上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.jpg

主演 デンゼル・ワシントン 監督トニー・スコット

制作があのジェリー・ブラッカイマーなんで、是非とも見たいと思ってた作品です。実はいま、CSIを毎日1篇ずつ見てるのよね。テレビドラマにしてこの精緻と迫力。日本じゃ作れませんね、残念ながら。アメリカの底力を見せ付けられますな~。

というわけでデジャヴ 
邦訳は既視感っていうんでしょうか。
「初めて出会った人間に感じる、奇妙な親近感。
初めて訪れた場所に感じる、懐かしさ。
誰もが経験したことのある、あの不思議な感覚=[デジャヴ]。
だが、その[デジャヴ]が錯覚ではなく、過去からの警告だとしたら・・・。」


日本公開は3月なのだそうです。宣伝文句以上のことを書くと、即ネタバレになっちゃいそうなんで、これ以上は自粛しますけど、台詞の端々に謎解きの答えがちりばめられているらしいの。如何せんワタクシめの英語力ではストーリー追うのがやっと。消化不良感が残る・・・のが悔しゅうございます、ちっ。

デンゼルさん、54年生まれなんだって~。いつまでも若いっていうか鍛えてるっていうか、頑張ってますよ、ホント。ワタクシは、ブラッカイマーって外さないなあ、と思ったんですが、アメリカでの出足はまあまあ、程度らしいですね。

【2006/12/14 15:43】 | 映画 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。