上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3日 1日中雨

雨の日はホッとする。
もう今はあまり関係無いのだけれど
お天気が良いと、
洗濯物を早く干してしまわなくちゃとか
家事を早めに終わらせて
子ども達を遊びに連れて行かなくちゃとか
「~しなくちゃ」観念に追いたてられるのがいやだった。

雨が降ると外で遊べないから仕方ないね
ということで
ゲームもビデオも心置きなく子ども達に解禁できる。

子どもを遊びに連れて行かなければならなかったのって
もうかれこれ10年近く前のことなのに
この頃は子ども達も
それぞれ自分達の生活圏を持って暮らしているのに
いまだに襲われるこの強迫観念はなんなんでしょ?(笑)

とにかくわたしは雨の日が好き。
しのつくような霧雨もいいが
バケツをひっくり返したような熱帯のスコールも
それはそれで結構楽しい。
ただし家の窓から眺めているときに限り、だが(笑)

イギリスにいたとき、
雲が低く垂れ込めて、
薄暗くて寒い、いかにも・・
というイングリッシュウェザーの日が好きだと言ったら
友人にダンゴムシの生活にあこがれてるわけ?
と呆れられたのだけれど。
でもなんとなく心落ち着くものがありませんか?
雨が降るって。

久しぶりに島の南側の海を見にいった。
リパルスベイも
海岸は閑散としていたけれど車は結構多かったし、
シェクオに至ってはビーチの駐車場はFULLで入れない。
やっぱりみんな
家に閉じこもるのがいやになっているのかな?
雨の中のハイカーやら自転車乗り、沢山見かけたんだけど。

気分転換に友人から送られた本を眺めてみる。
「清ら布」 ちゅらぬぬ、と読むのだそう。
南の島で織り姫になった高校時代の友人が送ってくれた。
彼女の作品を始め、
南の島の布には、海の風の匂いがする。
NHK出版より本体価格3000円にて、発売中。
織物は高くてとても手が出ないけれど、
本を眺めるだけで沖縄の光が差し込んでくる気がするから不思議。


さて、本日も締めにSARS、いきますか(笑)
当地の新患は10人になりました。
ヒトケタまであと僅か。
繁華街のマスクマンは、明らかに減少中。
マスクをして通勤するツレアイによると
顔が暑くてかなわん・・・のだそう。
ん~~、マスクじゃ感染は防げないそうなのだが
でもやっぱりして行ってほしいなあ。
気分の問題か?これって。

【2003/05/03 20:12】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。