上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月15日 カナダGP サーキットジル・ヴィルヌーヴ

1.ミヒャエル・シューマッハ  フェラーリ
2.ラルフ・シューマッハ    ウィリアムズBMW
3.ファン・カルロ・モントーヤ ウィリアムズBMW


スタースポーツのコメンテーターはマク贔屓で(多分ね)
ミカが走っていた頃は思い入れたっぷり
日本語訳にしたら赤面モノのポエム入りコメントを毎度毎度残してくれたので
私はすっかりお気に入りなんだけど(笑)
今回も聞かせてくれましたわ
「最後尾からよくポイント圏内まで・・・」

そうなんですよ、一番後から、頑張ったんです、キミちゃん。
もう一人のチームメイトが全く戦力にならない事をはっきり示してくれたんで
いや、それはもともとわかっていた事ではあったんだけど
後半フェラーリを追撃するにはちょいと荷が重いのですが
それでもまだCポイント、皇帝との差は3だもん
去年までだったら1ポイントしか取れないはずが
ルール改正のおかげだわね(笑)

えー、言いたいことをまとめるほど頭が働いてないので
(なにせアメリカ時間って厳しいのよ、しつこいけど(^^;
箇条書きにしていくつか
・「パーフェクトフラットタイヤ!」とアナウンサーがキミのパンクに叫んだが
 場所がよかったのねん。
 すぐにピットインできて、タイムロスは多分最小限。
 あれが出口付近での出来事だったら今回はポイントはなかったろうな。
 しかしパンクがなければ、1ストップ利点を生かして
 もう少し引っ張れたものを・・
・今回のケロの使命
 ひとつはポイントをフェラーリのために持って帰ってくること
 もうひとつはミヒャさまのためにキミをブロックすること
 両方ちゃんと仕事ができたので、
 きっと彼はトッドから頭をなでてもらったに違いない
・それにしてもGAは空力がウリじゃなかったのか?
 若い王子手玉に取るために、
 1枚脱いでサービスしたのかしら?
 いずれにしてもバージボードは不要らしいっすよ(笑)
・オジー・オズボーンがスタグリに来ていた。
 トッドは握手してもらってた。
 しかしミヒャ車に近寄ろうとしても
 フェラーリクルーがバリケード張って近寄れず(笑)
 兄さま、相変わらずスタート前ってガード固いのね
・ポディウムのてっぺんにあがった兄さまの顔に隈取が
 とおもったらメットのあとだった
 なかなか跡が消えないお年頃に突入のミヒャ皇帝閣下

ああ、言いたい放題・・・

「たしかにキミは予選で失敗した。しかし彼はまだ若い。
 若い頃のミヒャもそうだった、
 そしてそうやって失敗を重ねてミヒャは今F1の頂点にいる。
 キミは一つの失敗をそのあとの成功に結びつける
 すばらしい才能を持っているんだ、
 だから今のミスは彼の将来をさえぎるものには決してならないよ」

スタースポーツコメンテーター氏の言葉です。
ちょっと、というかかなり私の思いこみ入り和訳(笑)
そうよね、まだまだこれから、ですよね。

さてこれでGPは再びヨーロッパにもどりまして
次回、大ハプニングが起こる予定のニュルブルクリンク@ドイツとなります。
P姉、何かやってきてね、期待してるんだから(笑)

そうそう、今回のサービス映像は皇帝閣下のカート遊びでございました。
それにしてもジャックはいつから髪に生え際ができたんだ(爆)

☆ル・マン
当地の放送なしだったので、結局ずっとネット観戦
とりあえずチームアドバンは完走おめでとう
ベントレー1.2おめでとう 
久々のジョニーだからと、かなり頑張ってチャンネル回したんだけど、
やっぱり放送は無かった模様・・・
在英時、ル・マンのレースと言えば
マン島で行われるバイクレースのことだったもんなー
やっぱりこんな番組編成にも旧宗主国に対する配慮があるのか?
・・・んなことないか(笑)
右京のドライビング見たかったなー、ちっ

☆ごくせん
メールありがとでした
ちゃんと見ました。
ペットの松潤が出てきてたんだ~、不良役が妙に似合ってるぞ(笑)

さて、今日は頑張っておきてたから時差も多分解消できただろう。
私の週明けは明日から・・・な気もするが
相変わらず香港は雨模様、さて今週はどうやって過ごそうか?

【2003/06/16 16:57】 | F1 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。