上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間、ナリユキとかイキオイって大事ですよね~。
というわけで、書いてしまうレースデー。
長くなりますので、分割いたします。

*********

前日、ドライバーさんから、明日は何時?と言われ、13時半からのドラパに間に合えばいいし、毎日1時間で着いているから、11時に、と言ったところ、しばし考えてた彼、10時にしたほうがいいんじゃない、と言うのです。
10時出発で11時到着だと、あまりに時間の潰しようがないじゃん・・・と思ったワタクシめ、 じゃ、10時半にしよう、と言ってしまったわけですが、これって大きな間違いだった、と気づいたのは翌日のことでありました。

今回のセパン、とにかくチケの売れ行きが芳しくなかったようで、間際まで、アジアで宣伝を繰り返していたにもかかわらず、なかなか売れなかったそうです。
20070501231635.jpg

KL市内でも、シンガでもあちこち見かけたバス広告。
F1バスです。
でも、もうレースに出ない人を載せなくても・・・

セパンに行く途中の高速道路じゃ、最後まで当日券売ってました(笑)
さもありなん、といいますかね、とにかく物価に比して高すぎますもん、チケ。
ワタクシの席は、モールの端っこではありますが、一応アッパーということで、3日間の通し券が日本円にしておよそ45.000円。一番高いエリアは6万円近くします。どんだけ儲けるんや、バーニーってなもんで、その土地の物価に関係なく、F1サーカスのチケットってこんなものらしいですね。

話がずれました。
えーと、レースデーの朝でした。
11時に出発と言ってみたものの、ペトロナス御招待のパドック組の出発が午前8時半と聞いて、急に不安になったワタクシ。まあ、彼らは9時半からのピットウォークに間に合うよう、早めに出発するんでしょうが、途中変に混雑してたらやだなと思い、10時前にドライバーに連絡を取ってみたところ、なんと彼はすでに待機してるとのこと。
予定を変更して、10時前の出発と相成りました。
これが大正解だったのよ。
いつもはすすーっと通り抜けられる高速の料金所でまず大渋滞発生。
えええ~!と驚いたのはまだ早かった。
この高速道路は、KL(クアラルンプル)と空港を結ぶ道路なんですが、途中でセパンと分岐する箇所から再び渋滞。
なんでこんなところで?と前を見てると、どうもおまわりが多数たむろして、車を選別している様子。
タクシーやら一般車両やらがえり分けられてるんですが(バスはスルー)
話を聞いてみると、駐車場のステッカーの無い車は、こっから先は通せないとのこと。
えええ~~~!
どうもそこで降りて近辺からシャトルバスに乗り換えなければならないみたいなんですが、そこからサーキットまではかなりの距離。かよわい女一人旅のワタクシに、乗換えなんてそんな芸当ができようはずはございませぬ。勘弁してくださいよ~。。。

そんな私の窮地を救ってくれたのはドライバーさん。なんとか交渉してくれて、私の乗った車は無事サーキット近くの駐車場まで入ることができました。帰りのお迎えの時間を告げて、ドライバーさんと別れ、さて、ワタクシはそこからサーキットのゲートまでいくシャトルに乗らねばならないわけですが、そこでバスを待っている人たちって言うのがまたハンパなく多いわけですよ。
列があるのかどうかもわからないし、どこにバスが来るのかもわからなくて、みんなが右往左往してるわけ。係員はもうすぐバスが来るよ、と言うばかり。

まあ、結局地元にお住まいだというとある日本人ご夫妻のご協力を得て、ワタクシ、来たバスに乗れたんですが、「ここでは並んでても無駄なんですよ、とにかく押しのけて乗ることが大切ですっ」と力強く断言なさったご主人が、えらくオトコ前に見えたことは言うまでもありません(笑)

ゲートをくぐると、昨日までとは別世界の、ワタクシの想像するえふわんぐらんぷりの会場がありました。
琢磨旗の集団あり、フィン旗振る人あり、まあ、半数以上は赤い人たちではありましたが、トヨタもルノーもマク衣装だってあります。いやぁ、この人混みがF1だよなあ、うんうん、と一人納得(笑)
ペトロナスのご招待だというそのご夫婦と別れ(二人ともペトロナス支給の帽子・ポロシャツ・イヤープラグ等々装備、お昼はお食事も出るんだってさー)てくてくと端っこまで歩きました。

 
以下、次回へと続きます。長くなったのでここでひと休み。ふぅ。

【2007/05/02 00:18】 | F1 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。