上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_3897.jpg

在港10年でしたが、シンセンに行ったのはたった一度、それも家族と一緒だったので、楽しいことで有名な(?)シンセンの市場に行ったことがありません。香港に住んでる人なら、この私のスゴさがわかってもらえるはず(笑)
なのでメインランドの市場なるものがどういうものだか全然知らなかったのですが、北京に来てから、結構市場に行ってますなー。(いや一人では無理だけど)

IMG_3890.jpg

両脇に並ぶ一坪(笑)ショップ。
香港の街市と違うところは、道幅の広さと、平屋だということ。
集まる人数は少なくないのですが、道が広いので、街市のごった煮的混雑はありません。ゆったりしてるねー。

そこでこんなものを見つけました。
IMG_3891.jpg

写真が下手でごめんなさい。
こおろぎみたいだけど、緑色で、こおろぎの二倍くらいの大きさの虫。ちょい不気味(爆)
鳴き声を楽しむ・・・らしいけど、ホントかなー。


てくてく歩くこと10分足らずで、東郊広場の門が見えます。
IMG_3894.jpg

ここは台所用品を扱う建物もあったし、あと・・・あと、何かあったっけ(こらこら)

とにかくこの日はお茶を買いに行ったのでした。
建物まるごと御茶屋さん街。パッと見同じような御茶屋さんがずらーーーーっと並んでます。たぶんシンセンの茶葉世界もこんな感じなんでしょうね。

この日、私を連れて行ってくださったのは、FちゃんとFちゃんのお友達某さん。某さん、北京のブロガーさんなら誰でも知ってる有名人なのですけど、実物にお目にかかれるとは思ってなかっただけにちょー感激♪ほっそりした上品マダム、でありながらとーっても気さくなセンパイ@北京生活(年齢じゃないよ(笑)でした。

そんなお二人が連れて行ってくださったお茶屋さんで、いろいろ試飲しつつ選んだお茶の一つが、最初の写真。「太平猴魁」という緑茶です。わかめみたいでしょ。お茶を淹れてくれるお兄ちゃんも親切なイイコだったし、通訳してもらった上に値切ってもらっちゃって、ほんと至れり尽くせりの市場アテンド、ありがとうございました(最敬礼)>Fちゃん&某さん

私が連れて行ってもらったお店は、ポーレイ、じゃなくてプーアール茶が得意らしい。涼しくなったらプーアール茶を買いに行きたいな。


***************


市場に行く前にいただいたランチ。
IMG_3888.jpg

日本で食べる中華、がウリの東京飯店@建外SOHO
坦々麺もシュウマイも餃子も、懐かしい日本の味でした。
たまに懐かしくなるんだよね、日本の味って。
スポンサーサイト

【2009/07/31 17:43】 | 北京:ハツモノ体験 トラックバック(0) |

市場っておもしろい
りー
市場も中国語で言えるようになりました。これでタクシーでもいけるか??(まだまだだよ)

お茶だけじゃないんですね、あそこは。天意市場みたいなとこもあるんでしょうか?また行きたいなあ。

お茶屋さんに行くと、もう絶対増やすまいと決心した陶器買いの虫が疼きそうで、ちょっと怖くはあるですけどー(笑)

東郊市場
ふくちゃん
市場に慣れていないりーさんを普通に案内してすいませんw
あそこは、お茶以外にも食料品や衣類、雑貨など
色んなものが売っています。
まぁあそこに行けばローカルのモノだったら
大抵あるんじゃないかと思います。

またお茶買いに行きましょう♪

コメントを閉じる▲
先日、ハンガロのあと、ゴルゴ13見たよ・・と某Pさまからメールが。
なんでも池田さまがゴルゴの標的として出てきたのだとか。

え゛~~~。
聞いてないよ~~。

って知らなかったから、たりめーだろって話なんですが。
それでもネットに何でもあるご時勢。とあるサイトのとある場所で、お教えいただいた題名を無事探し出すことが出来まして(にっこり)

画質なんてどうでもいいのよ、アタクシには声がすべて。池田さまは題16話「死臭の聖者」で、新興宗教の教主ミハイルさまを演じておられます。
あ、ちなみに「骷髅13」というのが中国語名らしいっすよ、なんて発音するんだろ??


それで火がついた、ひさびさのマイ池田ブーム。
折りよく始まったBS2の「宇宙世紀シリーズ」に毎夜お付き合いしております。昨夜までにZガンダムの劇場版三部作が放映されました。我が家NHKのBSは見られるんですよね、画質はものすごく悪いけど。

ワタクシ、テレビ放送全50話は見たんですが、劇場版は未見。
噂には聞いていたんですが、新たに加えられた場面とテレビ版の絵の差に戸惑い、ぶっ飛ばしすぎるストーリーに戸惑い、ラストの違いに戸惑い・・・戸惑いの3乗に大揺れしつつも、ひっさびさの池田・クワトロ・シャアのお声に酔っ払っております、ぐふふふー。
まあ、声優のみなさま、声は確かにお年を召しました。当たり前だけど。シロッコはもう少し硬質だった気がする、サラもフォウもイメージが狂う、等々、ヲタとしては不満はございます。
でもなんたってこれは鈴置ブライトの遺作だもん、ありがたく拝聴せねば。


