上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、頑張って加速しますよ~。スピード違反はダメだけど(謎)
レースデーの後半でございます。

**********

さすがにレースデーだけあって、ワタクシのエリアも埋まっています。ふーん、なんか、レースデーっぽい、なんて喜んでいたんですが、良く見りゃ上下左右、みーんな赤い衣装・・・これってどうよ。
20070501233039.jpg
ドラパ直前。マレーシアの民族ショーの最中
それじゃ、向かいのお席@50リンギはどうでしょうか?
20070501234352.jpg
おやおや、今日はずいぶん多いですよね。でも後ろの黒い雲がなんとなく不安・・・
そ。あそこは、屋根が無いんですよね~。日差しは椰子の木で防げても雨はどうにもならないんじゃ・・・


前座はポルシェカレラカップアジア、というレース。
2日間F1カーを見慣れた目には、どうにもポルシェって遅く見えて仕方ない(笑)
それが終わっていよいよドラパ、ドライバーズパレードが始まります。
眺めるのに忙しくて、たいして写真は撮ってないんだけど、ドライバーが一人ずつ、あるいは二人一緒に、クラシックカーに乗ってのパレードでした。帽子かぶっているとはいえ、レースを控えてあの炎天下に、コース一周・・・大変だよなあ、と同情してしまいます。
20070501233426.jpg
ニックとクビサ
ニックは、今レースのメインスポンサーペトロナスに所属するドライバーってことで、代表の挨拶もしてました。パドックへも数回サインや写真のサービスに現れたそう。とーっても好青年だったよ、との報告あり。

20070501233557.jpg
キミちゃん。暑さにもめげず、愛想ふりまきっぱなし。そりゃーあれだけあちこちから叫ばれたらね
20070501234028.jpg
アロンソ。いちお、載せるべきかと。いや誰も見たいっていうわけじゃないのは知ってますよ、知ってますって。

周囲の声援はやっぱりフェラーリが一番だったんですが(キミ、という黄色い声もあちこちから)それと同様の拍手が起こったのがアロンソってのは、まあさすがでしょう。
さてそれでは、三番手っぽかったのは誰でしょーか?

これ、ワタクシの独断ですけど、地元ペトロナスチームよりはアグリチームの琢磨くんに多かった気がするんですよ。
「サトー!」っていう声が沢山かかってました。(「琢磨~」じゃないんですよ、なんとなく日本人のかける声じゃなかったみたいだし)琢磨くん、アジアの星になれてるのかな?


さて、レースはワタクシのご贔屓のマクラーレンがワンツーという理想的な結果に。
スタート後のマッサとハミルトンの小競り合いは、私の席からは全然わかりませんでしたし、サーキットビジョンも立ってる人たちの頭でよく見えなかったんですが、周囲がしーんとしてたから、多分マクがいいとこ行ってるんだろうな、ってのはわかってました(笑)
途中、ドッと沸くのはすべてフェラーリが行くか?行ったか?っていうときでしたからね。(アロンソがピットインして次にキミがピットに行くまでのごくわずかな間-ほんの十数秒-だけトップにたったとき、ものすごーく沸きまくったんで、なんで?と思ったくらいです)周囲がわかりやすい人々だったんで、アタシも楽しかったですよ、へへへー、ざまーみろとか思って(こらこら)

マクの優勝が確実になってから、初めて、他の車を見る余裕もできたんですが(立ってた赤い人たちが、座ってくれたんで(笑) なんか、もう、全然覚えてません。
隣のタワーでは、ペトロナス御招待組が、多数居て、初めのころはニックやクビサが通るたびに律儀に旗を振っていたけどそれも後半は だらけてたし(笑) 私の周囲でも跳馬旗振る人はいなくなっちゃったし。
20070501234851.jpg
レース終了直前の風景。
席?そんなん、決まってましたっけ?・・・けっ。

レース終了後は、各エリアのゲートがすべて開放されたので、結構な人たちがポディウムの前に移動してました。が、私はとても近寄れる状態じゃなかったので通路で英国国歌と歓声を聞きました。
ドライバーさんと約束した時間は過ぎようとしてるのに、とにかく人が多くて前に進めない状態が、モールの出口まで続いていています。あちこちでそれまで見なかったマクT着てる人たちが歌ってるし(笑)

ほんとに、約束の時間さえなかったら、もっとずっと余韻に浸っていたかったなー。
生観戦なんて、もしかしたらこれが最後かもしれないのにさ。
後日、直接見に行って、ご贔屓が優勝するなんて、それはすごーくラッキーなことなのよ、とサーキット観戦のベテランDさまに言われましたけど、ほんとにそうだよね。
一人じゃ何にもできないし、つまんないと思ったことも少なくないけど、でも目の前を通るF1カーの美しさは、きっと一生忘れないと思います。

思い切って行ってしまってよかったよ、とだけは言い切れる旅でした。


以上、3日間のだらだら記でございます。ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございました。
さて、本編は終了しましたが、もう少しおまけがございます。それはまた後日にでも。

【2007/05/02 00:51】 | F1 トラックバック(0) |

ありがとうございます
りー
F1関連のネットのお知り合いは、みなさま生観戦の達人ばかりなんですが、その方たちのおっしゃる意味が初めてわかったかなー、なんて思いました。
やっぱりナマの迫力に勝るものはありませんよねえ。

ただ、現地ゆえに見ることができることも多い代わりに、ネットの情報とかがすごく少なくって(当然ですが)その点はちょっと寂しい思いをしました。

富士でF1参戦なさいます?それともmotoのほうかしら?
バイクもなかなかに面白そうですよね。

なるほどっ
nonomama
「ご贔屓が優勝するなんて・・ラッキー・・」のお言葉。なるほどーっ!と思ってしまいました。今年は生優勝見ることができるといいな~>わたくし事ですが・・(^^ヾ
やっぱり生観戦はいいですよね♪お疲れ様でした!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
F1関連のネットのお知り合いは、みなさま生観戦の達人ばかりなんですが、その方たちのおっしゃる意味が初めてわかったかなー、なんて思いました。
やっぱりナマの迫力に勝るものはありませんよねえ。

ただ、現地ゆえに見ることができることも多い代わりに、ネットの情報とかがすごく少なくって(当然ですが)その点はちょっと寂しい思いをしました。

富士でF1参戦なさいます?それともmotoのほうかしら?
バイクもなかなかに面白そうですよね。
2007/05/07(Mon) 21:32 | URL  | りー #xfH9rAAU[ 編集]
なるほどっ
「ご贔屓が優勝するなんて・・ラッキー・・」のお言葉。なるほどーっ!と思ってしまいました。今年は生優勝見ることができるといいな~>わたくし事ですが・・(^^ヾ
やっぱり生観戦はいいですよね♪お疲れ様でした!
2007/05/04(Fri) 18:09 | URL  | nonomama #gIYQI5Sw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。