上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セニョリータっていったいどなたのギャグでしたっけ?

・・・なんてこた、どーだっていいんですが。
now!たっかい視聴料取ってるnowさん!アタクシはほぼF1だけのためにその料金を支払ってるって言うのに、なんで今回ライブじゃないわけっ!!

もう、怒り心頭状態でございます。ウィンブルドンを優先してるせいみたいだけど、そのウィンブルドンって雨でサスペンデッド中じゃん、やってくださいよ、だったらF1。えーん。

motoはespnのほうでライブでやってました。ロッシラスト3周目、インが開いたとこで鮮やかにオーバーテイク。いやー、カッコよかった。

は、いいんだけど、F1だよF1。
昨夜某さまに、今回は赤組に勝たせろといわれまして、ハタと気づいたんですが、マニクールってマクとものすごく相性わるいのね。ここ十数年で勝ったのってデビクルくらいだったもん。じゃあ、フリーで悪いのもしょうがないわね。ってか、最初から諦めてないか、マク?

と勘ぐりたくなったんですが、脅威の新人くんのタイム見てあっさり引っ込めました。いや、すごいよ、もう。ここでも。

PPはマッサ取りましたが見事に赤組に割って入りました。
けど。
けれど。
しかし・・・
フェルナンド、どうもエンジンがトラブったらしく、Q3のタイムが出てこなかった。え゛~、どうなるんですか、いったい!
ねえ、どうして私が肩入れするほうにトラブルが起こるわけ?
神様ヘルプ!何をどうお願いするのかわかんないけど、とにかくヘルプ~!!
スポンサーサイト

【2007/06/30 22:25】 | F1 トラックバック(0) |
なんで写真がないのよ、というお叱りを頂戴しましたので、書いてみることに・・・
つか、撮ってないんですよ今回は。やっぱガイド自らが写真バチバチじゃまずいだろ、と思いまして<プチウソ(余裕なかったってことかなー)
お客様方がメモリーがフルになるくらい撮っておられたんで、もしも送っていただけることがあれば、そのときは再度アップします。

**************************

というわけで、6月25日月曜日休日でもなんでもない普通の月曜日にでかけたHDR(香港ディズニーランドリゾート)れぽ

まず香港島、あるいは九龍から行くときは東涌線に乗ります。空港からは・・・え?空港からはどうすんの?バスが出てるのか?それとも東涌までバスで行って、そっから東涌線なのかしら???よくわからん<ダメじゃん 
とにかく東涌線の「欣」が付くとこで降ります。英語だとサニーベイです。ミッキーマークが付いてるからすぐわかる。
そこで降りて向かいのホームで待つと
わーい、ミッキー列車のご到着~!
20070628091756.jpg
まあどうでもいい話ですけど、そこそこ並んで待ちますよ。みんな。ええ。

中はサロン風になってて
20070628092212.jpg
こーんなオブジェがここかしこに。つり革はミッキーのお耳付き。なんか楽しくなってきますね。わくわく。

周囲の景色を楽しむうちに、電車はHDR駅に到着です。駅舎は新しいけどレトロっぽくって(・・・どんなんだよ<写真忘れました<おーい)なかなかよい感じです。駅を出るとそこはもうディズニーの世界。音楽もディズニー、先に見える噴水もディズニー(ちなみに大きなくじら<写真忘れた<いい加減にしなさい)

さ。まずはチケットです。一日入場券は295ドルだっけ?とにかく300ドル弱(5000円弱)
私は平日のみの年間パスを買ったので650ドル1万円くらい。
この年間パス、顔写真とかないんで、これって譲渡し放題じゃん?と思っていたら、しっかり指紋を記録されました。うー、写真より厳しいじゃん、日本より進んでる?

で、ゲートくぐります。

本と同じオールドアメリカンタウンって言うんですか、古きよき時代のアメリカの町を模した、いわゆるお土産屋さん街。
20070628102020.jpg
暑さのためか人はまばら・・・お昼どきだったせいかしら。
あ、奥にお城が見えますよ、あれがウワサのスリーピングビューティのお城か!
20070628101909.jpg
・・・でもなんか違和感が。この違和感はナニ!!

以下、香港と東京を比べてのワタクシの独断的感想文
× 狭い
とにかく狭い。ウワサ以上に狭い。半日で十分というわけがわかりました。TDLの(Rじゃないよ、ランドのみ)半分とか言うけど、もっと狭い気がした。お城が小さいのは、狭さを強調しないため?それともあれか、ワタクシが大きくなったんで狭く感じるのかしら、ほほっ。

×アトラクションが少ない
絶対面積の差かしら、アトラクションが少ないです。ホーンテッドマンションもない(・・・そこかい)

×お子ちゃま向けばかり
デートで来るであろう青少年からおじさんおばさん向けのアトラクションってのが少なすぎ。そりゃふたりでダンボで空中遊泳を楽しむんだったらいいけどさ~。
てゆーか、可愛いもの好きのホンコンヤンに合わせてあるのかなあ。