映画は大画面で見ることが前提になってるためか MS戦が迫力あるんだよね。でもMSオンチのワタクシにはあんまり意味がないんだけど(爆)MSにキョーミないガンダム好きってそうはおらんやろ、わっはっは(←居直ってる)

【2009/07/30 11:21】 | 趣味 シュミ トラックバック(0) |
ヘキレキ。漢字で書くと霹靂。イカヅチっていう意味だそうで。

先日の大事故で今年中の復帰が難しいかも、といわれたマッサの代役として、2006年末に引退したミヒャエル・シューマッハさんが起用されることになりました。

夕べもそんな話してたんだよねー。
でも完ぺき主義者(であろう)の彼なら、オファーされても受けないんじゃ、なんて思ったんだよねー。だって、今年の車には全然乗ってないし。今年のレギュは(直線以外の)テスト禁止だし。


フェラーリは特別なプログラムで調整させるようだけど、そんなんだけで大丈夫なのか。

大丈夫じゃなくても、彼は8月23日バレンシアで走ります。
いろいろあるだろうけど、今は楽しみだと言っておきましょ。ね。


霹靂ネタがもう一つ。
BMWがF1撤退。
こちらは、まあ、今のご時勢からすると仕方ないと思うしかないのかな。もっとも撤退理由は本業の不振というより、今年の戦績のふがいなさが主原因というような言い方もされてますが。
んー・・・ニック、頑張って走って欲しいんだけどね、来年も。


【2009/07/30 10:30】 | F1 トラックバック(0) |
IMG_3886.jpg

初めて 県人会なるものに出席いたしました。
こんなにわが故郷にゆかりのある方々がいらっしゃるんですねー、とちょっとびっくり。

中心になるのは30代40代の働き盛りの方々。
同郷の人たちが、中国の中心都市で活躍なさっている姿を見るのは嬉しいものです。
高校の後輩が、うちのアパートのすぐ近所で働いていることがわかったり、同級生のことを知ってる方がいたり、北京も、いや世界も案外狭いもんだ、なんてね。


IMG_3887.jpg

場所は斉家園外交公寓。
今では数少ない外国人専用の公寓で、軍事警察が警備しており、敷地内に入るにはパスポートを提示しなくてはなりません。警備が厳しい分、中は安全だということなんでしょう。環三内というど真ん中の立地でありながら、この緑、この広さ。もちろんペット可のオススメ物件でございます。いかがっすか、オクサン?


は置いておいて、こういう県人会。ある意味情報交換の場でもあるんですよね。
名刺交換があちこちで行われます。
ワタクシ、専業主婦でアラフィフ世代ですもんねー、当然浮きまくりだよねー。
いやもちろんそんなのわかってるし、だからナニって話なんだけどね。



【2009/07/27 15:18】 | 北京:日常 トラックバック(0) |
7月26日 ハンガリーGP  ハンガロリンク

1. L・ハミルトン   マクラーレンメルセデス
2. K・ライコネン   フェラーリ
3. M・ウェバー    レッドブル

手術が成功して、マッサの容態は安定しているそうですが、まだ麻酔でねむっているとか。昨日の事故直前の様子を写真で見るとあと数センチ、あるいはミリ単位で目を直撃だったんですね、危なかった・・・
それでも重症には間違いなく、頭蓋骨も骨折(損傷?)
まだ28歳、子どもももうすぐ生まれるんです。なんとか後遺症が残りませんように。

マクラーレン、今季初勝利でありました。
やっと戻ってこれたのか、それともこの一戦だけのまぐれ勝ちなのか、答えは夏休み明け。なんのかんの言いつつも、やっぱりマクヲタ。初勝利は嬉しいです。
ジェンス、ジェシカのジンクス崩壊。残念だったね。

にしてもルノー!!あのピット作業はなんなのさ!「あわよくば」(あくまでも「あわよくば」です。それは本人もファンもわかってます、けど・・・)の勝利を無にするなんて・・(泣)あれはないよなー、ほんと(再泣)


今日もCCTV5はライブ放送なし。
こっちもひどいよなあ・・・はぁ~(ため息)これを書いてる最中、ようやっとダイジェスト放送中、おせーよ(ぷんすか) キミのポディウム映像を見たいがゆえにテレビつけてます。あと23周だ。


【2009/07/26 23:13】 | F1 トラックバック(0) |
IMG_3776.jpg

週末ですねー。
今週は北京、お天気があんまり冴えてませんでした。日本は梅雨の戻りだとか梅雨明けがまだだとか。毎年言ってるけど、やっぱりヘンですよね。
写真は三里屯の三里屯ビレッジにあったモニュメント。これ、男性と女性?

