上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のお昼、出かけようとフラットの玄関に向っていたら
入り口のドアを押さえてくれてた若~い男性がいて、
にっこり微笑んで「After you」
出がけから気分が大変よろしゅうございました。
アノコ・・黒目がちな瞳がとっても魅力的なハンサムボーイだったなー。

10年後にもそうやって声をかけてくれると嬉しいんだけど。
その頃はきっとワタシより背が高い、いい男になってるわよね。
・・・10年後には、多分ハイティーンの坊や(笑)

それにしても、日本語で「どうぞお先に」というのが英語だと「After you」
この言葉の発想の違いって結構面白くない?

たとえばのこぎりの使い方にしても
日本は引く、欧米は押す、だそうだし、
マッチの摺り方も違うし、
荷物を運ぶ車にしても日本は例えばリヤカーのように引く、
あちらは手押し車の要領で押す
というふうにいろいろな分野で違いは顕著らしい。

ワタシが興味深かったのは、子どもをとっさに守るときの母親の姿勢。
日本の場合は敵(敵、でいいよな?)に背を見せて、胸側にかかえこむのだが
欧米人は敵側に顔を向けて、背中で子どもを守ろうとするんだとか。
立ち向かうっていう姿勢の現れなんだろうか。

なんとなく納得・・・この違い。
そうする気がするよ、自分は日本人だから、抱えこむ姿勢。

そんな小さな日頃の行動でさえこれくらいの違いがあるのだ
異文化を理解するというのは簡単なようですごく難しいものだよね。
言葉が喋れるとか、そういう次元じゃないんだと思う。
異文化理解っていうのは。


☆TDF第十ステージ
「まずは残念なお知らせを」と言う言葉で始まった本日のダイジェスト。
昨日の事故でリタイアを余儀なくされたベローキ
骨折だけでも指と肘と脚・・・legと言っていたんだけど、これって大腿だっけか。
とりあえず命に別状は無くて良かった・・・メットのおかげか・・。
それから、Sさまご贔屓のガルゼッリ
のどの痛みがと言ってた気がするのだが、本日は出発しなかったとのこと
・・でリタイア。
残念です。
やっぱりジロで力を出しきったイタリア人ライダーには
ジロ-ツールの二大レース出場はかなり厳しいのかも・・

第10ステージは、
プロトンから大きくリードを取った10人近くのメンバーから
さらにアタックをかけて逃げ出した
デンマーク人のピールとイタリア人のサッキの二人のゴール争いとなった。
2キロほど手前で、正々堂々と勝負しようとでも話をしたのか
二人は手を重ねて軽く握手をしたあと、ゴールへ向う。
二人だけのゴールスプリント
普通は牽制し合い、スピードを極端に落としたりもするのだが
この二人はスピードを保ったままゴールへ突入。
サッキはスピードに乗って一気にゴールへ駆込もうとしたのだが、
うまく彼の後ろを取ったピールが
するっとサッキの後ろから抜けてゴールを刺した。
二人の駆け引き、頭と体力の勝負は見ごたえがあった。

このピールくん、
現CSC監督のビャルヌ・リース以来のデンマーク人ステージ優勝だとか
北欧の人間らしく
睫毛までプラチナブロンドの30歳

http://www.h7.dion.ne.jp/~naco/photo/tdf03/011-1.jpg

ドイツ人にはとても見習えないこのファッションセンス(爆)
いかがなもんでしょう?

それにしてもツールを見ていて思うのは
このレースがいかにフランスの人達に愛されているかということ。
以前日本の甲子園に例えたけれど
夏の風物詩という言葉で括りきれない、
このレースに対する愛着ぶりを画面のそこここに感じてしまう。
目の前を一瞬で通り過ぎる選手を見るために炎天下で何時間も待ちつづける人達。
自分の町や村を通る集団を総出で迎える人達
空から、道路から選手達を映すカメラのために
いろいろな工夫を凝らして、目立つオブジェを作り上げる情熱

フランスの街は村や山や海の景色とともに
そんな観衆も風景の一つとして楽しめるツール・・・いいなあ、ほんとに。


さて、本日は週に1度のスポーツデーでした。
テニスのあとの整理運動
本日は卓球だったんだけど、
冷房ガンガンの個室でやったんですっかりカラダが冷えきってしまったわ。
で、家に帰りついてシャワーを浴びたら、
もうカラダも意識も宙を舞っている気分・・・
・・・実はこの日記、一眠りしたあとで書いてます。
今夜は長い夜になりそ・・・(笑)

【2003/07/16 22:39】 | 未分類 |

小さい頃からレディファースト
りー
マナーをしつけられてる子って
オトナになっても嫌味無く、自然に振舞えるからいいよね。
うちのお子らは、どうしてもぎこちなくって困る(笑)
こっちの人達は、子どもとお年よりには特に親切にするよう
しっかりしつけられているんだよね。
「今日ねえ、ドアあけて待っててもらっちゃった」
とツレアイに意気揚揚と報告したら
「それって、ドア開けててやらないと
 マズイ年齢のおばちゃんだと 思われてる証拠なんじゃない?」
だって・・・
・・・・この次盛るのは睡眠薬だけじゃすまないぞ(爆)>相方


時々苦手なことも
えむ
>After you
目の前でそれされると嬉しいのですが
かなり前で待ってられると
小走りするわけにもいかないし、
「待たせる」ことに恐縮するのよね(笑)。
でもこれって日本語に変換して考えるからってことなのね(納得)。
あぁそれにしても、10年後どうなんだろうって想像してしまうボーイ
っていいよなあ(遠い目)。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
小さい頃からレディファースト
マナーをしつけられてる子って
オトナになっても嫌味無く、自然に振舞えるからいいよね。
うちのお子らは、どうしてもぎこちなくって困る(笑)
こっちの人達は、子どもとお年よりには特に親切にするよう
しっかりしつけられているんだよね。
「今日ねえ、ドアあけて待っててもらっちゃった」
とツレアイに意気揚揚と報告したら
「それって、ドア開けててやらないと
 マズイ年齢のおばちゃんだと 思われてる証拠なんじゃない?」
だって・・・
・・・・この次盛るのは睡眠薬だけじゃすまないぞ(爆)>相方
2003/07/22(Tue) 21:44 | URL  | りー #79D/WHSg[ 編集]
時々苦手なことも
>After you
目の前でそれされると嬉しいのですが
かなり前で待ってられると
小走りするわけにもいかないし、
「待たせる」ことに恐縮するのよね(笑)。
でもこれって日本語に変換して考えるからってことなのね(納得)。
あぁそれにしても、10年後どうなんだろうって想像してしまうボーイ
っていいよなあ(遠い目)。
2003/07/22(Tue) 11:33 | URL  | えむ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。