上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自慢にはならないが筋金入りの方向音痴である。
高校時代からの友人であるE嬢が
先日香港に遊びに来てくれたのだが
香港は初めてだという彼女に
自分の家への帰り道を教えてもらうくらいのレベル・・・
と言ったらわかっていただけるだろうか?

E嬢には、そういえば昔からお世話になったものだった
この私が大学時代、山陰やら関西やら、
はては北海道まで旅行することができたのも全て彼女のおかげ。
地図を見ただけで自分達の進むべき方向がわかり
なおかつ、それを間違えないという彼女と一緒に居ると
私はなんだかマジックを見せられている気分である、
いやマジで(笑)

今回一時帰国するにあたり
彼女を含めた高校時代の同級生と会うことになっているのだが
どこで待ち合わせようかと相談する間もなく彼女からのメール。
「ホテルまで迎えにいきますから」
・・・・すみませんねえ(^^;
でもそれが多分一番確実。
そういや、2年ここに住んでるわたしが
彼女の香港のホテル(チムサーチョイだったのだが)に
まかせて!迎えにいくわっとタンカを切ったは良かったけど
私はなぜかジョーダンのMTR駅近くに佇む羽目になり、
途方に暮れてしまって
結局彼女にSOSコールをしてしまったもんなあ。
・・何故私はああいう場所にいたのだろう?誰か教えて(爆)

私信ですがEさま 空港には長男が迎えに来てくれるそうです。
リムジンバスにはちゃんと乗れると思いますのでご安心下さい。

ツレアイも体内磁石を持っているが如く
方向感覚バッチリである。
私とツレアイの実家は距離的には近いのだけれど
実際に歩くと40分ほどかかる。
・・・と結婚以来私はず~~っと思いこんでいた。
なのに1度ツレアイと一緒に歩いたら20分ほどで着くではないか。
あれれ~~?と不思議がる私に曰く
「三角形の斜辺を行けばいいのに、
 どうしてわざわざ他の2辺を進もうとするかなあ」
・・・・・・・・・だって最初に覚えた道がそれだったんだもん。
他の道を進むと絶対目的地からそれる自信があるんだもん。
方向的に多分こっち、なんていう特技は
私から欠落しているんですっ!
いいのいいの、もう諦めてますから。
どこへ行っても初めての景色のようで新鮮なんだも~ん
(と、居直るネタでもないとは思うけど(^^;


さて、再び肺炎の話
今日は「宣布疫埠」があるらしいという噂が飛び交い
スーパーは買いだめする人で大騒ぎだったそうだ。
宣布疫埠=香港が汚染地区であることを認める宣言
     内部にいる者は出国できなくなる。

冷静に考えると、今の感染率の香港で
そのような命令がでるはずがない、とは思うのだけど
やっぱり噂を聞いたら、冷静ではいられないのが人情か・・

うちは1日家にこもっていて、
一応お米と水は買いためてあるからと落ちついていたんだけれど
古くは70年代の石油ショックのごとく
群集心理というのはどこまでも不安を飲みこんで膨らんで行くものだ。

1986年。
次男が生まれて間もない頃だったから1月だと思うのだが
九龍半島から香港島へとつながっている
水のパイプラインがこわれたとかで、
香港島側の水が出なくなったことがあった。
・・・今後中国からの水の供給がが完全に止まるらしい・・・
そのときもまずニュースより先に噂が近所を駆け巡り
地元の人達はスーパーへ走り
あっという間に水は店頭から消えた。

退院してすぐの新生児だった次男を抱えたうえ
ツレアイは出張中だった。
お風呂にも入れられない、身体も拭けない状況に
私は途方に暮れた覚えがある。
しかしあのときは我が家の事情を知る友人達や近所の人が
1本2本とミネラルウォーターを分けてくれて
おかげさまで赤ん坊の身体を拭くことができたし、
飲み水にも困らなかった。
水も翌日には出るようになった。

