上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月12日 ドイツGP ニュルブルクリンクサーキット

1. M・ウェバー  レッドブル
2. S・フェッテル レッドブル
3. F・マッサ   フェラーリ

降るぞ降るぞといわれて、スタグリの前に数週回った車があったそうな。ガス減らしのため。
結局タイヤ交換が必要なほどは降らず。
路面温度も上昇気味で、ハードでもそこそこ。

キミへのドイツの呪いは健在、じゃなくて継続中。ドイツだから、キミは勝てないの。兄が来たのなんて関係ないの。スーティルとの接触もドイツがやらせたことなの。ごめんねごめんねー。
ま、レーシングアクシデントで、無罪放免だし、ハンガロは暑いだろうし、次は頑張ってよ。

セカンドクラブ対決は、ウェバーの勝ち。
決して好きなドライバーじゃないんだけど、あの嗚咽っていうか雄叫びっていうかを聞いたら、素直におめでとうと言いたくなりました。初優勝はあんなウェバーをも初々しく見せてくれるのよねー。
   これでクラブを卒業なんてことは絶対にできないがな・・・
で、セカンドクラブベテランのケロさん。残念なのはわかる。けどそれをチームのせいにしちゃだめだよ。たとえリグが違ってても、言っちゃいけないことってあるじゃんね。

マクに関しては、もうホントに言うべき言葉がみつからない。
コバちん、ガス減らし作戦は無駄に終わるし・・・無駄の極地はエース(敢えて言おう、エースと(笑)のKARS。これが今年のマクの象徴なのか・・・

アロンソはあんな車でよく頑張ったと思います。またどさくさにまぎれて 後半どっかで勝ってくれないかな。

【2009/07/13 13:04】 | F1 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。