上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びおはよーございます(殴)

本日、WHOは香港時間23日午後3時、
正式に香港をSARS流行地域のリストから除外した。
6月22日の時点で連続20日間新たな感染者が出なかったため。
声明はまた、
「人から人への感染の鎖が断ち切られ、
 地域感染、旅行者同士の感染の危険がなくなったと考えられる」
と述べた。
「最初の集団感染が確認されてから、香港政府関係者は隠ぺいも偽りもない、
 SARSに関する十分な情報を公衆とメディアに提供した。
 香港はまた、優秀な科学者、伝染病学者、臨床医師の貢献に助けられた。
 彼らは前線に身を置いて、あらゆる感染ケースにおける感染経路の追跡、
 感染源の確認、診断法の改良、治療法の解明に努めた」
などとして、香港政府や医療従事者の努力を讃えた。


なんだそうでございます。

なんか目の上のたんこぶ、じゃなくて、頭の上の雲が一気に晴れた感じ。
あれだけ煽ってくれた日本のマスコミは
どうせたいして報道してくれないだろうが
やっぱり汚染地域に指定されていた場所の住民としては
おツトメ終えて、晴れてシャバに戻ったぜという気持ちがするよ
(・・・って奥さん、こんな例えを使っちゃいけねーぜ(笑)

先週末からまた日本人家族がゾクゾク香港に戻ってきているらしいし
土日は沢山繁華街で日本語を聞いた。
みなさん、おかえりなさい。

ま、香港の経済もこれからですな。
とりあえず、あれだけ流行していた時期においても
ただの一人も日本人の感染がなかったというのが不思議ではありますが
これって日本人の衛生観念が発達しているから?
いずれにしても今後再発がけっして起こらないよう、
気をゆるめることなく過ごして行きましょう。

最後に、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
また、闘病中の方々の早いご回復も、重ねてお祈りいたします。

【2003/06/23 18:33】 | 香港生活 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。