上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月20日 イギリスGP シルバーストーン

1.ルーベンス・バリチェロ  フェラーリ
2.J・P・モントーヤ  ウィリアムズBMW
3.キミ・ライコネン マクラーレンメルセデス

久々にフラストレーションの溜まったレースだった。
いや、キミちゃんがポディウム上ったのも久しぶりなんだけど
レース展開から言うと、もう少し高いとこにいてもおかしくは無かったのよ~!

えー、今はふりかえりたくないので、さらりと流してみますが
昨日の予選の結果、セカンドローでのスタートはまあまあ。
3位にまとめたのは誉めてあげよう、一応(また、えらそーに)
で、スタートも結構上手く決めた。
ところが11周目、観客がコースに乱入しデモンストレーションを始めたため
セーフティカーが入って順位は大幅に変わってしまった。
一時はトヨタなんぞが1.2位走ってたりして
このまま勝ったらどうするんだよっとひやひやしてしまった(・・・何故?(笑)
まあ、そのあとは順当に順位は入れ替わってくれたのだが
各車二度目のピットインを終えたあと
1位だったキミは後ろにピッタリくっつかれたケロに抜かれ、
2位だったもんちにも抜かれ
結局3位に・・・3位に・・・(涙ぽろり)
そりゃポディウム上がってくれたのは嬉しいが、でも悔しいよ・・・
まだまだレース時には若さが見え隠れしてしまう、キミちゃん。
MP4-18はクラッシュテスト不合格で今年の参戦は微妙だし
今年いっぱいは、17でもうひと暴れして欲しいと願うマクファンでした。

乱入と言えば2000年のホッケンハイム
森の魔物のような男が乱入し、ミカは勝利を失った・・(遠い目)
そしてそのときも勝ったのはけろっぴだったんだ~。
・・・っきしょー、なんだか腹が立ってきたぞ(笑)

あ、今回デビはポイントゲットしてきたので誉めてあげる
っつうかもう少し前に出て来いよ・・チームのために。


☆TDF 
今日はまだ昨日の13ステージのビデオも見てないんでコメント無しで。
二日分まとめて明日書きます。
でも14ステージ終えた時点での結果はすごい。
なにせ上位3人20秒以下のタイムで争そってるんだもん。

王者インデュラインに引導を渡したのが
テレコムのエースビャルヌ・リースだったのだが、
インデュラインの勝ちパターンは
山岳前のTTでライバルを引き離し、山岳でその差を広げると言うものだった。
ランスもほぼ同パターン
TTではほぼ負け無しで、今まではほんとに圧倒的に強かった。
そこで、ライバル達を叩きのめして、山岳で更にというものだったのだが
今回は山岳直前のITTでウルリッヒに1分以上差をつけられ
山岳アシストをあれだけ揃えながら勝利を奪えないでいる。
なんだか世代交代がありそうな・・・って思うのは早計かな?

ただ、ランスは暑いのが苦手だそうなので
単に暑さバテしてるのかもしれないけどね。
今年のヨーロッパはどこもかしこも暑そうだし
ましてや今年は異常気象
暑さが苦手とか言ってる場合じゃないかもかも。
とにかく明日ピレネー三日目は勝負です。


今日は一日なにやかやと用事が沸いて出て忙しかった。
まあ家族がそろう日曜なら当たり前か、主婦だもんね一応(笑)
また新しい週が始まるし、ワタシとしてはお気楽主婦生活が理想なんだけど・・・
まあ、予定が無いと人間退化しますからね、そこそこあるに越した事はない
台風のシグナルも見え隠れしているし、今週なにか波乱が起きますかね?
・・・それではまた明日。

【2003/07/21 00:52】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。