上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼い頃、私はジジババっ子でした。父が出張の多い人だったので、母がしょっちゅう私を連れて里帰りしてたせいで。(おかげで私はマチ育ちではありますが、田舎体験は豊富です)

ここのところ、なにやかやといろいろありまして、浮き上がれずにずぶずぶ沈んでいく気分から抜けだしていないのですが、こんな時に昔のことを思い出してしまうってところに、しみじみと年をかんじてしまいますね~。

IMG_1703.jpg
日本からのお土産に頂いた干し柿。
昔々、祖母がくれたおやつ、とうもろこしとか干し芋とか、あるいはこんな干し柿だったな。手作りでしたから、こんなに美味しくもやわらかくもなかったけれど。祖母はいくつで亡くなったんだかよく覚えてないんだけど、何かしら美味しいものをひょいひょいと出してくれるので、よく、後をついて歩いたものでした。

昔が良かったとは、常日頃あまり思わないのだけれど、どうしてあの時ああしなかったのだろうと思ってしまうことは、以前より増えた気がする。
ダメね。こういう風に後ろ向きってのは。更年期のせいよって括れたらいっそ気楽なんだけれど。

さて。明日、台所でも磨きますか(笑)

【2008/01/15 22:21】 | 昔ばなし トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。