*****************

今日は8時から病院で血液検査、そのあと10時半から12時過ぎまで中国語のレッスン、1時からまた病院、こちらは耳鼻科関連。なんかちょっと一息つきたくて、初めて一人でスタバに入りました。持ってたipod聞きながら本を読んでゆっくりしちゃった。
カフェラテ トールサイズで25元(約375円) 日本と同じくらいですか?
日本も香港も スタバだけじゃなくてほかにもコーヒーショップはたくさんあるけど、北京はスタバ以外だと上島珈琲とかですかね、あんまり競合するのがないのよね。

*****************

中国語はまだ「挨拶」
スタートラインにも立ってません。
けど今日は病院で自分の血圧の数値が聞き取れて嬉しかったっす。がんばろっと♪

*****************

F1サーカス、今週末はハンガロリンク。暑そうだし、バージョンアップしたし、何よりジェシカが来てますもん、今回はやるよね、ジェンス(笑)


【2009/07/24 17:30】 | 北京:ひとりごと トラックバック(0) |
IMG_3767.jpg

フートン(胡同)というのは、北京旧市街にある細い路地のことですが、ここ「南锣鼓巷」はフートンの街並みはそのままに、屋内は(だいたい外国人向けの)お土産物屋さんとかこぎれいなカフェなんかに改築してあります。

なーんてね、シッタカやってますが、もちろん私が一人で行けるはずはなく(笑)

Fちゃんに連れてっていただきました。
私にとってはフートン初体験。

IMG_3765.jpg

道もきれいに舗装され、家並みもきれいです。観光客向けだよね。
ここで有名なのが文宇奶酪店というお店

IMG_3764.jpg

普段は開店を待つ人たちで行列ができるんだとか。
私たちがお店に入ってからも、ひっきりなしに人がやってきます。

で、お目当ての宮廷ヨーグルトは売り切れ・・・んー、残念。やっぱり開店時間に合わせていかないとだめかしら。
なので私は小豆入りヨーグルトを、Fちゃんは カテージチーズの小豆餡巻(?)をいただきました。写真がないのは、お店の中はいっぱいで、容器をかかえたまま外で立ち食いしなくちゃならなかったから。
片手で容器、片手でスプーンだもん、カメラ持てませーん(ダメじゃん)

ヨーグルト、というコトバから想像される酸味はほとんどなく、ワタクシ的には牛乳プリン、ってかんじかな。もともと清を作ったのは遊牧民族ですものね。ヨーグルトを始めとする乳製品がたくさんあるのもむべなるかな。

乳製品といえばメラミン・・・なんだけど、さすがにもう大丈夫・・・ですよね?うん、大丈夫ってことにしておこう、おくのだ。

【2009/07/23 20:25】 | 北京:観光 トラックバック(0) |

あはっ
りー
あ、あれはプリンなのですかー。どおりでどおりで(笑)

いや、でもあれはすごく私好みだったので(日本人には甘すぎるっていう話もありますが)次に行っても、また食べたいかもー。
是非またよろしくお願いします♪

たぶん
ふくちゃん
りーさんが食べたのは「牛乳プリン」です!
双皮~ってやつですよね?
牛乳なので酸味はありませんw
今度リベンジしましょうね~!

コメントを閉じる▲
01-eclipse-461sp073108.jpg

日食は残念だったところが多かったみたいで。上海も雨だったんですってね。
私はテレビのニュースで、いろんな地域の日食をたのしませていただきましたわ。北京はどうだったんだろ?少しは欠けてたのかしら??いずれにしても 今日は視界300メートルくらいだから見えるはずはないんですが。
写真はナショナルジオグラフィックのサイトよりダイヤモンドリング。きれいねー。

******************

衆院 解散しましたね。選挙に行かないと。

******************

近頃見た映画
1.ドラゴンボールエボリューション
世紀の駄作(!)と酷評された映画。機内で見ました。
いやー。いやいやいや。いやはや(ため息)
どっか褒めようと思うんだけどさ。
チョウ・ユンファはなんでこんなのに出たんだろ。
結末見ると、続編作る気満々のようですが、厳しいんじゃない?少なくとも原作ファンは絶対見ないね。

2.ヤッターマン
これも機内で。
機内じゃなるべく、DVD で す ら 見ないと思われる映画を見るようにしてますの(爆)
そういう意味じゃ予想通りっていうか(再爆)

3.チームバチスタの栄光
映画版のDVDをお借りしました。
これも・・・・うーん・・・・
そもそも田口を女性にした意味がわからん。竹内さんは嫌いな女優さんじゃないけど、無邪気な役は似合ってても、ぼけらーとした昼行灯(笑)的な医者ってのは難しいんじゃ。阿部さんの白鳥も、もう少し非人間的じゃないと、トリックの上田先生にしか見えない。
まあ、邦画全般に言えることなんですけど、出演者はみんなテレビドラマに出てくる人ばっかりだから、ちょっと豪華な、CMのない2時間ドラマとの区別がつきにくいんですよね。

ドラマの田口-白鳥コンビがそんなに悪くなかった分、2時間という制約に縛られて、登場人物の掘り下げや、いろんなエピソードの堀下げを割愛せざるを得ない映画のほうの点数が厳しくなるのは仕方ないかもねー。

*****************

そうそう、中国の銀行のサービスについてもう一つ。
ATMでお金を引き出すと、ケータイにSMSが入るんですよ。「ただいまあなたの口座から ○○元が引き出されました」って。即座に。律儀に。
お友達がヨーロッパで引き出したときも、きちんと報告が来たんだって。
やっぱ あれか。カードの偽造が盛んな国だから、被害を少なく押さえるためか。どういう仕組みになってるのかは存じませんが、まあ、ありがたいサービスではあります。


