上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本では普通に思っていたけど、海外じゃ違うのよねーってのは、ままあることですが、レジのおねえさん(あるいはお兄さん)の優秀さは日本がピカイチだとずっと思ってました。いや、今でも思ってます。

たとえば918円の支払いのとき、1000円じゃなくて、1020円出すのって日本じゃ普通でしょ?でも香港とかで9ドル18セントの支払いに10ドル20セント出すと、20セントコインをなげかえしてきたりするんですよね。
ま、10ドル以下の支払いなのに、10ドル以上の金はいらんよっていう考えなんだけどね。こっちとしてはお釣りのセントコインをじゃらじゃらもらうより、1ドルと2セントをもらうほうがありがたいって思うからそうしてるんだけど、気持ちはなかなか伝わらないわけ。
たまーにキモチが通じるとレジのおねーちゃんと握手したくなったり(・・・ないない(笑)

ところが北京じゃ、ワタクシの少ない経験上かなりの確率でこのようなことが起きています。
9.20という支払額、9元と2角ですね。(中国は元の下が角 その下が毛なんだそうです。)そんなときは10元札を出すと、「2角ない?」とおねーちゃんに言われますのよ。
この差 なんなんだろ?同じ国民じゃないんですっけ?あれかなー、算数教育のちがいなのかなー 香港とメインランド・・・

先日、端数の2角が無くて、お財布見せておねーちゃんに「ごめんねー、1角しかないの」って言ったら「じゃ、それでいいわ」と言われてしまった。つまりおまけしてもらっちゃったわけです、1角分。
・・・いいのかなー(笑)

*****************

ちょっと前の写真になりますが、夕暮れ時の故宮付近。
いつも観光客でいっぱいです。


2009 167


【2009/06/14 22:02】 | 北京:日常 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。