×暑い(当たり前ですが)
まだ樹木が十分生長してなくて、日陰が少なすぎ。バテます。

△山が・・・
周囲が山に囲まれてるせいで、景色にびみょーな違和感が。あくまでも東京と比べて、ですよ。

△笑顔がない
ワタクシは香港ピープルを知ってますから、ここの従業員のサービスは十分じゃん、と思いましたが、お友達は笑顔がないと。
確かに、彼らはほとんど笑わない。
笑わないけどサービスは十分だよ。レストランでもちょっと見回すとウェイトレスさんが飛んでくるし。

○三ヶ国語対応
普通話・広東語・英語、見事に対応してます、さすがインターナショナルシティ香港
ジャングルクルーズなんて、各言語別に船が出ます。途中で出てくる海賊さんも英語の船には、英語でなぞなぞ出してくれます(顔は東洋系だがな)
看板はもちろん、どの従業員も三ヶ国語。すばらしい。ぱちぱちぱち。

○待たない・並ばない
一番待ったのがジャングルクルーズだったかな、それでも20分くらい。これは言語ごとに船がでるんで、英語船が来るまで待ったからなのです。あとぷーさんも20分くらい待ちましたっけ。でも基本的にそんなに待つことは・・・ってこれ、月曜日だったから?
日本では1時間前から場所取りするっていうパレードなんて、始まってからでも十分です。基本的にロープ際に一人しかいないし、子どもを肩車なんてする必要ありません。
20070628102404.jpg
傘さしてても、誰も文句言わない(笑)

○パレード
これは思ったよりよかった。日本とおなじくらいじゃない?シンデレラも白雪姫もアリスも西洋美形おねーちゃんだったし(・・・そこなんだ)
20070628102412.jpg
でもあの暑さで被り物で踊る人は汗びっしょりだろうな。あのあとシャワーとか浴びさせてもらえるのかな。てゆーか、あの被り物を他人と共有したくないとか、夢の国でえらく現実を考えてしまいましたが。
先にも書きましたけど、あれが並ばずに楽しめるのはいいな。あのパレードはもう一度見たいかも。

で、楽しんだアトラクション。
 ジャングルクルーズ。(ここはパイレーツと合体してます。日本もそうなの?)
 ぷーさん
 ミッキーの3Dの映画みたいなの
 スティッチー
  (言葉のやりとり。参加したいヒトは英会話を勉強していきましょう)
 スペースマウンテン
 パレード
午後2時半くらいから4時半までの2時間でこれだったら優秀?
おみやげ物屋さんも、全然すいてるし、ゆっくり楽しめます。おこちゃまが退屈しても大丈夫、従業員のおねえさんおにいさんがちゃんと遊んでくれますし。

まあ、おばちゃんでも、メリーゴーランドだってティーカップだって乗っても誰も白い目で見ないし、自己解放の場としてはいいとこかもよ、ご同輩(って誰だよ)
ただ、なんていうか、ほんとオコサマ対象だなー、という印象は最初から最後まで消えませんでした。もともとが子どもを非常に可愛がる土地柄ですしね。
ウワサに聞いた某国の人々の傍若無人ぶりもなく、みんなお行儀よく楽しんでいたのはよかったわ。

ただ、ほんとに暑かったんで、夏こっちにいらして一緒に行こうと私を誘わないでください。もうだめ、昼はしばらく行きたくない。夜の花火は見てみたいんで、その辺から参加させていただきます。行くなら涼しくなってからね、アナタ(って誰!)

【2007/06/28 11:28】 | 香港生活 トラックバック(0) |
20070627093252.jpg


咳が抜けきらないままの失格へぼガイドでしたが、なんとかアテンド無事終了しました。お天気もまあまあ恵まれて よかったわ。
3人で来港の予定が、直前になって一人脱落。結局二人でのご来港。計4人と、計3人じゃやっぱり食べられる量が違ってくるわね、と思いつつも中華料理を満喫(?)した3日間、星の国のお友達は楽しんでいただけたんでしょか。

1日目
お昼の便で到着 シンガからは3時間ちょいです。チェックイン後 統一中心の名都にて午後飲茶。2時を回っていたんだけど、お客さんはそこそこいたし、ワゴンも結構回っててよかった。
その後レンクロを冷やかして、zaraだのエスプリだのmangoだのでお買い物(同じ店はシンガにもあるんだけど、やっぱり多少品揃えが違うみたい)後、銅鑼湾に移動( byMTR)
ジャーディンズなんたらいう通りで、屋台見学。レンクロとのギャップを十分楽しんでいただけたかと(笑)タイムズスクエアのアンテプリマ見て、農園にて広東料理。
この日はトラムに乗って帰りたいとのご要望だったので、トラム乗り場まで送って私は帰宅。

2日目
朝から雨。
ディズニーランドの予定だったんだけど、とりあえずうちに来ていただいてお茶して、香港島半周の旅ご案内。香港って緑が多いですねー、山がありますねーと驚かれました。うーん、たしかに山ばっかですが・・・(笑)シンガには山がないですからね。
午後晴れてきたので、スターフェリーで九龍にわたり、九龍ステーションから電車で、HDRへ(Rなんですね)
狭さに驚きはしたものの、半日遊んできました。私は年間パスを買ったわ・・・っていっても、また行くのかなあ???
夜はエンペラーホテル@ハッピーバレーにて四川料理
辣子鶏が出てこなかった。私の注文のどこが間違いだったの??(涙)麻婆豆腐は非常に好評でした。