さてー。
アレルギーが出てるんですよね、また。
肘から下、赤いです、痒いんです、ぽりぽり。
先日行ったネイルサロンで、皮膚が薄いかんじですね、って言われました。すぐ赤くなるし、しわしわは多いし、確かにそんな感じ・・・はぁ(ため息)

面の皮は厚いのにねって、そんなのわかってるわよーだ。


【2009/07/22 14:45】 | 北京:日常 トラックバック(0) |

お天気悪かったですもんね
りー
あら、部分日食が見れたんですか。それは残念なことをしました・・・ってあの天気でどれくらい見られたんでしょう。
まあ、テレビで見たからいいことにしよっと。

バチスタのシリーズはなんのかんの言っても面白いですねー。久しぶりに北京で読書を楽しめました、ありがとうございました。

北京では
ふくちゃん
部分日食が見れたらしいです~。
私も頑張って朝起きたんですが、
曇ってたので2度寝してしまいましたw

バチスタはやっぱり本が一番いいですよね♪

コメントを閉じる▲
凱旋

ナイチンゲールの沈黙の双子のもう片方版。

ナイチンゲールのほうはあまりに現実離れしてる、と酷評いたしましたが、このジェネラルルージュは ナイチンゲールと同じ病院で、同じ日に始まり同じ日に終わる物語。登場人物も同じ人がたくさん出てきます。もともと1冊の本として書かれたものだから当然なんでしょうが。

で、こちらは面白いのよ。

なんたって速水先生が素敵です、カッコいいです、良すぎます。救命救急医ってこんな人なんだろうなーとド素人が描くイメージどおりの人。彼のいる環境は苛酷です。これがまたリアリティにあふれてるんですよね。現役の医者が書いてるから当然っちゃ当然なんですが、現代の医療が抱える問題点がたくさん描かれていて、リアリティーをいや増しております。
バチスタコンビの田口・白鳥のうち、白鳥さんの活躍が多少薄めではありますが、この話はそれでよかったんじゃないのかな。薄くはあるけど、ちゃんと期待通りの活躍はしてくれたし。
田口先生はだんだん図太くなってきてますわ、コンビとしてうまく行ってるってことかしら。


これはホントに面白かった。ナイチンゲールとは大違い、あくまで私個人比ではありますが。やっぱ、この手の話にはリアリティーがないとね。後半の盛り上がりなんて最高です。
これはミステリーではありません。海堂さんが一番言いたかったのは、今、あちこちで問題になっている医療現場の現実なんだろね。はっきりした悪モノがいないぶん(あ、沼田教授がいたか・・)劇的な改革ができないまま負のスパイラルに落ち込んでいく今の現場の悲鳴が聞こえてくる気がします。ワタクシごときが考えたところで なーんの解決にもならないんすけど・・・

最後に。これは面白いんだけど、つまらないと思われるナイチンゲールを読まないと、本当には楽しめないんですよねー。だからつまらなくても、ナイチンゲールを読み流し、そのあとこちらをお読みになることをオススメしたい(・・・って誰にだ(笑)


これは映画になったんですよね。さてテレビドラマにはなるんでしょか?なんかやって欲しい気もするんだけど、そうすると速水先生は誰になるんだろーな。


【2009/07/22 12:55】 | 読書 トラックバック(0) |

映画は見てないけど
りー
ジェネラル速水先生は 堺雅人さんですよね。ルージュを引く堺雅人が頭の中から離れませんでした(笑)映画でそんな場面があるのかなー。
でもきっとまた映画を見たら、がっかりしちゃうんでしょうけどね。


ジェネラル
ふくちゃん
楽しんでもらえてよかったですw

ナイチンゲールはつまらないけど、
ジェネラルとのセットと考えると
読まないわけにもいかないですしね・・・。
私は速水先生が真っ赤なルージュを
引くというシーンにちょっとしらけてしまいましたがw

コメントを閉じる▲
IMG_3878.jpg

うちの近所にある機械。

ちょっと写真の映りが悪いのでわかりにくいのですが、これ、外貨交換ATMなんです。
日本円を始めとして、香港ドル・カナダドル・米ドル・ロシアルーブル・ユーロ等々8種類だったかの外貨を中国元に替えることができます。24時間。

こういうの、両替商が林立している香港じゃ信じられませんけど、こちらは為替が一律(一応ね、ホテルなんかじゃ手数料を取るところもあるそうですが)なので、こういう機械もあるんでしょうね。

いろんなところで日本の5倍くらい人手をかけてる気がする中国ですが(人件費が安いし労働力は豊富だし)こんなふうな機械もあるってのが不思議。

そうそう、中国に銀行はたくさんありますが、どこの銀行のATMも24時間稼動してます。もちろん手数料は無料。
・・・ねえ、なんとかなりませんかねー 日本。


【2009/07/21 18:13】 | 北京:ひとりごと トラックバック(0) |

そうなのかなー?
りー
90年代 在英時、ATMはすでに24時間無料でしたよ。ヨーロッパもアメリカもそうだと聞いたことがあります。銀行相互間は使用不可能だったかもしれませんが。

