上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日夕方、無事戻ってまいりました。チャンギに着いてから、早速雷雨の洗礼を受け、あー、シンガポールだ・・・と思ったことでした。

秋のトーキョーから夏のシンガ。ボケるほどの時差はないし、体はだるいし気力も不充実なんですが、今の私にはここが我が家、ここが基点。頑張らないとね、いろいろ、うん。

ということで、まずは今回の機内映画をば。
1.ALWAYS
テレビで放映されたら見てみたいと思ってた映画。世代的にわかる話みたいだし、ということでチョイス。
「あの頃は、~だったよね」という話をすることもありますが、基本的に「今」が楽しいので、あんまり昔を懐かしむ気はないの。しかも設定年代時のことなんか、全然記憶に無いし。けど、話はそれなりにまとまっててよかったです。芸達者ばっかり集めてるし。とくに城北真希ちゃん、上手すぎだわ。

子どもが絡むとなんでも泣くんだけど、今回はストーリーを知ってたので、涙腺を締めたかいがあり、泣かず。ただし小雪さんの指輪がフェイントで、そこで泣きました。ヒカリもんに弱いな、ワタシも。

2.X-MEN
ラストスタンド。
一応シンガで見て、結構面白かったんで、2をDVDで買いました。だから、今回は復習も兼ねて、日本語訳の確認ってことで。 字幕と違って吹き替えは語彙数が多いから、ほぼ台詞をこなしてくれるんで助かります。字幕はどうしても訳者さんの感性に頼るしね、そんなこと言ってねーだろ、とツッコミ入れたくなるくらいは、英語の理解が出来てるみたいだから。
ただ俳優さんの声が聞こえないってのは、大きなマイナス点なんで、やっぱり吹き替えは確認のときにしか使えないけど。

ワタシがシンガで見た時の解釈とほぼ間違いなかったので、ちょっと安心(笑)まあ、アクションものですし。ただウルバリンは、思ったよりずっと粗野なミュータントとして描かれてるっぽいんで、その点、要確認だわ、1を買わないとなー。

3.ダヴィンチコード
こちらも吹き替え版で。
見たのが春だったせいもあり、すっかりストーリーを忘れてしまってる自分に唖然。忘却とは忘れ去ることなり(涙) おおまかな流れはたどれたけれど、もう一度本から読み直そうかしら、と思ったことでした。

ということで、今回はこの3本。SQは映画が充実してるから好きです。ついでにCAのおねーさんの制服も大好きです、腰のラインなんか惚れ惚れするよね(お前はおやぢか) 忘れがちですがCAのおじさんも、気が利いてて好きですよん。

【2006/10/26 23:12】 | 映画 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。