上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別府

山と海、あちこちから上る湯気。
温泉の町 別府です。
一時期に比べると少なくなったとはいえ、温泉町としては相変わらず圧倒的な集客力を誇っているとか。ニッポンの正しい温泉町、頑張って欲しいです。

帰国時の恒例の両親との旅行、今回はやまなみハイウェイから別府入りし、そこから南下する旅にしました。

で、10号線を南下。南へ南へ。宮崎はひたすら長い。

で、着いたところが、
鵜戸神宮
鵜戸神宮。
こちらに祭られている神様は、あの海幸山幸の山幸彦さまのお子様。山幸彦さまと海神のお嬢さんとの間にお生まれになった方で、神武天皇のお父様なんだそう。うーん、神話の国ミヤザキ。

ここの名物の亀石、運玉を投げ込めば、願いが叶うそうです。運玉は直径2センチくらいの素焼きの玉で、5つ100円。
鵜戸神宮3
左側の建物付近から、右の黄色枠の亀石に投げ込みます。(写真をクリックして下さい)
入ると願いが叶うそうで・・・ぬわんとワタクシ、二つも運玉が入ってしまいました。
えー!二つもお願いをかなえていただけるんでしょうか。日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊さま。ありがとうございます(拍手)

気分をよくしてその日は日南市の宿へ。
翌日向かいましたのは

都井岬
野生馬で有名な都井岬です。
サラブレッドとはやっぱり違って、なんていうか泥臭いっていうかね。ああこれが野生なんだー。

そのあとは、小林市にある「綾の大吊橋」へ
大吊橋2

吊橋といえば、九州では九重の夢の大吊橋が有名ですが、あちらができるまでは歩行できる橋の高さとしてはここが日本一だったそう。
宣伝があまり上手くないのと、ここまでのアクセスがイマイチなのとで、そんなに知られていませんが、橋としてはすごーく面白いですよ、ここ。
大吊橋
橋の途中途中でこんなふうに下が覗けますし(マジでこわいこわいと先に進めないおばちゃん多数(笑)

ここから、車一台がやっと、という細い県道を通って

陰陽石見学
陰陽石


今回の旅は二泊三日で700キロ超。久しぶりの運転でしたが、日本は運転しやすいわー。って、他県のわナンバー、しかもおばちゃんの運転ということで(?)、いろいろ親切にしていただいたおかげだと思いますが。


話題の宮崎県の旅、楽しかったです。
宮崎


【2009/07/13 14:10】 | ニッポン トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。