ATMの料金に関しては人件費だのなんだのより 日本の銀行が利権の上にあぐらをかいてた結果だと信じてやみません。中国にすら遅れをとってたんだと思うよ私は。ちなみに中国は国内の銀行ならどこの銀行でもATMの利用料はかかりません。

ただ、夜中に利用してカードが吸い込まれたまま、なんてことになったら大変だから、私は銀行が開いてる時間にしか使いません。なんとなくまだ信用できないんだ ここの国の機械(笑)

残念ながら
Pちゃん
「ATM24時間稼動で手数料無し」っていうのは人件費が安いから出来ることなのですよ。ATMが動いてる間は、緊急コールボタンを押したお客さんに応じられるように、セキュリティセンターに人間が待機してないと駄目なんだもん。トラブったまま朝まで放置されたら嫌でしょ。

コメントを閉じる▲
IMG_3881.jpg
王府井に隣接するショッピングモールです。
出来た当初は アジアで一番広い、とか冠言葉が付いていたそうな。今はどうだか存じませんが。

ショッピングモールはあちこちにあるんですが、ここはなんとなく親しみやすい気がするんですよね。なぜかっていうと、香港式のチャーチャンっぽいお店とか、izzueだのMichel Reneだの、知ってるお店がたくさん並んでるから。
それも当然というか ここは あのリーカーシン氏が率いる香港の長江集団によるものだとか。王府井には、これもまた香港の新恒基集団が開発した別のショッピングモールもあるのですが、なんていうか香港っていろんなとこに食い込んでるんだなーと再確認。

この東方新天地、平日でも一日10万人近くが訪れる場所なのだそうですが、店の売り上げはどうなんだろな。通りには人が多いけど、たいていのお店は従業員さんのほうが多いですもん。エスプリとかジョイアンドピースとか そのレベルのお店でも。
ましてやソニアリキエルだのボスだのっていうもう少し高いブランドのお店は推して知るべし状態なわけで。

価格は日本とほぼ同じかそれより高い、のだそうです。ってことは北京の物価水準からするとバカ高いってことで。それでもブランドのペーパーバッグを持ってる人を見かけるってことは、買える人も多いのでしょうね。

IMG_3721.jpg

モール内の、BMWのショップ「lifestyle」
こんなとこで ポンと車を買う人がいるんだろか?

いるんだろうねー よく見かけますもんね BMW.


そんな東方新天地、ただいま香港キャンペーン中。
IMG_3880.jpg

地下鉄の地名を見たら、香港が懐かしくなりました。


【2009/07/19 16:45】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
511tJyi4bjL__SS500_.jpg

チームバチスタの栄光の続編です。続編をお持ちだというFちゃんからお借りすることができました。

楽しみながらゆっくり読もうっと。

・・・と思っていたんですが、昨夜寝しなに読み始めたらやめられなくなって。結局寝たのは今朝方の4時です。は~ぁ、疲れたー。

バチスタはテレビドラマも面白かったし、小説も面白かったんです。結末がドラマに比べるとあっさりしすぎっていうか、このあともうひとひねりあるんじゃ?っていう期待は裏切られたんですが。
で、ナイチンゲール。当然期待します。わくわくです。

だったんだけどね。

なんていうのかなー。バチスタに比べるとあまりにリアリティーがなさすぎ。別にこれ、舞台は病院である必要ないし。プロローグの思わせぶりな解剖の場面とか、完全から回りだし。真犯人と真犯人とともに犯罪を隠匿する人間は、読んでる人なら誰でも想像できるんですが、これをどうやって裏切るのかなーと思っていたら、これが全然。どんでん返しのかけらもございません。白鳥と田口のコンビは健在っちゃ健在なんですが、新しく白鳥さんの昔の同級生っていう人が登場してきた分、存在感が薄まってしまって、それも残念。そもそも私は現在形を多用する文章にいらついちゃうんですよね。緊迫感は強まりますが、多用するとその効果も薄れる気が。
前作どおり田口センセの一人称じゃだめだったのかなー。
しまいには、重要キャラであるアツシくん、設定が5歳なのにコトバがたくみすぎ、とか八つ当たり気味に思っちゃったもんね。
期待してた分、がっかりの度合いも大きくて今朝の疲れも倍増でした。けどイッキ読みってことは、ストーリーには引きこまれてた・・・ってことなのでしょう、なんのかんの文句言ってますが(笑)


おかげで、今日の病院の検査、血圧が90-60だった。睡眠時間が少ないと血圧も低くなるのかなー。

さて、次は「ジェネラルルージュの凱旋」なのです。もともと、この「沈黙」とあわせて一つの物語だったらしいです。凱旋を読んだら、沈黙の評価も変わるのか さてさて??



【2009/07/17 18:46】 | 読書 トラックバック(0) |

たぶん・・・
りー
もうちょっとで面白くなるだろう、面白くなるに違いない・・・と追い込んでいったので、きっと一晩で読んでしまったんだと思います。

・・結局裏切られた気分でしたけど(爆)

ジェネラルはゆっくり読んでますよ。ナイチンゲールよりずっと面白いです(笑)

はやっ!!
ふくちゃん
もう読み終わったんですね!
私は「蒼穹の昴」をちびちび読んでますw
寝る前だけにしてるのでめちゃ進むの遅いですよ~。

「ナイチンゲール」は微妙ですよね・・・。
「ジェネラル」はそのぶんちょっと盛り返しますよ~(私的に)

コメントを閉じる▲
11.jpg

マクラーレンヴォーダフォンメルセデスターボツイスト っていうんですって。F1カースタイルの三輪車。三輪車ってとこがいい。
お値段も、そこそこ。
(119.99ポンドだとか。思ったより安いんだけどなんで120ポンドにしないんだ、マクラーレン)
ドリフトもできるんだよ、すごくない?

