上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの方の撮った写真というものを、私はあまり持っていないのだけれど、これはとある方から頂戴した宝モノ。20070704145001.jpg


今年は7月7日からなのですってね、TDF。イギリス出発なのだとか。
なんていうあやふやな書き方をしてるのは、私が全然チェックしていないせい。
ロードに関しては、去年のあの日から私はすっかり見る気がうせてしまったので、もう誰が出るのか、どんなコースなのかちっともわからないのであります。コトバニナラナイデキゴト

ちょっとロード関係のドイツメディアを覗いてみる機会があって、やっぱりまだヤンに対してはすごく辛らつな言葉があちこちに散らばってるんで、読むのは非常に辛いんですが、それはヤンの存在に支えられてきたドイツのロード界の人たちのやるせなさの表れ、というコメントを目にして、なんかもうやたら泣けてきちゃった、なんてことがあったわけです、最近。
ああ、あんたたちも辛かったわけね、ずっと信頼してた人に裏切られた気分の持っていきようが無くて、そうやって毒を吐いてたわけね、
  まるでそれはコンラッドに対するおこちゃまヴォルフラムじゃないかとか
  <・・・誰にもわからないような例え話をするのはやめなさい
 
そう思ったら、ドイツメディアをちょっぴり許してやろうか、とか、そういう寛容な気持ちにもなってきた自分が不思議です。

私は、本当にこの人にもう一度マイヨジョーヌを着せて、シャンゼリゼを走らせてあげたかった。それは切望なんていう言葉で表すとなんかすごく安易なものになってしまうような気がするんだけど、ほんとにほんとに心の底から願っていたんです。この人が走るのなら、どこのチームでもどこの国に属していても、全然構わないと思ってた(Tモバは一度出てますしね) ここらへんが、キミに対する思いとは全然違うんだなー・・・とにかく、勝ってほしい、走っていてほしいと毎年毎年、願っても願っても叶えてはもらえなくて、だからよけいに次の年に望みを託してしまって、それでもとうとう叶わなかったわけだけど。

デビューのときからずーっとずっと見ていたのは、私の半世紀の中で多分この人だけ。彼のプロ人生を最初から最後まで見てこられたってのは、きっと私のシアワセのひとつなんだろうな、なんて、勝手に総括してる今日この頃。7日、彼はどこかでツールを見るんでしょうか。

【2007/07/04 16:18】 | ロード トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。