上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北京の銀座」と言われている(らしい)王府井に行ってきました。
特になんていう目的は無かったんですが、とりあえず行ってみるかって感じで。

王府井大街というのがメインストリートらしく、歩行者天国になってまして、観光客がとっても多い。必然的におみやげ物やさんなんかも多い。再開発の途中なのだそうですが、香港資本による真新しいショッピングモールなんかがあるし(サンハンカイ)、ロッテデパートとかあるし、ホテルもあるし、確かににぎやかな通りです。

王府井という地名は、隋の時代に王府が置かれて、そこにあった井戸の水が大変美味だったからという話を読みましたが、諸説があるんでしょうか?
とりあえずその古井戸を見よう、と入ったのは「王府井小吃街」という小道

IMG_3675.jpg

両側に食べ物を売る店がひしめいています。
その中でも特に人だかりがしているのが、写真のような、串焼きを売ってるお店。
串を選ぶとその場で焼いて食べさせてくれるらしいです。

ただね、これがね、かの有名な

IMG_3677.jpg

さそりちゃんの串刺しなんでございました。

まーだ動いてるんだよねー。足がもぞもぞしてるんだよねー

キモい。

食べてみたい方、ご案内つかまつります、食べるのは勘弁だけど。

そしてこの辺には老舗のレストランも多いらしいのですが、かの北京ダックで有名な「全聚徳」
IMG_3673.jpg

黄色いダックが妙にかわいい。
有名店らしく、人がひっきりなしに入店してました。
われわれは二人でたべてもねー ってことで写真撮っただけ(笑)

【2009/05/14 17:06】 | 北京:観光 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。