上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外観

湾仔は、再開発中。
古いビルがどんどん壊されてしまい、数年・・・いえ、3年ほど前とは何もかもが一変してしまってます。

そんな中でレトロな質屋さんのビルをリノベーションした中にあるのが「OVOlogue」

飲茶

どの点心もおいしゅうございました。奇をてらったものはないし、「いかにも香港」的飲茶は期待してはいけませんが。


札
表には、この建物についての説明ボードがあるのですが、1888年から1920年までに作られた、唐楼の典型的な造りの建物だそう。レトロチックな内装といい、モダン中華的料理といい、流暢な英語を話す従業員といい、ウェスタンピープル受けのするお店でございます。



【2008/09/03 22:57】 | 香港生活 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。