上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月23日 マレーシアGP(セパン)

1.キミ・ライコネン(マクラーレンメルセデス)
2.ルーベンス・バリチェロ(フェラーリ)
3.フェルナンド・アロンソ(ルノー)

久しぶりに・・・本当に久しぶりに聞くフィン国歌
思わず姿勢を正してしまった。
ポディウムの中央にいるのはもちろんミカではない。
ミカではないけど、世間的にはミカの後継者と目されている
フィンランドの若いアイスマン、キミちゃんが
とうとう優勝してしまいました。

あらら、勝っちゃったよ・・・ほんとそう言う感じなんだよね。

ミカのようにまだ感情の爆発表現方法を知らないというか
編み出してないと言うか
でも指先は笑ってる(笑)
あれは新作のガッツの一こまか?

しかしポディウムでもプレカンでも
唇の端がにま~っと歪む辺り、
かなり嬉しかった事は想像に固くない。
いや、私も嬉しいです。
フライングフィンは継承してくれなくても
(彼の走りはかっとび、という感じではないものね)
アイスマンと呼ばれ、
ごく一部からF1界のベビーフェイスの暗殺者という称号をもらい
いつ優勝してもおかしくない雰囲気は去年からあったから
彼を見ていた人は誰も意外な結果だとは思わなかっただろう。

しかし去年、彼の走りに注目させたのは
フランスGPでのM・シューマッハとのからみだし
前回のメルボルンでも
ミヒャさんとはテールトゥノーズの争いを見せてくれていたので
私は、キミが優勝するのは
ミヒャとの争いに勝ったときだと思いこんでいた。

ん~・・・今回ミヒャエルは不幸を背負っておられましたなあ・・・
なんかフラビーにもめちゃくちゃ言われてるし。

ま、だけどこれくらいのポイント差は
全然ミヒャエルにはハンデになりませんから。
勝てるときに、いくら勝っておいたって
勝ちすぎるということはないんだよ。
ミヒャ兄さんが本気になるとコワイんだから。
頑張ってください、キミたん。

ところで今回、スタースポーツのレース前のインタビューは
ロン・デニス@マクラーレンプリンシパルだった。
マクラーレンは(表向き)チームオーダーを出さない。
ドライバーのどちらかを優遇することはない、
チーム内の競争がマクラーレンの力を高めるのだと言いきっていた。

けどさ。

ミカを息子のように可愛がり、
メディアに、ミカは「彼の」スタードライバーと呼ばれていたよね。
ミカとは一緒にホリデーにも出かけたよね。
そのミカが強く推薦したから
ザウパーからニックでなくキミを頂いたんだよね(←思いこみ度80%(笑)
メルボルンでは優勝したデビを祝福しながら
顔は正直にキミを追っていたよね
これってどっちに肩入れしてるかは
誰の目にも明らかだと思うんですけど・・・

そして今回、ファイナルラップの直前に
テレビカメラにキミの初勝利に涙するところを
くっきりと映されてしまった。

今回のGPの一番の見所は、
実は震えていたロンの肩ではないかと思う私は
見るトコ間違ってますか?(笑)
ロン、私はそういうあなたが大好きです。
今年もやっぱりマクについて行きますから。
だからまたポディウムで嬉しそうに笑ってね。
たとえキミがシャンペンシャワー浴びせてくれなくても(笑)

【2003/03/25 11:11】 | F1 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。