3日目
もう一度飲茶をとのご希望に、いくつかの店を考えたんだけど、名都で食べられなかったものを食べたい&ワゴンシステムがしろーとにはとてもグッド、だというので11時半に名都入り。あれもこれも、と蒸籠を取りましたが、それでも全種類食べきれないと残念がっておられました。いや、全種類は絶対無理ですって(笑)
その後ピークトラムでピークへ。帰りは私のオススメの15番バス。このバスはちょこっとジェットコースター気分が味わえていいのだよ。
6時半のエアだったんだけど、3時半ごろには空港に着き、マキシムでワンタンメンを食べました。実はもう一度シンガポールヌードルを食べたいって言ってたんだけど、メニューに無くて残念(尋ねてみたけど作れないって言われた)

以上、充実した(?)3日間でした。久しぶりにシンガの(元職場の)話がたっぷり聞けて、大変懐かしゅうございました。ほんの3ヶ月前までいた場所なのに、今の私にはとっても遠い国になってしまったんだなぁ・・・
シンガからの人たちだったから、暑さも気温差(クーラーね)大丈夫だろうとは思ったんだけど、日本からの人たちにはちときついかな、今の気候。シンガポールよりこっちのほうが暑い感じがしますね、と言われましたので。

ってか、何より私がバテてますです。
咳だけなんだけどね、この咳、しぶといっす。げほげほ。
香港、今日も照ったり降ったりみたい。安定しませんね。

【2007/06/27 10:55】 | 香港生活 トラックバック(0) |
20070627090544.jpg


美しいおみ足ですね~、って見るとこは指のカタチとか爪とかじゃありませんよ、おくさん。サンダルです、きらきらしてるけど、これサンダル、ビーチサンダルなんですから。

けど、ビーサンと侮る勿れ、これはhavaianasっていう、世界的に有名な、ハリウッドセレブ御用達のビーサンブランドなの(だそう)です←さっきまで知らなかった<おバカ
このブランドについての説明はこちら(ちょっと重いです)
ハワイアナスHP

そりゃね、天下のレンクロでお取り扱いの品ですから、ソレ相応のものだろうとは思ってましたが(ウソウソ(笑)世の中のことをもっと知っておかねば、としみじみ思ったことでした、ごめんねー、某ちゃん、私がモノ知らずで(笑)

ちなみにこのモデル、すばらしいお値段です。絶句、とはこのことナリ~。この半額の品物(多分去年のモデル)が、日本のサイトで1万円以上で売られてましてよ、オクサン。

えー、このサンダルに関してのご質問がありましたら、ワタクシからこのおみ足のご主人に問い合わせの上、メールにてご回答申し上げます。なんでもどーぞ~、お待ちしてますよん(笑)

【2007/06/27 10:20】 | ひとりごと トラックバック(0) |
今となってはもう昔のこととなってしまいそうですが、まだ、2週間くらい前の話ってことで。

日本に一時帰国した一番の理由は、妹の七回忌だったわけですが、そのほか、前月亡くなった伯父宅訪問とか伯母の療養見舞いだとか、まあいろいろあったわけです。
いずれにしても大分方面へ行かなくてはならなかったものですからついでに、ということでちょっと中国方面に足を伸ばしてみました。

**********************
1.関門橋
20070621110035.jpg
門司側から

20070621110102.jpg
下関側から

両方にサービスエリアがあります。門司側から左手には
IMG_0822.jpg
巌流島が見える・・・らしい。この写真じゃよくわかりませんが。
そして右手には壇ノ浦の古戦場が見える・・・らしいです。
巌流島がこのあたりにあるって知らなかったなあ<日本史オンチor地理オンチ<恥

中国地方には、二つの高速道路が走ってまして、私たちは中国道を通って津和野へ。
津和野といえば山陰の小京都として有名ですが、町並みはこんな感じ
20070621110854.jpg

20070621110915.jpg
はて、京都ってこんなふうだったっけか?
まあ、確かに「小」がつくだけあって、小さい町です、徒歩で回れます。小さい美術館とかあったり

20070621110924.jpg
鯉が泳いでたり。落ち着いたいい町でした。
ここには、日本五大稲荷のひとつである太鼓谷稲荷神社があるんですが、そっちは今回パス。

その日の宿は萩。市内からちょっと外れた岬の上にあるホテル。
20070621111737.jpg
日本の正しい風景だよなあ・・・

萩は江戸から明治への激動の歴史があった町
名古屋からの修学旅行の生徒さんたちと一緒になりました。しっかり勉強しろよ~ワカモノたち。
20070621112213.jpg
高杉晋作さんちとかね。(土日しかオープンしないんですと、残念)
萩焼のお店をのぞいたり、お茶を飲んだり、ゆっくり観光してもそんなに時間はかかりません、ここも小さい町だから。

