上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月某日

ペストコントロール依頼。
去年までは日系に頼んでいたのだけれど
値段も結構な上に
日本人は社長だけで普通の交渉や連絡は英語なので、
別を探そうと思ったのだ。
イエローページで探した日系のもう一つの会社に電話してみると
そこも日本人は今電話に出られないという。
値段は最初のところと一緒。

ワタシは英語が喋れますというほどうまくはない。
5年イギリスにいたけれど
滞在すれば喋れるようになるもんじゃないってのは広東語と一緒。
どの程度喋れるのか、と言われると困るんだよなあ・・
まあ日常会話程度・・??
病院で通訳を通さずに症状の説明が出来て
(なぜなら子どもが一番病気ばかりする時期に
 ガイコク暮らしをしていたから、
 病気関係のボキャはあるのだ(笑)
 これはツレアイより上手い自信がある、えへん)
子どもの学校の保護者インタビューに出て、
先生の話がまあ理解できるとか・・・
そんな程度である。
交渉ごとはできるなら得意な日本語で行いたい。
そう考えるのが人情ってもんじゃないかい?(笑)

次にネットで見つけた「日本人がいる」という会社に電話。
すると電話に出た女性が「日本人はいない」という。
折角電話したので、そのまま切るのももったいないと思い
ではお宅の見積もりを取って欲しいと言ったら
「明日こちらから電話する」
と言われて一方的に切られてしまった。
あんまり感じよくな~い。

けれど翌日今度は英語の上手い男性から電話が有った。
やっぱり日本人はいないという。
部屋の広さを告げて見積もりを頼むと即座に値段がでてきた。
今までの所より安いうえ頻度も少なくて済む。
ええい、頼んでしまえ!

ワタシはこの世で3番目に嫌いなものがゴキブリだ。
1番目と2番目はその時々で変わりますが(笑)
ああいう薬を撒くのは身体に良くないだろうと思いつつも
ゴキブリを発見したときのショックと天秤にかけると
やっぱりペストコントロールを頼んでしまう(^^;

依頼した時間ぴったりに3人がやってきた。
これって香港じゃホントに珍しいのよねえ、
○時っていってその時間に来たためしは
ほとんどないのが当たり前なんだから。
ところが彼ら、広東語しか出来ない
ワタシは広東語は喋れない
多少は理解できるが、生半可に広東語を喋ると
シャワーの様にマクしたてられるのが困るので、
最初から全然できないことにしている・・・のだが
こんなときって困るのよね。

とにかく身振り手振りで撒いて欲しい個所を告げた。
すると薬を撒き終わったお兄さん方が
今から2~3時間家を空けろ、と言っているらしいのがわかった。
それから請求書を出して、支払いについても何か言ってる・・・
もうすべてボディランゲージと筆談の世界・・・
とても滞港2年なんて恥ずかしくて言えましぇん(^^;

結局この日は三男と一緒にツレアイの会社付近まで行って
ごはんを食べてきたのでありますが
やっぱりちょっとは広東語、やろうかなあ、やったほうがいいかなあ
・・誰か教えてくれません?初級広東語(笑)

【2003/03/02 20:11】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。