上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月ですよ。なんでこんなに寒いの・・・

街を歩いてる人たちみたいに、ブーツにダウンコートじゃなくてもいいとは思うけど、ワタシの素足にサンダルってのは、いかにも寒々しい・・ホントに寒いし。ぶるぶる。

それが原因でもないでしょうけど、胃が痛みます。
しくしくしく。きりきりでもちくちくでもなくてしくしくって感じ(ってどんな感じだ)
今朝は痛みで目が覚めました。初めてじゃないかなあ、胃が痛むのって。

さて、そんな胃痛を押してみてきた映画
1・武士の一分
images.jpg

思ったよりずっと時代劇でした。
キムタクの殺陣も悪くなかった気がするし。
きっとキムタクが主演でなかったら、もう少し褒めてもらえたんじゃないかなあ。あ、でも彼じゃなかったらここまで話題にならないか。痛し痒しですね、山田監督。
噂どおり壇れいさんは可愛かった。脇役の人たちも良かった。監督はお人形さんのようなきれいな夫婦にしたかったんで、このキャスティングを組んだそうですが、それは十分成功してると思いますよ。
ちなみにワタクシめ、ダダ泣き、うきゃん。

2・The Pursuit of Happyness
img3_1169357550.jpg

日本では「幸せのちから」という題名でしたね。
ウィル・スミス主演。
医療機器のセールスマンであるクリスは業績不振による収入減から、家を追い出され、妻にも逃げられてしまう。彼は息子のために一流証券会社への再就職を決意。正式採用まで、6か月間無給の研修生活がスタートする。
というあらすじですが、まんまです。
そんでもってそこでおしまいなの。
こちとら、泣く気満々で出かけたのに、社員になったとこでおしまいでした。・・・え?・・ですよね。
どこで感動したらいいのかなあ。ホームレスとして頑張ってるとこか?

息子を演じてるのが、ウィルスミスの本当の息子なんですってね。あの子はすっごい可愛い。ちょっと上手すぎて末恐ろしくもありますが。

さて、香港、明日も寒いのでしょうか。いい加減勘弁してくださいよ、服、ないのに・・えーん。

【2007/04/03 18:35】 | 映画 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。