そのあと両親の希望により、お寺巡りをいたしました。
最初は瑠璃光寺。
国宝の五重塔がありところです。
20070621112638.jpg
1442年の建立なんですと。庭もきれいに手入れされているし、入園料取られないし<ココ重要 いいお寺さんでした。

次が東大寺別院周防阿弥陀時
20070621112840.jpg
別名あじさい寺なんですって。
あじさい寺ってここかしこにありますけど(鎌倉も有名だし松戸にもあるよねー<なんで松戸)ここも数百本のあじさいが植えられていて、梅雨時はとてもきれいなんだそうです。ここは入山料取られた、200円。
仁王門なんかあって
20070621113105.jpg

仁王様もおいでで
20070621113137.jpg
お寺巡りが苦にならないってのは、やっぱ年取った証拠なんでしょうな。昔はどこへいっても同じようなもんじゃん、と思ってた罰当たりでしたが。

最後に両親の実家に寄る前に泊まった町

20070621113347.jpg
別府でございます。有名な温泉街ですよね。

ああしかし、この夜、震度4の地震に二度三度やられ、睡眠不足と疲れがたたって熱をだすはめに・・・・

【2007/06/21 12:36】 | ニッポン トラックバック(0) |
咳で諦めかけていたんですが、そんなに静かな映画でもなさげだし、もう(香港じゃ)終わりかけで見る人も少なかろう、と勝手な判断をしてみてきました(大迷惑)
「この世の果てで」<訳、違いますから
あ、いつものことながらネタバレに無配慮発言出まくりです。お嫌いな方はどうぞ飛ばしちゃって。
pirates_poster.jpg



長いとかエピソード詰め込みすぎとかストーリーが難解とか、いろいろ読んでましたんで、それなりの心積もりをしていったおかげか、ワタクシ的にはすんなりと話に入り込めた気がしますが・・・けど、重要な台詞も多かったようだし、細かなとこを気にせず見てしまったんで、もしかして大いなる勘違いしてるのかも・・・

以下、散文的感想&疑問
☆小ネタ
どわっと笑えるとこは少なかったものの、小ネタ満載。あちこちでくすくすっと笑えます。やっぱパイレーツはこれがないとね。

☆徒花
まずはノリントンさん。くーっ!カッコイイ人だったのに
それからサオ・フェン この人、ホントはエリザベスが好きだったんだよね?
あとは・・・ベケット卿・・は実を結ばなかったわけじゃないから、徒花とは言えんか(笑)

☆カリプソ
・・・で、カリプソの役割は何だったんでしょうか?封印が解けたからよかったね、ってこと?大渦巻き作ったのは彼女?あのオルゴールの結末は、結局海に戻って、再びジョーンズと会える設定?

☆10年後
全然年を取ったように見えないエリザベスには何か理由がありますか?ジャックが最後に持ってた海図と関係あり?

☆因縁
で、サオ・フェンとジャックの因縁がよくわかんなかったんですが。

1で出てきた剣とか目玉とか鍵持つワンちゃんとか、英国海軍の間抜けな二人組みとか、平手打ちの上手な娼婦さんとか(笑)今回きれいに伏線をまとめてくれたんで、一応の区切りがついてる気がします。
結局ジャックはブラックパールには縁が薄かったみたいだしね(笑)っていうかこの物語の主役はオーリーとキーラなんだよね?

タコヒゲ無しのデイビージョーンズはカッコよかった。バルボッサもそこそこイイヒトで大活躍。が、なんといってもキースリチャーズ。ひゃあ~!ってなもんですよ。存在感ありまくり。確かに他が霞みましたわ>Pさま

確かに長かった。難しかった。けど、もともとジョニデの、この役の声が好きってのもあるけど、ま、楽しい映画でございました。85ドルに後悔はしてません。4もあるって話だけど、あったらあったでまた見ると思うよ、っていうか、その前に3部作のDVDが出たら買う。日本語字幕を買うぞ~!

【2007/06/19 12:08】 | 映画 トラックバック(0) |
6月17日 USAGP
1.L・ハミルトン マクラーレンメルセデス
2.F・アロンソ  マクラーレンメルセデス
3.F・マッサ   フェラーリ

インディアナポリスは発音が難しいんだと、うちの相方が言ってました。「な」にアクセントが来るんだっけ?
・・・とどうでもいい話から入ってしまって、そのまま出口へ直行したい気分のレースでした<・・・どんなレースだ

フェルナンド、フリーは、というか予選のQ2までは完璧だったのにね、最後の最後にルイスにやられてしまって、フロントロウには並んだものの、PP取れず。川井説によると、マクはQ2の勝者に優先権を与えるそうなんだけど、優先権ってのは、以前某チームがやってたような、トップ奪取権を意味するわけじゃないんですよね。あくまで、ピットインの優先権なのね。。。

