上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月になってしまいました。
早い←毎回同じセリフ

引越しの準備は全然すすんでません。が、予定は着々と進行中。
4月始めにあちらへ家を探しに行き、までは前回書きましたが、それ以外の詳しいことを。
まず今やっている仕事は3月一杯で無事、引き継げそうです。後任の方が見つかりましたので。
で、4月7日までにこちらから荷物を出し、27日にあちらへ移動、29日に荷物を受け取り、労働節のお休み中に荷物を片付ける予定。

毎回同じセリフですが、ま、予定は未定だかんね。

前回のシンガへの引越し、シンガからこちらへの引越し、あれこれここに書いていたのが結構参考になることがわかり、なるべく詳しく記しておこう、という気持ちはあるのですが、なんか気持ちだけにおわっている今日この頃。
がんばれ、がんばるんだワタシ!

**************

で、毎日ナニをやってるかっていうと、実はまた現実逃避です。つまり読書です。

21272ZCAHNL__SL500_AA140_.jpg

私は定期的にスペインが好きになるんですが、またスペインマイブームが起こりそうな予感(笑)
F1も始まることだしね。あーでも今年のR29は出来がいいのか悪いのか よくわかんないなー。
いずれにしてもフェルナンドの減量の成果がでますように(祈)

じゃなくて、本の話。

直木賞とあと二つ トリプル受賞を果たしたという、逢坂剛氏の処女作だそうです。普通におもしろかった。
しかし普通どまりっていう感じ。
逢坂さんの作品はほかに何作も読んでいるけど、書きたいことをがーっと書いていった という勢いが強く感じられます。これは勢いで読んで正解。勢いをとめると、いろんなとこに「?」が沸いて来るんだもん(笑)

516ANSS8XYL__SS500_.jpg

映像で見たときには、結構まとまってる面白い映画だと思ったんだけど、やっぱり原作から読むべきだったと ちらりと後悔。文庫本で上下巻、結構厚かったのですがイッキ読みでした。

一匹狼的民間人より日本の組織の中の苦労人のほうが好きなのかなー、ワタシって。でも。映画版から先に見てしまったので、主人公 巻島はすっかりトヨエツになってしまってた。トヨエツさん、この映画で初めて警官を演じたそうです。
ちなみにワタシの中での合田雄一郎はトヨエツなんだけど、もう映像化はないですよねー んー 残念。

【2009/03/03 22:51】 | 読書 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。