上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_3878.jpg

うちの近所にある機械。

ちょっと写真の映りが悪いのでわかりにくいのですが、これ、外貨交換ATMなんです。
日本円を始めとして、香港ドル・カナダドル・米ドル・ロシアルーブル・ユーロ等々8種類だったかの外貨を中国元に替えることができます。24時間。

こういうの、両替商が林立している香港じゃ信じられませんけど、こちらは為替が一律(一応ね、ホテルなんかじゃ手数料を取るところもあるそうですが)なので、こういう機械もあるんでしょうね。

いろんなところで日本の5倍くらい人手をかけてる気がする中国ですが(人件費が安いし労働力は豊富だし)こんなふうな機械もあるってのが不思議。

そうそう、中国に銀行はたくさんありますが、どこの銀行のATMも24時間稼動してます。もちろん手数料は無料。
・・・ねえ、なんとかなりませんかねー 日本。


【2009/07/21 18:13】 | 北京:ひとりごと トラックバック(0) |

そうなのかなー?
りー
90年代 在英時、ATMはすでに24時間無料でしたよ。ヨーロッパもアメリカもそうだと聞いたことがあります。銀行相互間は使用不可能だったかもしれませんが。

ATMの料金に関しては人件費だのなんだのより 日本の銀行が利権の上にあぐらをかいてた結果だと信じてやみません。中国にすら遅れをとってたんだと思うよ私は。ちなみに中国は国内の銀行ならどこの銀行でもATMの利用料はかかりません。

ただ、夜中に利用してカードが吸い込まれたまま、なんてことになったら大変だから、私は銀行が開いてる時間にしか使いません。なんとなくまだ信用できないんだ ここの国の機械(笑)

残念ながら
Pちゃん
「ATM24時間稼動で手数料無し」っていうのは人件費が安いから出来ることなのですよ。ATMが動いてる間は、緊急コールボタンを押したお客さんに応じられるように、セキュリティセンターに人間が待機してないと駄目なんだもん。トラブったまま朝まで放置されたら嫌でしょ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そうなのかなー?
90年代 在英時、ATMはすでに24時間無料でしたよ。ヨーロッパもアメリカもそうだと聞いたことがあります。銀行相互間は使用不可能だったかもしれませんが。

ATMの料金に関しては人件費だのなんだのより 日本の銀行が利権の上にあぐらをかいてた結果だと信じてやみません。中国にすら遅れをとってたんだと思うよ私は。ちなみに中国は国内の銀行ならどこの銀行でもATMの利用料はかかりません。

ただ、夜中に利用してカードが吸い込まれたまま、なんてことになったら大変だから、私は銀行が開いてる時間にしか使いません。なんとなくまだ信用できないんだ ここの国の機械(笑)
2009/07/22(Wed) 00:03 | URL  | りー #-[ 編集]
残念ながら
「ATM24時間稼動で手数料無し」っていうのは人件費が安いから出来ることなのですよ。ATMが動いてる間は、緊急コールボタンを押したお客さんに応じられるように、セキュリティセンターに人間が待機してないと駄目なんだもん。トラブったまま朝まで放置されたら嫌でしょ。
2009/07/21(Tue) 23:28 | URL  | Pちゃん #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。