スタートで、しっかりラインをキープしたルイスが、結局そのままトップを守りきり、二度目のPP to WINを飾ることになりました。途中、フェルナンドが肉薄してサイドバイサイド状態になったんだけど、それでもルイスは落ち着いてた。慌てていたのは2度のチャンプに輝いたアロンソのほう・・に見えたよ。なんて子なんだルイス、もう、褒め言葉しか浮かばない。
私はセナプロ時代ってのをよく知らないんだけど(あの頃はミーハー気分で見てたしね、いやそれは今も全然変わらんが。)ライバルがチームメイトっていうのは、実はすごくチームとしてもやりづらいんじゃないのかなあ。
しかもセナプロと違って、今回ルイス君は生粋イギリス人の上マク育ち、そりゃ、フェルナンドが愚痴りたくもなるわよね。
マクファンとしては、1-2フィニッシュで喜ぶべきなんですが、なんか笑えなかったなあ。これって、かなりフェルナンドに入れ込んでます?大丈夫かワタクシ・・・「F1ドライバーは顔がイノチ」じゃなかったのか、あんたの理念はどこへ行くんだ、え?!(自問自答中)

ま、そんな深刻な(爆)問題はそのうち考えることにして、
☆マッサを追っかけまわしたキミに、フェラーリ監督は実はどきどきだったのでは?無駄な争いすんなって。共倒れになったらどないすんねんって(笑)あ、あれはスポンサーサービス走行なんですか?(すごく長時間映ってましたもんね、マクは全然だったのに)
無駄といえばキミ、相変わらずどうでもいいとこでファスティスト出してる。今回エンジンはフレッシュだったんでしょ?次を考えろよ~。

☆不幸なヒトビト
やっぱ鬼門のインディにやられたラルとか、走る気は十分あったろうに走れなかったデビとかケロとか、最後近くで力尽きてしまったニックとかニコとか・・・
えとえーと、ジェンス・・・どこにいましたっけ(きゃー殴らないで)

☆最年少ポイントゲッター
フェッテルくん。坊やなのにね。すごいよ。ドイツの希望の星になれるかしら。
ああ、でも某Dさまの不安的中だったわね(ニックよりポイントを多く取る)、これから不幸の予感は口に出さないようにしようね。

☆ポディウムの涙
うるうるのルイスくんに、大英帝国国民も一緒に涙したことでしょう。

☆間接接吻(爆)
水くらい、人数分用意してやってください。

さて、次は7月のマニクールですねー。ヨーロッパに戻るわけですが、さてイギリスとスペイン、お次はどっちだ?
・・・ってどっちかだと決めてかかっちゃいけませんよ油断大敵、ファンとしてはもちろん来てほしいけどね。でもそろそろキミもお願いしますよ~。てゆーか、チームメイトにやられないでくれよ~(切実)

【2007/06/18 22:57】 | F1 トラックバック(0) |

うぐぐ・・・
りー
・・・・そんなアナタがコワイっす。
てゆーか、ホンダさんはふらんすで隠し玉発表じゃなかったですっけ。ちょっとだけ期待して待ちませんか(笑)


えむ
殴る気力もないよ(溜息)

コメントを閉じる▲
☆昨夜、寝付いてから今朝起きるまで、一度も目覚めなかった、快挙!
(咳が出なかったということなんです)
おかげで今日はかなりカラダが軽い、いや、実際は重いんだけど、軽く感じます。あとは、実際の重さをどう軽くしていくかというモンダイだ。
簡単なことを複雑にして言わんでよろし)

☆耳の遠くなりかけた年寄りは、若い女の子の高いトーンの早口が苦手
・・・というのは、ワタクシの父の言なのでありますが。
彼は、予測のつく話の内容なら聞く。が、全くわけのわからない単語が入り混じる早口の会話は聞く気にならん→わからないので聞かない(ふりをする)→都合のいいときだけわかるんだからと(母に)罵倒される
というサイクルで生活しておるのだそうです。悲劇だ(笑)

これって私の英会話生活そのものだ。
わからない単語の入り混じる早口の会話は、聞く気も失せる・・・気持ちはわかるよ、おとーさん。


父の知ってる範疇の話題だと、かなり早口でもトーンが高くてもしっかり会話が咬みあうってのが不思議だったんで、尋ねた答えがこれでした。父は今年82になります。
お年寄りと会話をするときは、低めのトーンでゆっくりと。

☆小旅行記
写真の取り込みはしてあるんだけどねー・・・サイズの縮小がねー。ま、そのうちにはねー・・・
(いつだよそれ)

そうそう、今回の旅の途中、お昼を食べようと入った食堂での会話
「アレとコレとソレおねがいします」
「はい、復唱させていただきます、アレとコレとソレ。ありがとうございます。アレとコレにはショーライスがつきますが」
(棒読み・早口・若い女の子の口調でお読みください)
父と母、語尾が下がっていたんで自分達に返された質問だとは気づかず無視。
「あのね、アレとコレには少なめのご飯が付くんだって、どうする?」とフォローしました。
あとで、母に、彼女の受け答えのどこに「ご飯」という言葉が出てきたか質問されたことでした。
・・・うーん、しょーらいす、ってもう日本じゃ普通語なわけ?