ワタクシに対象年齢(6-13)でないことが悔しい(・・・ってのは冗談ですけど<たりめーだ
そのくらいのお子も孫もいないってのが、かえすがえすも残念でございます。いやマジで。買って飾っておくにはでか過ぎるし(笑)
サンタンデールのロゴがバックについてるんですよね。このバージョン 限定モノになるんじゃね?


サンタンデール関連で思う、アロンソの移籍話。
うーん・・・行きたいんだろうな、ほんとに行きたいんだろうなー。
いや、それ以上は今のとこ言わないし言えませんけど。


【2009/07/16 11:24】 | F1 トラックバック(0) |

ですよねー
りー
買いませんか?Maxiさん宅にお飾りになったら、是非アップを。レアモノかどうかはともかく、下手なミニカーよりお安いと思うんですけどー(笑)

ターボツイスト
Maxi
楽しそう~!
めちゃめちゃ乗ってみたいです。(笑)

コメントを閉じる▲
2009 189

北京というのは、医療水準の高いところだそうな。
考えてみれば13億人を抱える大国の首都なんだし、優秀な先生方がたくさんおられるのですから当たり前ですが、日本で行った病院で、両方の先生からそういわれて「ふーん」と思ったことは確か。処方されたお薬も、当たり前ですが、確かなもののよう。
しかしなんとなーく日本で受ける治療のほうが安心できるのはナゼでしょねー。コトバ問題か?それだけなのか??(笑)

北京で貧血と耳鼻科方面の治療を受けております。継続中です。
日本に帰国する旨を告げたところ、北京に戻ってから もう一度検査を受けるように言われておりました。戻って一週間、そろそろ連絡しないとな、とか思ってたら、件の病院からお電話を頂戴しまして。「そろそろお戻りになった頃かと。ドクターのアレンジをさせていただきます」だって。
そりゃどーもご丁寧に。

帰国する前に行った美容院からも二度ほどキャンペーンその他の連絡をもらうし、お世話になった不動産屋さんもアフターサービスばっちりです。
日本人のパイが小さいですからね。びょーいんもびよういんも顧客囲い込みの時代。


写真は協和病院の敷地にある門。
ここはもと精華大学の医学部のあったところ・・・と書いてある気がする。
中に、記念館でもあるのかな、と思うでしょ。


IMG_3707.jpg
使われてるんですねー 今でも。
この協和病院、1900年代はじめ、米国のロックフェラー財団の支援を受けて立てられたものだそうですが、王府井近くの一区画を占める広い敷地に 二十数棟の建物があります。で、こんな古い建物も使われてるし、近代的な高層ビル棟ももちろんあります。でもって現在も新しく何か建ててます。

私の通うクリニックは、この協和病院の中にありまして、協和の先生が出張して来てくださるらしい。「協和病院の先生なら日本の町医者よりよほど腕がいいですよ。」と日本で言われたんですよね。
信じるっきゃないよな、うん。

【2009/07/15 10:10】 | 北京:ひとりごと トラックバック(0) |
ウロコ


九州でのオツトメ(笑)を終え、東京へ。
東京はひたすら飲み食いに明け暮れました。
美味しいものいっぱい、ほんとにいっぱいいただいたんですが、写真を撮ったのはここだけだったのはなぜだろか??


中野北口そばのウロコというお店です。
各テーブルに七輪、じゃないんだけど、炭で焼く道具(笑)がありまして、注文した魚介類を自分たちで焼いていただく仕組みです。
焼き物

煙もくもく。
かなり強いにおいが洋服に付きますが、
ほっぴー
ホッピーなんか初体験しちゃって、美味しく楽しくいただきました。

東京でいつも美味しいものを用意して下さってるみなさま、どうもありがとう。
次回もまたよろしくねん♪


【2009/07/14 17:13】 | ニッポン トラックバック(0) |
別府

山と海、あちこちから上る湯気。
温泉の町 別府です。
一時期に比べると少なくなったとはいえ、温泉町としては相変わらず圧倒的な集客力を誇っているとか。ニッポンの正しい温泉町、頑張って欲しいです。

帰国時の恒例の両親との旅行、今回はやまなみハイウェイから別府入りし、そこから南下する旅にしました。

で、10号線を南下。南へ南へ。宮崎はひたすら長い。

で、着いたところが、
鵜戸神宮
鵜戸神宮。
こちらに祭られている神様は、あの海幸山幸の山幸彦さまのお子様。山幸彦さまと海神のお嬢さんとの間にお生まれになった方で、神武天皇のお父様なんだそう。うーん、神話の国ミヤザキ。

