上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月24日 FIAの公式プレスリリースにて、現在参戦中のチームはすべて2010年もレースに参加すると発表されました。

大山鳴動して、出てきたのはネズミならぬモズレーの引退。
予算に関しては2年以内に達成するという中間取り
参加チームは以下の13チーム
スクーデリア・フェラーリ・マルボロ
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
BMWザウバー
ルノー
パナソニックトヨタレーシング
スクーデリア・トロ・ロッソ
レッドブルレーシング
AT&Tウィリアムズ
フォース・インディア
ブラウンGP

カンポス・メタ
マナー・グランプリ
チームUS F1

下部の3チームについては全然わかりません。どなたか情報ぷりーず。

蛇足ながら、「In view of this new agreement and with the prospect of a stable future for Formula One」の意味がワタクシ的にイマイチ・・・この新しい合意、およびF1における安定した将来を見通して、ってことなんですか。F1の将来を危惧する必要が無くなったから引退するよ、ってことでいいんでしょうか。

これで万事がうまく治まった・・・んでしょうかね。モズレーの引退って決まってたことのような気がするし、FOTAの要求も3年が2年になっただけだし、結局こんなとこじゃないのってとこに落ち着きましたな、ご同輩(笑)

【2009/06/25 12:43】 | F1 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。