上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクスリのおかげで、かなり症状が軽減してきました。とともに、食欲もまたかむばっく。
あの 病気のときの食欲減退症状を持続する方法ってないもんだろか・・・と思うのは、健康になりつつあるからなのかしら。惜しいよなあ。あの量で満足できるカラダであれば、こんな脂肪はなかったものを。

軽減はしてるものの、完治には至らず。
なので、まだゴホゴホと咳が出ます。
相方氏は、それが非常に気になるらしく、咳が出るとイラついてるのがわかる。わかってもどーしようもないんだが。
でもってすぐ「寝てろ寝てろ」とおっしゃる。
今日はそのお言葉に甘えて、朝ごはん食べた後朝寝し、昼ご飯のあと昼寝をしとりました。で、夕食後またゴホゴホやったら「もう寝れば?」とおっしゃる。

いやー、さすがにすぐには寝られませんて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

香港の今の住まいは、いわゆる社宅なんであります。
会社がこれを買ったのが86年でした。そのとき、ワタクシたちは、ぺーぺー社員家族として香港におりましたので、よーく覚えてるんですが、あの当時、この家からも、パートリーなれど海は見えたんであります。今は目の前にどーんとビルが建ってて、海なんざかけらも見えませんが。今は昔、だなー。あれから23年だもん。

まさか自分たちがその後2001になってここに住むことになろうとは・・・あの頃は想像もできなかったのだわ。ま、そんなわけで、建物としては新しくはないのですが、てゆーか はっきり言って古いのですが、建ってる場所はそんなに悪くありません。便利なとこです。
なので、北京でも、探したのは便利なところがいいなあ、と漠然と考えておりました。

さて、見知らぬ場所での住居探し。

まずは、仲介の業者さん探し。これはもう、最初から日系に絞りました。
うちら普通話がまーったくできませんもん。多少仲介料が高かろうが、しかたありません。
検索サイトで探すとパラパラと10社以上が引っかかりますが、今回お願いしたのは、我々のすぐ前に赴任なさった同じ会社の人が、レスポンスが早くてよかったですよ、といわれたK社。

複数社に声をかけて、よりたくさんの物件を紹介してもらう という方法もありますが、私は一社に絞りました。北京の不動産のサイトをチェックしたところ、日本人駐在家族が住むところって、そんなにたくさんはなかったから、というのもありますし、まあ、信頼関係ってのもありますし。

で、メールで依頼。バジェットとこちらの家族形態などを簡単に記して。
レスが早いと言われましたが、確かにすごく早くて、その日のうちにいくつかの物件の一覧表がとどきました。
私たちがラッキーだったのは、オリンピック後、アパートの家賃価格がかなり落ちている時期だということ。なのでうちの相方氏のとこのような(しょぼい<ごめん 相方くん)バジェットでも、そこそこのところに住めるみたいなのです。これは去年、オリンピック前に赴任なさった方たちと大きく違ったところです。

送られた表の物件をネットで確認しつつ、そのほかにも私が見たいと思った、いくつかの物件の相談などもメールでやり取りし、最終的に8軒ほどに絞ってもらいました。

そして4月2日、まずは私が不動産やさんと一緒に8軒を見てまわることに。
不動産屋さんのほうは、日本人と中国人の女性二人。私のほうは私と、以前香港で一緒で、今は北京在住のお友達 計4人

一つのアパートに付き、4種類くらいの部屋を見せていただき、プラスファシリティの見学などもするものですから、結局一日で30くらいのお部屋を見たことになるでしょうか。さすがに疲れました。確認事項(エレベーターの会社名とか(笑)の表などもつくったんですけど、後半は何がなんだかよくわからなくなってきちゃって・・・カメラも持っていったんですが、これも後半、どこの何やら わからない始末(爆)

目の前に広い公園が開けてるところ、中庭がすばらしくて散歩によさげなところ、ジムやらプールやらが豪華なところ、新築でなにもかもピカピカなところ、有名ホテルの経営でサービスが売りのところ、いろいろ選択肢がありすぎて、優柔不断な私にはとても決められません

・・・というところで、お話は後半に続きます。後半を書くのは多分明日ですので、また明日ってことで。なんだかさすがに疲れました。このパソ打ちにくいんだもん。


【2009/04/10 22:16】 | 香港生活 トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/04/22(Wed) 23:50 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。