ここの名物の亀石、運玉を投げ込めば、願いが叶うそうです。運玉は直径2センチくらいの素焼きの玉で、5つ100円。
鵜戸神宮3
左側の建物付近から、右の黄色枠の亀石に投げ込みます。(写真をクリックして下さい)
入ると願いが叶うそうで・・・ぬわんとワタクシ、二つも運玉が入ってしまいました。
えー!二つもお願いをかなえていただけるんでしょうか。日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊さま。ありがとうございます(拍手)

気分をよくしてその日は日南市の宿へ。
翌日向かいましたのは

都井岬
野生馬で有名な都井岬です。
サラブレッドとはやっぱり違って、なんていうか泥臭いっていうかね。ああこれが野生なんだー。

そのあとは、小林市にある「綾の大吊橋」へ
大吊橋2

吊橋といえば、九州では九重の夢の大吊橋が有名ですが、あちらができるまでは歩行できる橋の高さとしてはここが日本一だったそう。
宣伝があまり上手くないのと、ここまでのアクセスがイマイチなのとで、そんなに知られていませんが、橋としてはすごーく面白いですよ、ここ。
大吊橋
橋の途中途中でこんなふうに下が覗けますし(マジでこわいこわいと先に進めないおばちゃん多数(笑)

ここから、車一台がやっと、という細い県道を通って

陰陽石見学
陰陽石


今回の旅は二泊三日で700キロ超。久しぶりの運転でしたが、日本は運転しやすいわー。って、他県のわナンバー、しかもおばちゃんの運転ということで(?)、いろいろ親切にしていただいたおかげだと思いますが。


話題の宮崎県の旅、楽しかったです。
宮崎


【2009/07/13 14:10】 | ニッポン トラックバック(0) |
7月12日 ドイツGP ニュルブルクリンクサーキット

1. M・ウェバー  レッドブル
2. S・フェッテル レッドブル
3. F・マッサ   フェラーリ

降るぞ降るぞといわれて、スタグリの前に数週回った車があったそうな。ガス減らしのため。
結局タイヤ交換が必要なほどは降らず。
路面温度も上昇気味で、ハードでもそこそこ。

キミへのドイツの呪いは健在、じゃなくて継続中。ドイツだから、キミは勝てないの。兄が来たのなんて関係ないの。スーティルとの接触もドイツがやらせたことなの。ごめんねごめんねー。
ま、レーシングアクシデントで、無罪放免だし、ハンガロは暑いだろうし、次は頑張ってよ。

セカンドクラブ対決は、ウェバーの勝ち。
決して好きなドライバーじゃないんだけど、あの嗚咽っていうか雄叫びっていうかを聞いたら、素直におめでとうと言いたくなりました。初優勝はあんなウェバーをも初々しく見せてくれるのよねー。
   これでクラブを卒業なんてことは絶対にできないがな・・・
で、セカンドクラブベテランのケロさん。残念なのはわかる。けどそれをチームのせいにしちゃだめだよ。たとえリグが違ってても、言っちゃいけないことってあるじゃんね。

マクに関しては、もうホントに言うべき言葉がみつからない。
コバちん、ガス減らし作戦は無駄に終わるし・・・無駄の極地はエース(敢えて言おう、エースと(笑)のKARS。これが今年のマクの象徴なのか・・・

アロンソはあんな車でよく頑張ったと思います。またどさくさにまぎれて 後半どっかで勝ってくれないかな。

【2009/07/13 13:04】 | F1 トラックバック(0) |
IMG_3875.jpg

水です。
サイトを探そうと思ったんだけどよくわかんなかった。日本でも販売されてるみたいですけど、顔写真付きではないのかな。

ミネラルバランス含有率の黄金比ってのがウリらしいのですが、飲んでみると結構硬い。
もともと私はコントレックス系の硬い水って苦手なのよね、だからリピはしないかも。

IMG_3876.jpg

中国語では「マイケルシューマッカ・7度のF1ワールドチャンピオン・ロシュバッハーの代言人」と書いてあるんですが、「代言人」の意味がわかんない。広告やってる人っていう意味ですか??

**************

3週間あくと、すごいお久しぶりの感のあるF1.。ドイツが地元GPになるチームとドライバーが多いですねー、さすが自動車大国ドイツだわ。
小雨で路面温度も低くて、熱が入りにくいって言われてたのにハードでも速いレッドブルってすごいね。しかもかなり積んでるし。フロントのセカンド対決(ぷぷぷ)どっちが勝つのかな。

にしても、赤組さん。あれが実力ならマジで寂しいっす。せっかくミヒャさんが来てるのに。

【2009/07/12 14:16】 | F1 トラックバック(0) |
ドラマ化だそうです。これは7日に乗ったJALの機内誌の 浅田次郎さんのエッセイで知りました。
中国で撮影中なのだそうです。中国の映画村(太秦みたいなとこらしい。けど規模は全然違うらしい。なにせ紫禁城が似たような大きさで作られてるそうなので。。。さーすが中国)で、製作中だって。


北京へ行くなら是非読んで、と言われたことがあります。
浅田次郎さんのご本は、全部とは言わないけどかなり読みました。
どれもこれも面白いんだけど、なんか落しどころがあまりに決まりすぎてて、それでちょっとつまんないかなー なんつーことを生意気にも思ってたんですが。

