上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hkmov_1196821314-f0.jpg


今朝は5時半にいったん家を出て相方送迎。
10時から、フラットのすべてがストップしてしまうので、帰宅して慌てて掃除洗濯をすませ、9時50分過ぎに家を出ました。電気水道ガス、すべてを4時間止めてしまったみたいだけど、何のためだったのかしら???とにかく今の季節、エアコンの効かない室内では4時間も寝ていられません(・・・・え?)火曜日だし、ちょうどいっか、ということでいつもの映画館へ。


本日の映画は「The Chronicles of Narnia: Prince Caspian」
ナルニア国物語 カスピアン王子のつのぶえ 


これはもう日本でも公開されているのですよね。
前作、ライオンと魔女は、原作ファンにもそこそこ受け入れられたと思うんだけど、今作、これ、どーでしょーかみなさん???

私は某さまほどではないにしろ、指輪にはまった人間で、あれは映画を見たあと原作を読んで、映画は映画らしくよくできているなあと感心したんですけど、このナルニアは逆。少女時代(・・・ええ、少女でしたよワタクシだって少女だった時期があるんですから)に はまりにはまって、ナルニアを夢見たワタクシには、ちょっと、なんていうか、違うなー感が残るんですけども。

それはどこなんだろ。
4人兄弟はいい具合に成長してて(特にピーター君、いいわ~。前作よりずっといいわ)そちらに不満はないんですけど、やっぱりナルニアがスクリーン上で指輪によく似た描かれ方をすると、がっかりしてしまうんですよね。指輪のスタッフが作ってるんだから、傾向が似てしまうのは仕方ないんだけど、各シーン見てて、あ、これは指輪のあのシーンみたい、あ、この背景はあのシーンみたい、とか思いながら見ちゃうんで、醒めてしまうんですよねー・・・って私だけ?おまけにロケ地もニュージーランドですし。

まあ、ワタクシ的に点数を下げてしまった要因の第一番目は観客のマナーの悪さゆえなんですけども。金鐘でこんな不愉快な思いをするとは思わなかったわよ。もう学校ってお休みになっちゃったの?ガキどもと一緒に見たくなかったから、11時開始の回をえらんだのに、まあ、マナーの悪い少年少女だらけ。ポップコーンはいいよ、映画館なんだから、こちらだってガマンします。だけど途中で席は立つし おしゃべりは止めないし、歓声あげまくりだし。
もう夏休み中は火曜日には行くまい、と固く決心したことでした。(火曜日は普段より20ドルくらい安いのです)多少高くても、映画は気分よく見たいわよホント。


最後に付け加えますと、カスピアン王子は、私の好みからちょっとずれてます。これはカスピアン王子の成長の物語なんだけど、なんたってカスピアン王子が年取りすぎだもんなー最初から。たぶんすごくカッコいいといわれてるんでしょうけど、私はちょっと微妙にはずれ。残念無念。ごめんね、おばちゃんがタワゴト抜かしちゃって。

【2008/06/10 16:55】 | 映画 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。