噂と言うのはそんなものだ・・・
それはあとから落ちついたら理解できるのだが
渦中に居る人間にそんな冷静な判断をしろというのは難しい。
この事件ばかりではないけれど
香港でもイギリスでも、かなりヤバイ経験をして学んだ事は
「at your own risk」の精神で
自分の身は自分で守る、ということ。
どんなに日本に近くて、暮らしやすくても、
ここは外国だということを
常に頭の隅に置いて暮らさなければならないと言うこと。

もっともイギリスから帰った1995年には
日本で阪神・淡路大震災とサリン事件が起こって
自分の帰依する国は一番安全だと思いこんでいた私の常識を
みごとに覆してくれたものだったのだが。

それでも帰る国があることのありがたさは
外にでている人間なら誰しもがわかる、と思うのだけれど。
とにかく今の私は体調保持に最大の努力を払っております。
(ただ単に食っちゃ寝、の生活をしてるとも言う)
みなさま、今週末には元気でお会いしましょう!

【2003/04/01 18:22】 | 香港生活 |

夜が...寂しいです(笑)
えむ
笑うなって?
次回は「長男」も一緒に連れて来て♪


フウーッ
イー
成田に迎えに行かなくて大丈夫かなあと思っていたのだが、
ご長男のお迎えがあると聞いて一安心。
待ってるよ。


そういえば・・・(^^;
りー
えむさんにも、
初めての香港だと言われたのに
コンラッドホテルからピークトラムへの道案内をさせたのでしたね。
なんで道端の地図見て場所がわかるんやろ・・(謎)
ワタクシのばやい、覚える気が無いというより
三歩すすんだら(あるいは角を一つ曲がったら)
全てを忘れるというこのアタマが問題なのだと思われまする(^^;
ま、とにかく新幹線では某さまとお隣ですので
もう全く大船に乗った気持ちでおりますわ。
お出迎えよろしく(笑)


万全の体制でお出迎え...されるでしょう(誰が?)
えむ
方向音痴というより最初から憶える気持ちがないというか(爆)。
車を運転する(しかもガイコクであっても)人は方向音痴なんてありえないと思っていたのですがそうでもない...のか(笑)。
旅先では絶対に国内では見せない幻の笑顔が見れます(笑)。<私
でも香港では通用しなかった。
日本横断日記楽しみにしてます♪


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
夜が...寂しいです(笑)
笑うなって?
次回は「長男」も一緒に連れて来て♪
2003/04/09(Wed) 19:54 | URL  | えむ #79D/WHSg[ 編集]
フウーッ
成田に迎えに行かなくて大丈夫かなあと思っていたのだが、
ご長男のお迎えがあると聞いて一安心。
待ってるよ。
2003/04/03(Thu) 17:08 | URL  | イー #79D/WHSg[ 編集]
そういえば・・・(^^;
えむさんにも、
初めての香港だと言われたのに
コンラッドホテルからピークトラムへの道案内をさせたのでしたね。
なんで道端の地図見て場所がわかるんやろ・・(謎)
ワタクシのばやい、覚える気が無いというより
三歩すすんだら(あるいは角を一つ曲がったら)
全てを忘れるというこのアタマが問題なのだと思われまする(^^;
ま、とにかく新幹線では某さまとお隣ですので
もう全く大船に乗った気持ちでおりますわ。
お出迎えよろしく(笑)
2003/04/02(Wed) 11:24 | URL  | りー #79D/WHSg[ 編集]
万全の体制でお出迎え...されるでしょう(誰が?)
方向音痴というより最初から憶える気持ちがないというか(爆)。
車を運転する(しかもガイコクであっても)人は方向音痴なんてありえないと思っていたのですがそうでもない...のか(笑)。
旅先では絶対に国内では見せない幻の笑顔が見れます(笑)。<私
でも香港では通用しなかった。
日本横断日記楽しみにしてます♪
2003/04/01(Tue) 22:45 | URL  | えむ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。