シンガポールが舞台になってるのは「シェラザード」があって、それはシンガ在住時に読んだんだけど、あれも面白いけど、あまりに話が出来すぎで泣かせどころ押さえすぎってのがなんだかなーの印象を持った覚えがあります。ホント浅田先生は上手いんだよなー。

で、蒼穹の昴です。
原作、ほんとにイッキ読みでした。
教科書の中の歴史だと思ってたものが、一気に身近な近現代につながってくるのがたまらなくおもしろかったです。せっかくその舞台の地に住んでるわけだから、もう一度歴史も復習しようかな。

NHKですもん、きっとワールドプレミアムでも見られるはず。っていうか見せてよね。


【2009/07/09 09:50】 | 北京:ひとりごと トラックバック(0) |

Re: タイムリー
りー
ワイルドスワンはまだですー。あれも話題になったときに読んでおくべきだったかしら。
北京は 日本の書籍を手に入れにくいですよね。ふくちゃんはどこで買ってるの?

今回は、薬だの化粧水だの重たいものをいろいろ買ってきたので、本まで手が回りませんでした。それでも25キロだもんなー。本はこちらで購入するしかないかしら?

タイムリー
ふくちゃん
ちょうど上巻を手に入れ、読み始めるところです!
ドラマ化されるんですねー。
「ワイルドスワン」も読むといいと言われましたが、
りーさんはもう読まれましたか?

コメントを閉じる▲
時差は1時間です。
たかが1時間 されど1時間。今朝は5時に目が覚めてしまいました。

昨日広げっぱなしだった荷物を整理すべくぼーっとしながら家の中をうろうろしてたんですが、
持ち帰った日本円やらパスポートやらをセキュリティボックスに入れ、ロック。で、その後日本の保険証を入れようとボックスの暗証番号を入力したのですが、ボックスが開きません。

あれ?

* * * * ←四桁の数字入力中

あれれ?

* * * * フタタビ入力中

あれあれあれ・・

うちは夫婦で黙っててもわかる暗証番号を一つ決めてるんですが、それをいくら入力しても開きません。
おかしい。
さっき、ぼーっとした頭で再ロックしたんだけど、どうもその時押した番号がいつものと違ってたらしい。

まずいです。
自分で入力したんですがその数字は自分では****のつもりだったので、何番を入力したかわからない。
どうしよう。

というわけで、結局サービスの人に泣きつくことになりました。
私が10回以上間違った番号を入力したことで、かなり面倒なことになった模様。ほんと、ぼーっとした頭でなにかやるとろくなことになりませぬ。以後注意するようにね おばちゃん。

******************

見知らぬ番号から数回の電話。取ったら中国語でなにやらペラペラ。「間違い電話ですよ」と英語で言ったら、次は英語でかかってきました。ぬあんと保健所(?)からの電話。昨日、感染国からの便に乗ったから、みたい。
今朝検温したかとか、のどは痛まないか 咳は出ないか、いろいろうるさく効かれました。出歩いてる?とかも聞かれたし。電話切っても、何かあったら、すぐに連絡してとSMSまで。

中国、未だ水際作戦で頑張ってます。
・・・・効き目あんのかなあ(こらこら)




【2009/07/08 20:15】 | 北京:日常 トラックバック(0) |
IMG_3874.jpg

昨日のお昼すぎ、10泊11日のニッポン旅行から帰ってまいりました。
今回も九州とトーキョー。
あれやこれやいろいろあったので、忘れないうちに書いておきたいんですけどね。

そういや、感染国からの便ということで、今回の検疫は結構厳しかったです。
まず、離日の際に、ニッポンでの滞在地、中国での滞在予定場所、連絡先等々詳しく書く紙を渡され、北京空港に到着後は、検疫官が乗り込んできて、全員の体温チェック。その後サーモの森を抜けて一人ひとり先ほどの日本で書かされた用紙のチェック。微熱でも、熱がある人は要注意です。

北京便でのそういう用紙記入を知らない人も多かったようだし、英語と中国語のみの記入なので、何を書いてあるかわからないと仰る方もおられた様子。日本語のヘルプがあるといいのにね。いや、そんなに難しい言い回しはないのですけど。


で、極め付けが感染国からの入国の場合は、いちお7日間、おうちでおとなしくしててね、なんだとか。
・・・・んなことできるかい!

*****************

今回は二度も病院へ行きました。日本で。

最初は眼科。なぜか到着の翌日から目が真っ赤になってしまいまして。うさぎのお目目ちゃん状態。
なので旅先の別府で眼科に駆け込む羽目になりました。
次は皮膚科。これは東京で。ひじから下が、ぼろぼろになって痒くて痒くて。

どちらも結局原因は不明でした。どちらでも、あんまり見ない症例ですね、と言われました。
空気も水も絶対北京よりきれいなはずのニッポンなのに、なんでこんなになるんでしょう、わたくし(涙)

写真はあまりに薬が多くなってしまったので(北京から貧血のためのお薬も持って行ってたし)トーキョーの処方箋薬局で作ってもらった「おくすり手帳」
これから、これを持って帰国することにしますわ、ええ。


【2009/07/08 08:45】 | ニッポン トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。