上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1971年の作品
主演 スティーヴ・マックィーン

近年では、
F1を舞台にしたかったけどできなかったという「ドリヴン」あたりが
レースを主題にした映画ではまあ有名かと思うのだけれど、
ルマン24時間耐久レースにカメラを持ちこんで
ドキュメンタリータッチでつくりあげた映画として、
一度は見ても損は無いと思う。
かくいう私は、公開当時とそのあとテレビで計2回見ただけなんで
えらそーなことは言えませんが(^^;
最後のポルシェvsフェラーリのシーンで
エンジン音の違いがお勉強できます、あそこは必見です(笑)

と前置きしたのにはわけがある。
今週末はル・マンなんですよね。
で、私がヒソカにずっと好きな片山右京なんかも出場したりするわけなんだけど
今週末ってカナダじゃんよー
なんでこういうスケジュールになるんだろう?
もしかしたらマク車は旧型最後のGPになるかもしれないし
フェラーリのまき返しは必至だろうから、
カナダは見逃せないなと思ってるんだけど。

右京の今回の所属チームの運営母体オーナーは
なんとマッチこと近藤真彦さんなんですね、知らんかった。
近藤・片山ときて残りが福田良ちゃんだって
ドライバーは遜色ありませんわね、多分。
でシャシーが童夢で、エンジンは無限、タイヤはヨコハマ
今回のコンセプトはオールジャパンチャレンジなんだそうで。
これでワークスチームにに対抗できるのかどうかは全然わかりませんが
完走してもらいたいです。

http://www.yokohamatire.jp/lemans/index.html

もしよろしければ、ADVAN KONDO RACINGのサイトへどうぞ。


☆発熱その後
おかげさまでもうすっかり回復しました。
やっぱり疲労が溜まってたんでしょうか?
貯めるべき金は貯まらないで、いらん疲労ばっかり溜まるという、
悲しき中年夫婦です、ワタクシたち(涙)


☆ローランギャロス
優勝しました♪
「金髪の貴公子」だの「テニス界のジャニーズ」だの言われながら
決してアイドルになれないタイプって理由の片鱗が
そこここに見えた気もする表彰式を見ながら、しばし感慨に耽りました。
去年のリベンジができて良かったわ。
名前の残るのは勝者だけど
敗者もまた美しいとしみじみ。
フェルケレックの悔しさいっぱいのコメントも良かったよ。

テニスは長時間プレーヤーをじっくり見ていられるのが楽しい。
ひとつひとつのプレーに喜び、涙し、怒り、落胆する
そんなこまやかな表情が全て画面に描き出されるから
言葉で表現されるよりくっきりその人の人となりがわかった気になる。
一旦コートに出たら自分一人しか頼るものがない状況で
ゲームを組みたてて闘いぬく戦士達の美しさとたくましさ。


老けるのが早いってのもわかるよな・・・
(・・・ってそんなひどい結論を(爆)

瞬間湯沸器坊やのヒューイの彼女は
今回シングルス逃したけどダブルスは取りましたね、おめでとさん。
ウィンブルドンではカップル優勝を狙ってくだされ。

それにしてもフェレーロ
もう23歳だし、全仏覇者になったんだから
写真撮影の時にスマイル要求されてもちゃんと力まず笑えるようにしよう。
(フェルケレックの横で唇の端ひくひくやらかしてました。
 試合の途中で笑うととってもかわいいのに、もったいない)
あとせめて英語でコメントできるようになっておくれ。

http://www.rolandgarros.com/images/pics/large/bv_0608ferrero2.jpg

というわけでチャンピオンの画像です♪


MTVばかりで、久しく見てなかったVチャンネル見たら
稲葉浩志発見。
「AKATSUKI]だって
これ新曲なの?ソロなの?
好みであろうがなかろうが
B'zの曲は一応すべてゲットするのが信条だから、買わなくちゃ・・
すでに発売されてるのかな。
ここのところオフィシャルチェックもおろそかになってたから
(そっちは次男担当だったんで)
これからオフィチェックに行ってきます。

ほんとネットチェックは忙しい
それもこれも世の中にイイオトコが多過ぎるせいなのねん(幸♪)

【2003/06/09 11:43】 | スポーツ |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。