☆インディフリー
ライブタイムチェックしながらチャットしてました。あー楽しい!!やっぱりF1は誰かと一緒に騒ぎながら見たい~!!にしても、フェルナンドちょー速い。今回もマクはどのセクターでも安定してるっぽいです。まあでも、金曜ですけどね
と、その昔フライデーキングと呼ばれた人のファンだった自分を振り返ってみる
イギリスとスペイン、今回はスペイン優遇策なの、ロン?

そうそう、アタクシはルイスが優勝して、ポディウムに向かうときにロンに飛びついて行ったのに、ロンはあまり笑顔も見せず、派手に抱きしめもせず、だったんで、あーこりゃアロンソの手前、あんまり大げさに喜べないんだわね、と思っていたんですが、どうもロンはお目目に涙をいっぱい浮かべてたらしいです。某さまのお話によると涙目のロンがイギリスの各紙面を飾りまくったらしい・・・くーっ!見たいぞその写真(笑)
やっぱ秘蔵っ子の勝利はおじいちゃまには嬉しいものよね
(って誰がじいさまだよ・・・)

さて、今日は珍しく晴れ間の見える香港なんですが、今から何をしましょうか。咳も収まりつつあるし、も一回寝るか~(殴)

【2007/06/16 11:11】 | ひとりごと トラックバック(0) |
あるかも~、なんて冗談では言ってたんですが、あくまでも冗談のつもりだったのよ。ホントに起こってしまったとは・・・
20070613205714.jpeg
あってはいけないことですよね。

一昨日落っこちたそうです、ゴンピン360。
営業時間外っていうか、試運転、っていうか、とにかく誰も乗っていなかったってのが不幸中の幸いでした。ゴンピンは無期限で使用中止になっているとか。

私、香港に戻ってきて2回も乗ったんですけど、これってやっぱり運がいい?(だってもう二度と乗れない可能性だってありますし~)

【2007/06/13 22:00】 | 香港生活 トラックバック(0) |
みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか?超(←死語?)おひさしぶりでございます。
  あ、そんでも10日ぶりか、たいしたことないっすね。

さてさて、ワタクシ予定通り9日には戻っていたんですが、満身創痍と申しますか、ひどいびょーき引きずって帰港いたしまして。まあ、簡単に症状を申し上げますと、咳なんですけどね。咳を侮ってはいけませんよオクサン。なんたって、夜眠れんし。
あーでも、食欲のおかげで痩せはしてませんが(・・・くーっ!残念<え?)

とにかく咳のせいで胸まで痛くなってきたんで、今日は病院へ行ってきました、多分症状に効くと思われるオクスリもいただいてまいりました。
ので、今週中には現役に復帰できる予定でございます。はぁ。

さて、胸の痛みは気管支炎のせいだけじゃありませんよオクサン。
6月10日 カナダGP
1.L・ハミルトン  マクラーレンメルセデス
2.N・ハイドフェルド BMWザウバー
3.A・ヴルツ ウィリアムズ

病気であろうがF1は見たんかい、ってほっといてください。高い視聴料払ってるのよ、見らいでか、あっはっは。
さすがにライブタイムってわけにはいきませんでしたけど・・・なにせアメリカ大陸は時差が厳しい。病人にはとても耐えられる時間じゃありませぬ。

けど、PCでライブタイムはチェックしましたです。なにせ咳がひどくて眠れなかったんで。タイムをチェックしてたら、これがほんとに摩訶不思議なんです、とにかく次から次にSCは入るし走行止める車は多いし・・・これは見なくちゃナンも言えん、ってことで翌日の再放送を見た次第(ああ、説明が長すぎる・・・)

とにかく、荒れたレースでした。
見てて疲れまくり。オンタイムで見てたらきっと叫び続けていたことでしょうよ、ワタクシ。
PPは脅威の新人、マクラーレンのハミルトン君、フロントに並ぶのは昨年のチャンピオンアロンソ、4と5が赤組で3番目に割って入ったのが、今年健闘してるペトロナス、いやBMWのハイドフェルド、その後は略しますが(爆)まあ、そんな順番でしたっけね、予選結果は。

マク、強いじゃーん。どうしたのよ、いったい・・・
もうまぐれとか奇跡とかじゃないですよね、ね???
つかルカ社長が宣言してたじゃないですか、カナダじゃ赤い車が1-2なんだって。アタクシは結構信じてたんですが。
なんたってアロンソは去年こそカナダで勝ったものの、彼にとってモントリオールはもともと鬼門のはず。ルイスはここまでが順調すぎたんでそろそろ何かあってもいいころかなーと、思っても不思議じゃないっしょ。

さて、今回のレース。荒れに荒れましたが何よりクビッツァのクラッシュ、あれにはみんな最悪の状況を一瞬思い浮かべてしまったんじゃないでしょうか?無事でよかったです、ホントにホントに。なんか骨折もしてないんですってね。さーすがF1カーのモノコック。10年前ならこうはいかなかったはず。とにかく無事でよかった。

