上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週はタイトルつけるの楽だったなあ(笑)
けっこうこれに時間食うときが多いもんで、なんか悩んじゃうのよね。
・・・単なる日付にしちゃえば楽なのかな、いっそのこと。


☆晴天のホッケンハイム
路面温度は50度になるかも、なんて言われていたのだが
画面で見ててもかなり暑そうだわ、ドイツの暑さも香港並、かなあ。
今年の香港はいつになく湿度が低くて(低いと言っても60パーセント台は軽くキープ)
わりあい過ごしやすい夏・・・だよね~と昨日友人に言ったら
夏本番はこれからじゃん、と言われた。
・・・そうだった、コレからだった、確かに。
気温37度で湿度80パーセント後半だったら、マジで死にそうになります。

で、予選なんである。
暑さに強いと言われているミシュランタイヤ勢が、上位を占める中
石橋組のフェラーリだけがちょこっと気を吐いてはいるのだが
如何せん、ミヒャ兄さん、なんだかな~・・・
おまけに不利なんじゃないの~とか評判の偶数グリッドだよ。
地元だしさ、自分じゃなくて弟立てても仕方ないと思われるのだが
やっぱマクと同じで燃料いっぱい積んでるんでしょうか?
(いや、積んでるかどうかそれは誰にもわからないが)
キミちゃんは兄ちゃんのお隣ながら奇数グリッドの5位、前がケロで後ろがパニス。
どうなんだろう、この位置、兄ちゃんよりはマシだと思ってるんだけど。
とりあえず、明日のスタートに注目ですな。

今年は、去年ダントツに高かったミヒャ兄さんのオッズが低い
まだポイント的には1位キープしてるのに
地元でこの評価って、ちょっと辛そうだ。
上り調子のウィリーBMWチームの二人が仲良くオッズでも上位です。
ドイツは地元チームが沢山あるからね、どこもリキがはいってるのが良くわかるよ
(ちなみにトヨタだってドイツが地元なんだよね~)


☆獄門島
先日寝しなにテレビをつけたら、横溝正史の獄門島が始まってしまった。
うわ、市川昆監督、石坂浩二が金田一やるやつだよ・・・これはマズイぜ。

金田一耕助を演じた人は沢山いるが
私はいまでも市川昆がメガホン取ったこのシリーズが一番好き
なかでも獄門島が大のお気に入りなのだ
なんでかっていうとですね、
端役ではあるのだが、佐分利信の和尚のもとで修行中の小坊主が
なんと池田秀一さんなんですね~
小さくてくりくり坊主で、
声はシャアとは似ても似つかないのだけど
なかなか見られない映像ってことで、今までにテレビ放映だけで4.5回は見ているのだよ。

で、今回もまた見ました。

市川昆監督の作品を最初に見たのはたしか東京オリンピックだと思う。
ドキュメンタリー映画とは全然違う、映像美の一端に触れた気がして
(その頃はもちろんそんな生意気な印象はもてなかったけれど)
陸上競技だの、女子バレーボールだの、あるいは女子体操だの
今でも思い出せるカットがいくつか残ってるってのはスゴイと思うよ。
あれを見たのは確か小学生だったのだし。

彼の作品の中で、この横溝シリーズは決して高い評価は受けてはいないけれど
獄門島は、キャストも豪華だし、
あくまで暗い画面とおどろおどろしいストーリーにもかかわらず
死体さえも美しく撮ってしまう映像美が際立っているし
写真を切り取ったような市川監督独特のカットのなかに
暗さと重たさの象徴のような獄門島がときどき挿入されていて
何度か見ているのだが、やっぱりキレイな映画だと思ってしまう。
結末は横溝作品らしく、暗くて重たいのに、
ラストで妙に明るく描かれる海がまた美しくて良いのだわ。

久々に見て驚いたのは浅野ゆうこさんのお若いこと。
大奥で御年寄りやってるのを予告編でちらと拝見しましたけど
いやん、もう全然違いますね~。
あんなパッパラーのおねえちゃん役って結構お似合いなのかも(・・いや失礼)

金田一探偵は、孫のはじめちゃんもそうなんだけど
殺人を解き明かす事はできても、阻止する事はできないんだよね
でもまあこれは横溝シリーズの特徴なんだから仕方ないんだけど
何度か見ていると
「もちょっと早くなんとかせんかい」とツッコミ入れたくなるのは確かです。
あ、でも犯人の自殺の阻止率でははじめちゃんがおじいさんに勝ってるかもね(笑)

このごろの日本映画で見たのは、
たとえば二時間枠のドラマでも良いんじゃないの、と思えるような、
つまりちょっと凝ったテレビドラマとたいして違いのわからないものばかりだから
こんなどーんと映像美で勝負する映画を見ると
もう少し本格派の日本映画もたまには見たいなと思ってしまったよ。


なんてな(笑)

踊る大捜査線のヒットがイケナイって言ってるわけじゃないのよ、別に。
あれはあれで娯楽作品として良くできてるから、みんなが見にいくんだろうしさ。
リローデッドといいT3といい
CGバリバリで、巨大な予算かけてのハリウッド作品と争そって
それで収益100億円目指そうって言うんだから、日本の映画として頑張って欲しいのです。
きっと私もそのうちどこかで見るでしょうから、大捜査線は。


でね、結局コレを見てしまったんで
この日の就寝は3:30でございましたのよ
ったく何をやってるんだかね、このオバさんは、もう・・・


☆ユーミン、今秋も来港
実は今、頑張れ香港(ちょっと違うかな(笑)なるコンセプトで
ジャッキーチェンとCM撮ってるそうな、香港で。
で、10月の10.11両日シャングリラ2をひっさげて再び香港においでだとか。

去年、見に行ったんですよ、10億円装置と言われるライブ。
私はユーミン世代なのかどうかは知らないけど
卒業写真とか、ルージュの伝言あたりくらいの歌しか知らなくて
イマドキのアルバムも聞かずに行ってしまったんだけど
やっぱりそれはライブやるご本人にも失礼な事だよな、としみじみ思いました。
全然知らない歌ばかりだったんだもの。
ただ、私と似たような人種は多かったらしくて
一番盛りあがったのはライブ途中の昔の曲特集だったんだけど・・・
日本人が殆どだったにもかかわらず、MC広東語で通してしまったのも
ちょっとしらけた原因の一つだったみたいだしね。
香港大好きって言ってくれるのは嬉しいけど
今年はもう少し楽しめるものだったらいいなあ、
ってちょっと生意気言ってみました。
日本じゃシャングリラ2は11500円でしたっけ。
こちらのチケはいくらなんだろう?

【2003/08/02 22:01】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。