメにまみれてしまって、堕落の一途をたどっておりますのよ、ワタクシ。
今回はそんなワタクシのタマシイの浄化の旅だと思って、やさしく送り出してくださいまし(・・・誰にゆってんの?(笑)

明日は朝が早いので今日は早めに休まねばねばねば。
今回はパソ無しの浄化の旅ですので、メールチェックも更新もできません。一回り大きくなって戻ってくる私をまっててね、みんな!てへへ。(ナンなんだその笑いは)

【2007/04/04 22:37】 | ひとりごと トラックバック(0) |
4月ですよ。なんでこんなに寒いの・・・

街を歩いてる人たちみたいに、ブーツにダウンコートじゃなくてもいいとは思うけど、ワタシの素足にサンダルってのは、いかにも寒々しい・・ホントに寒いし。ぶるぶる。

それが原因でもないでしょうけど、胃が痛みます。
しくしくしく。きりきりでもちくちくでもなくてしくしくって感じ(ってどんな感じだ)
今朝は痛みで目が覚めました。初めてじゃないかなあ、胃が痛むのって。

さて、そんな胃痛を押してみてきた映画
1・武士の一分
images.jpg

思ったよりずっと時代劇でした。
キムタクの殺陣も悪くなかった気がするし。
きっとキムタクが主演でなかったら、もう少し褒めてもらえたんじゃないかなあ。あ、でも彼じゃなかったらここまで話題にならないか。痛し痒しですね、山田監督。
噂どおり壇れいさんは可愛かった。脇役の人たちも良かった。監督はお人形さんのようなきれいな夫婦にしたかったんで、このキャスティングを組んだそうですが、それは十分成功してると思いますよ。
ちなみにワタクシめ、ダダ泣き、うきゃん。

2・The Pursuit of Happyness
img3_1169357550.jpg

日本では「幸せのちから」という題名でしたね。
ウィル・スミス主演。
医療機器のセールスマンであるクリスは業績不振による収入減から、家を追い出され、妻にも逃げられてしまう。彼は息子のために一流証券会社への再就職を決意。正式採用まで、6か月間無給の研修生活がスタートする。
というあらすじですが、まんまです。
そんでもってそこでおしまいなの。
こちとら、泣く気満々で出かけたのに、社員になったとこでおしまいでした。・・・え?・・ですよね。
どこで感動したらいいのかなあ。ホームレスとして頑張ってるとこか?

息子を演じてるのが、ウィルスミスの本当の息子なんですってね。あの子はすっごい可愛い。ちょっと上手すぎて末恐ろしくもありますが。

さて、香港、明日も寒いのでしょうか。いい加減勘弁してくださいよ、服、ないのに・・えーん。

【2007/04/03 18:35】 | 映画 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。