あとは・・・ブラックフラッグ振られまくったとか、ピットインしたらクルーはいなかったとか、ああ、そういえばスタートしない人もいましたっけ(爆)色々ミドコロ(・・・なのか?)満載でしたが、なんたってアロンソ、あんただよ。
なんであんなに焦ったん?あんたらしくもない、もちょっと落ち着きな、って声をかけたくなりましたことでした。コースアウトも1回じゃなかったしねー。運に恵まれないってこんなことかと思い知らされましたことでした。
ラスト3週目に某日本選手にぶち抜かれたときには、もう胸が痛んで痛んで・・・アロンソのプライドずたずただろうなぁ。

って、はぁ?アタクシはいつからフェルナンドのファンになったんだい、って感じですが、とにかくルイスは誰が心配せずともしっかりPPtoWIN 決めちゃってくれてるしみんなの喜びようも一様じゃない。ポディウムにまたロンが上がるんじゃないかと思っちゃいましたが、ウィトマーシュさんでしたねー。
秘蔵っ子がここまで順調に育っちゃうと、今後のマクの戦略も変わらざるを得ないかもなー・・・うー、ますます心配しちゃいますよ、フェルナンド。

さて、お休みしていた10日間のことはまたおいおい。観光用の写真がいくつかあるので、アップしたいと思います、気長に待っててくださいまし。

【2007/06/12 19:20】 | F1 トラックバック(0) |

報われぬ愛
りー
ひたすら、耐え忍ぶってのも、なかなかにM心をそそられてよろしいのでは?・・・なんつーのは冗談です。
けど、とにかく今は耐えましょう、耐えればいつか花が咲く日が・・・来るのかなあ<おいおい

いずれにしても、某ホン○さんは、今は試練のときですよね。なんたってポイント取れないもんなー(溜息)スタートでのそのそやってる場合じゃないだろってカツ入れに行きますか、いっそのこと。


えむ
先輩にぜひ聞きたい。
運に見放されたオトコへの愛の持続方法(笑)。

コメントを閉じる▲
何事も忘れぬうちに・・・が肝心なんだわ。なにせ記憶はわたあめみたいに消えちゃうんだもん。


1.ゴンピン360
20070601100623.jpg
これが完成したのは去年でしたっけ。全長5.7キロ、ロープウェイで25分くらい、ランタオ島の東涌駅からゴンピンまで上ります。
両親と行った日はあいにくの雨。この写真は以前香港に遊びに来たSちゃんと一緒に行ったときのものなんです。雨のおかげで人は少なめでしたけど、景色は晴れてないとやっぱりね。後ろに見えるのがチャプラクコク空港。
20070601100629.jpg
終点のゴンピン駅にあるのが、ゴンピンビレッジ。
まあ、一種のテーマエリアっていうんでしょうか、飲食店やらおみやげ物やさんやら、モンキーなんちゃらやらいろいろあります。奥に見えるのが屋外では世界最大の大仏さま。精進料理で有名なポーリン寺もあるし、そちら方面に興味のある人は楽しいかも。
私たちは雨が降りそうだったので行きませんでしたが、250段ほどの階段を登って、大仏さま見学もできるそうです。

2.マカオ
ずっと香港ばかりってのも退屈かと、1泊2日でマカオに行きました。マカオは今、ホテル建設ラッシュで、あちこちにいろんなカタチのホテルが建ち始めています。東洋のラスベガスってのを目指してるらしい。

私たちは老舗のリスボアに泊まったんですが、カジノへは行かず(笑)カジノは相変わらずメインランドからのお客さんが多かったみたいで、送迎バスがひっきりなしにお客を運んできます。あちこちのカジノで無料送迎バスを出しているため、マカオは運転手不足なんだって。

マカオの名物といえば
20070601100642.jpg
マカオタワーですよね<そうなの?
338メートルで世界で10番目の高さだっけ(なんか中途半端(笑)
20070601100649.jpg
マカオにかかる3本の橋も、珠海もずずずーっと見渡せます。
20070601100655.jpg
展望台の床はところどころガラス張り。かなり背筋がヒンヤリいたしました<高所恐怖症人間

マカオタワーのウリは、高所を生かしたアトラクション。命綱をつけて、タワーの外側を歩いたり、塔のてっぺんまで登ったり、200数十メートルの高さからのバンジージャンプやったり、まあいろいろあります。私たちが行ったときも、数人、ジャンプ待ちしてました。なんていうかすごい。よくああいうところから落ちる気になるよなあ・・・と思いつつ、ちょっと某姫を思い出してしまったワタクシでした、ふふ。

20070601100716.jpg
普通は、マカオと言えば、これなんじゃない?、セントポール大聖堂
今は教会正面のファサードだけとなっていますが、それでも相変わらず観光客が多い。
私たちはこの横にあるマカオ博物館にも行きましたが、ここも見所がたくさんあります。ちょうど、どこかの学校が見学に来ていて、うちの両親に日本語で挨拶したりしてくれました。じじばばには優しい民族なのよね。

