上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機内では、ほとんど眠れないので、ひたすら画面を見続けています。以前はちゃんと寝れたんだがなー・・やっぱこれも年のせい??

今回はJALだったんで、映画の本数も多くなく、おまけにめぼしいものはシンガで見てしまっていたので、つまんなかった。それでも、この「A GOOD YEAR」は見たいと思いつつ、見逃していた作品だったから、らっきー。

原作はピーター・メイルのベストセラーだそうで、それをグラディエーターの、リドリー・スコット&ラッセル・クロウコンビが映像化した、というもの。原作と違うところも多少あるみたいだけど、さらっと見ることができて、ふんわり笑えて、面白かったです。アメリカじゃ大コケだったらしいですが(爆)
まあ、ニュージーランドの人間がバリバリの英国人間を演じるってのも無理があるかもしれないし、ストーリーも見え見えだし、結末はあまりに安直って言えばそうなんだけどね。
それでも無理に役作りをしてないっぽいラッセル・クロウって見てて楽しい。テニスのあとの踊りの場面なんて、もう、可愛いとしか言いようが・・・(笑)
そうそう、例のチョコレート工場のチャーリーくんが子ども時代で出てきます。このまま、うまく大きくなってくれるといいんだけどねー。

あとはジョシュ&スカーレットのカップルと、ヒラリー・スワンクの「ブラックダリア」、邦画では「東京タワー」「7月24日通りのクリスマス」そんなもんでしょか。
ブラックダリアは難しかった。字幕つきで助かりました。これは映画館で見ても理解できなかったと思うわ。東京タワーは、本を読んでたせいもあって、泣けず。映画は、泣かせよう泣かせようという意図ありありで、かえって感情移入ができなかったなー。
そうだ、それから「守護神」今日本で公開中なんでしたっけ。これ。
いい映画なんですよ、ほんと。うちらの年代は結構ぐっと来ると思うんです。ケヴィン・コスナー、ひさびにカッコイイし。たるんではいるが(をい)でぶってないし。だからねっていうかだけどねっていうか、なーんでこんな邦題なのさ。ほんとにもうお願いしますよ。はい。

【2007/02/11 18:39】 | 映画 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。