上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはよーございます
日本敗退のショックから、ちょっとまだ立ち直ってないんですが。

勝てる試合だったとは言わんが、負けるとも思わなかったんだけど
それって私が素人だから?・・・だろうなあ
だとしても悔しいぞ。

ヒデも疲れてたようだし
俊輔の代わりに小笠原じゃやっぱり力不足でしょうか
(ここで役不足なんて使っちゃだめだよ~(笑)
 参照:http://www.asahi.com/national/update/0619/035.html
 実は確信犯については、私メも勘違いいたしておりました、はずかし~)
小野も、俊輔もいないんじゃ、可哀想だわなヒデも。
DF陣については、かなりうがった見方しかできないし
なによりあんまりテレビに映らないから今回のコメントは差し控えますが・・・
・・差し控えますがジーコ、次はマツを呼んでくれ(言ってるし(笑)


そういえば週末ネット見てたら、とあるサイトで
GS復活の見出しを見つけた
GS、つまりグループサウンズ
60年代から70年代にかけて一世を風靡した和製バンドたちの総称なんだけど
私は微妙にその世代から外れている。
ただ同級生でおねえさんがいた人とか、ちょっとおませな友人なんかは
小学生だったにもかかわらずやれジュリーだショーケンだと騒いでいたから
私も知識は有るんだけどね(笑)

今、その頃の音源で(つまりリマスタードされてない音源で)聞くGSの曲は
はっきり言って中学生のバンドかそれ以下のレベル
まあよくもこんなギターやドラムにきゃあきゃあ言っていたものだと思うけれど
あの頃はこれでもステキ、と思っていたのだね
ツレアイが、自分達の若い頃すごいテクを持っていたと思っていたクラプトンを
今は高校生でも平気で弾くと言っているが
つまりそういうことなのよ。
生まれたときから聴いてきた曲も環境も違う。
だからあの頃のレベルを今に持ってきちゃだめなんだけどね~
それはわかってるけど。

さて復活すると言うゴールデンカップスやらブルーコメッツ
どんな演奏を聞かせてくれるんだろう?
そしてそれを懐かしいと思う世代は
ちゃんと聞きに行くんだろうか?
私はゴールデンカップスとか結構好きで、
ブームが終わった後に聴いてたんだけど
(ドラム叩いてたマモル・マヌーだけが確かハーフじゃなかったっけ
 ヴォーカルのデイブ平野とかは正統日本人だったような・・・)
本牧ブルースなんて、もう一度聴きたいかも。

そういえば、終戦直後のジャズバンドを描いた映画が
もうすぐ上映されるはずなんだけどそのロケの小話。
ブギの曲に会わせてエキストラが踊るシーンで
あまりにもみんなのリズムのノリが良過ぎるんで
監督が少しはずしてくれとダメ出ししたらしいの(笑)

ディープパープルが来日した際に、
日本の観客が盆踊り手拍子をやってしまったがために
演奏を中止したというエピソードを聞いた事が有るけれど
(Smoke On The Water に合わせて盆踊り手拍子をやってみると
 そのダサさがよくわかるよ(笑)
この頃の若い子たちは間違ってもそんな手の叩き方ってしないだろうなあ
つか、できないって、カラダが覚えてるもん、リズム。

ダサいっていえばあれは金沢明子だったっけか、
イエローサブマリン音頭とか歌ってたの
うちのツレアイはちらっと目にして(耳にしてではありません)
激怒してましたがね
あれが正しい盆踊り手拍子なんでありますわ。


でね、これまた聞きだし、
書いて良いかどうかわからないんでクレームついたら消しますが
GSブームが終わりかけのころ出てきた
ズーニーヴーのダブルヴォーカルの一人町田義人さんは
今香港におられるのだそうですよ
最初「野生の証明」とか歌った人といわれてたんでピンとこなかったんだけど
「白いさんご礁」のズーニーヴーだと言われれば、
すぐわかったのよ(笑)>Mさん・Pちゃん
こんどその曲の入ったテープ、聴かせてあげるからね
(って持ってるんかい(笑)

ん~、今日のオチはあの人は今、シリーズになっちゃいましたね。

コンフェデは一段落ついたし、
ほとんど寝てないもんで、とりあえず今から寝ます。
はは、有り難き哉この身分、ごめんよ、ツレアイくん(^^;
・・・と手を合わせつつおやすみなさい・・・・(^^;

【2003/06/23 11:46】 | スポーツ |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。