以上、簡単な香港マカオの観光案内でございます。
今回は、レストランじゃ写真撮る余裕も無くて、食べ物関係は無し。次にお友達が来たときには、美味しいものの写真を頑張って撮ることにしましょう、誰か早く来て(笑)

ところで、ワタクシ、野暮用で土曜まで留守にいたします。
なもんで、またしばらく更新お休みいたしますが、みなさま、どうぞ見捨てないでくださいねん。それではしばしごきげんよう。

【2007/06/02 20:55】 | 香港生活 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
さて。
両親来港中、ワタクシは何をしていたか。
そりゃーもう、忙しくしてましたよ、食事作り(え?)から後片付け、掃除に洗濯、そして観光案内。ガンバッタよなー、ワタクシ。よしよし<どこまでホントの話なんだか・・・

で、ここに載せることはあんまり念頭になかったんでたいしたものはないのですが、ネタ枯渇事情により書いてみる香港観光案内。

1.スターフェリーより
IFC2.jpg

20070601100709.jpg
横に並べる方法がわからん・・・

上の写真が、今、香港島で一番高いIFC2のビル。この辺がセントラル。後ろにピークがあります。下の写真は以前一番高かったなんとかビル(名前失念)その辺は湾仔から銅鑼湾ですね。
この景色、2ドル前後(デッキによって差が少々)30円 くらいで誰でも楽しめます。お手軽格安観光コース。

2.九龍側
20070601100636.jpg

20070601100701.jpg


これは、以前ちょこっと生活してた某サービスアパートメントから撮ったものなんですが、海に面してないほうから見るとこんな景色なんです。
上の写真、右から2番目のちょい高いビルがペニンシュラの新館。ペニンシュラのシティビューの部屋だと、こういう景色ってことですね、どなたかのご参考になるかしら(笑)
下はネーザンロード沿いの九龍公園。結構大きいね。

というわけで、この項、明日も続きます(書けるのか?明日(笑)

ところで今回、中環にある、チューツマさんたちに人気だというマッサージ屋さんに二回ほど行きまして(父親がすっかりはまっちゃって(お安いってわけではないんですが、キレイだし受付のおねーさんは英語上手いし、ってことで)
もう、カラダずたぼろでしたわよ、ワタクシ。
70と80のおじいちゃんおばあちゃんは気持ちいいーって言ってるのに、私一人痛い痛い!と叫びまくり。肝臓腎臓アタマ(これはいつもだ・・・)それから特に坐骨神経。
足を組んで座るのを止めろと言われましたことでした。
どうも椅子の高さがびみょーなせいか、ついつい足を組んで座ってしまうのよね。止めなくちゃ、と思いつつ、今も組んでたよ、あー、止めなくちゃ!

【2007/06/01 12:00】 | 香港生活 トラックバック(0) |
香港に来て、更新怠けまくり・・・
生きてますから、毎日あれこれ無いわけじゃないんだけど、書かないと忘れてしまうしねぇ<って言い訳かいっ

えー。
次とその次はダメなんだそうなんで、あわてて書いておきます、
5月27日 モナコGP
1.F・アロンソ マクラーレンメルセデス
2.L・ハミルトン マクラーレンメルセデス
3.F・マッサ  フェラーリ

某Dさまによると、この結果は予選のときから見えてたそうなんですが
(ニッポンのCS放送には川井ちゃんがいますから、だって。すごいぞ川井ちゃん。いいなあ・・・こっちの放送もピット裏の噂話とか、レース中のチームラジオなんかだといろいろわかるんだけどな(笑)
アタクシはテレビにもパソにも寄り付けない生活してたんで(泣)グリッドの順番しかわかってなかった。だから新鮮で、良かったっちゃ良かったわよ、はい。

モナコは、他でのレースがダメなときでも、なんとなーくイケてる感のあるマク車ですから、まあそこそこは行くだろなとは思ってたんですが、赤い車に1分以上差をつけることができるなんて思わなかったです。まあ、そこは嬉しい。

けど、キミちゃん。シュー兄の後継者として、華々しく赤組デビューしたキミちゃん。マク時代は大きな声で言えなかった「好きな車はフェラーリ」を堂々と発表できるようになったキミちゃん。モナコはクルーザーまで用意して準備万端だったのにねー、やっちゃいましたよねー。やっぱりラスカスはフェラーリの駐(以下略)なんだわ、と世界中に知らしめちゃいましたそうで(予選は見てないもんで)

下位グリッドのモナコじゃあ、上がこけてくれない限り勝負できないもんなぁ。ポイント取ったのを褒めてあげるべきでしょか。なんかもう、キミがチームメイトにボコられてるのを黙って見てるのはホントにツライです。いや、声を上げたところで届くわけじゃありませんが。
とにかくなんとか頑張ってください。チームメイトにだけは、負けてくれるな、頼むよ(切実)

でも、やっぱりカナダでもアメリカでも、マクの勝利はねがっております、てへ。
あ、マクのチームオーダー関連のペナについては、ほとんど心配してませんでした。まあ、あれくらいでペナ課すっていうんなら、あのチームの(以下略 みんなわかってますって)

【2007/06/01 10:49】 | F1 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。