上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタシとツレアイの郷里の言語は無アクセント地帯となっている・・・らしい。
確かに各単語のアクセントは乏しいかもしれない。
私は高校時代、放送部に所属していたのだが
とにかくカツゼツとアクセントとの格闘であった。
国営放送出版局のアクセント辞典を携帯し、
学習した日々を思い出すわ~(ちょっと遠い目(笑)

以前書いたけれど私は転勤族の子であったがゆえに
今の郷里の方言をカンペキにモノにしているわけではない。
が、ツレアイは生まれも育ちも地元の子なので
大学からこのかたずっと関東住まいにもかかわらず、
いまだにカンペキな方言を話すことができる(それしかできないとも言う)

うちの子ども達のうち次男と三男は全くこの地方の方言がわからない。
ツレアイが激昂して方言で怒鳴るようになると
まるで他の言語を聞くような顔をし始める。
そこまで至らずとも、たとえば西の地方ではものを片付けることを「ナオス」というのだが
これは子ども達にとっては「修理する」ことであって「しまう」事にはならない。
ゆえに「コレをなおしとけよ」といわれると「壊れてないよ」という会話が交わされて
そばにいる人間は大笑いということになるのだ。

ところが長男は私達の郷里に1年間暮した経験があるので、かなり方言を理解する。
・・どころか場合によっては私よりうまく方言を操る事がある。
今は関東に住む彼だが、
友達に「二カ国語を話せるみたいで、カッコイイ」と言われるのだとか(笑)
そういや関東の子たちって全然方言喋れないものね。
最初のうちは「なに?そのエセ○○弁」とコ馬鹿にしていたのだが
みるみるうちに上達し、いまではすっかり地元っこ並に操れるようになった。
もともとツレアイの言葉を聞いていて耳の素地はあったんだろうが
それにしても上手い、私が聞いていても○○出身者と間違えそうに上手い。
この方面の才能があるんだったら
もうすこし他に生かしようがあるとも思うんだが。
方言の単語覚えるくらいなら英単語でも覚えろっつうの!←親のホンネ

ツレアイはここ数年、とみに標準語のアクセントが苦手になってきたように思う。
人間年をとると、昔の記憶のほうが濃くなるせいなんだろうか。
無アクセントは拍車をかけ、方言単語もよく顔を出す
私にわからない単語も多くて、困る事すらあるのだ。
私は郷里のイントネーションで喋る事はできるが
個々の単語の意味となると曖昧なものも数々有るし
方言と言うのはそれでなくても標準語より細かい喋りワケができる場合が多いからね。
つまり描写とか敬語とかがよりこまやかにできるという事なんだけど。
ただ、彼は日本語のアクセントは苦手だが
(たとえば「橋」「端」「箸」全部一緒に「ハシ」としか言えない人)
英語のアクセントはほぼカンペキなのよね~
とてもすばらしいイギリス英語をお話になります、我がツレアイくん。
英語しゃべってるととても地方出身者とは思えないねと言ったところ
かの新渡戸稲造が同じことをぼやいていたそうな。
日本語だと笑われるけど、英語は大丈夫だからって。

私なんかは昨日のバロメーターじゃないけど
絶対日本語のアクセントのほうが得意なんだけど・・・
本人の学習する意識が出てきて学んだことって
きちんと定着するという例になるのかなあ、これ。
ちなみにアクセントというのは
個々の語句について、社会的慣習として定まっている音の相対的な高さや強さのこと 
イントネーションは呼気段落(息継ぎの段落、文節ですな)ごとに現れる
声の高さの変動のことをいいます。
意味が違うんで混同しないように(笑)


☆全米オープン
今日で、1回戦が終わるのかな?
フェデラーとかフィリッポとかが出場する予定。
昨夜の試合で、ロディックの相手はヘンマンだったんだね。
ヘンマンもイギリス国民に期待されつつ、なかなか結果を出せない。
彼も芝以外のとこじゃてんでダメだからなあ
そうやって考えるとグランドスラム達成ってものすごい偉業なんだね。
グランドスラム夫婦の子どもはいったいどんな英才教育受けるんだろう??


☆思い出したようにウルリッヒ
ビアンキのセカンドスポンサーが見つかったというのはマジネタらしいのだが
(ヤンはヴェルタに出ないから)
チームがコーストのいい加減会計に悩まされ、ツール出場もおぼつかなかったときに
助けの手を差し伸べてくれたビアンキのために
今シーズンはビアンキのみのスポンサーで走るらしい。
ヤンは来季の契約をしてないと言うのだが、多分来季もビアンキ、なんでしょ??
で、ヴェルタに出ないヤンが、もしかしたら出場するかもと言われているのが
10月にカナダで行われる世界選手権
世界選手権ロードでの金メダルはヤンが手にしていない数少ないコレクションなのだ。
ツール、ヴェルタ、オリンピック・ロード、2度のタイムトライアル世界チャンピオン
あと彼が欲しいのは多分ロードでのレインボー・ジャージだろうから。

チューリッヒの世界選手権でも狙っていたらしいけど、
こちらは残念ながら失敗(いつもながらの2位)
日本のメディアがツールドフランスにスポットを当ててくれるのは嬉しいんだけど
それ以外の世界選手権のことももう少し知らしめて欲しいなあ
と思う自転車ファンは結構多いと思うのよね。
ランスはイエローは持ってるけど、それ以外のレースはほとんど出ないもんな。
この辺がヨーロッパの自転車ファンに彼が受け入れられ難いところなんだよね。
(とこんなとこで比較しても仕方ないんだけど・・
 またローレウス賞で脚光あびるらしいしなあ
 まあちゃんと結果出してるから良いんだけど・・でもなあ  ぶつぶつぶつ
 すみません、ウルリッヒファンの繰言です、無視してくださいな)


さて~、私の繁忙期もヤマを超えました。
明日からはまた日常に戻る予定。
夜更かししても昼寝できるから平気さ~♪(・・・だから年齢考えて睡眠取れっつうの)

【2003/08/27 20:31】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。