上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬

この年にして初体験、まだまだあるってなんか嬉しい。

北京から遠く遠く離れた香港で行われている馬術競技。その中のDressageを見に行ってきました。人生初のオリンピック競技ナマ観戦です。

場所はサーティン。ハッピーバレーと並んで競馬場で有名なところです。香港島にある我が家から、MTRを乗り継いで40分足らずの場所ですが、私は初めて行きました。あらかじめ領事館からも連絡が来てたのですが、最寄の駅は「サーティン」ではなく「大学」。そこから頻繁に出ているシャトルバスで会場に向かいます。

記念写真

こんなかんじで、オリンピックのマスコットキャラと写真も撮れるんですが、何せ並んでる人が多くてパス。この手の記念撮影は、チャイナの人々がもっとも好むところ(たぶん) グッズを売るテント(?)も長蛇の列で、最初から断念。

そもそも馬場馬術なる種目があることすら知らなかったワタクシ(こ・ら~!) 馬術といえば障害だとばかり思ってましたもん。だから

IMG_2340.jpg
こんなふうになってるってのも初めて見ました<競技場。

黄色い屋根の小さな建物が審査員席。
ドラゴンの植木はあるし、すみっこにパンダが寝そべってるし・・・・なんかヘンだよね、と思ったことはナイショ。でもこれ、いったい誰のセンスやねん・・・

この時点ではガラガラっぽく見えますが、昨日は個人の決勝日だったこともあり、ほぼ満席でした。で、優勝したのは

優勝

オランダのアンキー・ファンフルンスフェンという人。三連覇だそうです。
どおりで会場にオランダ人が多かったわけだ。

Dressage(ドレッサージュ)<馬場馬術のことね のルールは全然知らなかったんですけど、何人か見てるうちになんとなくわかってきました。わかってくると、こんなド素人でもなんとなーく上手下手が見えてくるから不思議。
ゴールドメダリストのアンキーさんは、やっぱり上手でしたよ・・・って当たり前だよね。



で、おしまいは会場で配られてたオリンピックグッズ
IMG_2381.jpg




【2008/08/20 23:35】 | 香港生活 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。