上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国語で火車といえば、列車のこと。中国鉄道倶楽部なるサイトを見つけて、汽車に乗りたくなりました。
テツ子ってほどではないけど、その昔は時刻表が愛読書だったこともあるワタクシ(笑)列車の旅は好きです。

でもコトバの通じない国で列車に飛び乗る勇気もないし、とりあえず駅を見に行こうか。うん、北京駅に行こう。


何に見えます?
IMG_4089.jpg

地下道です。歩道橋じゃなくて地下道で道を横断します。でもだーれも通らない地下道って昼間でも不気味~。

IMG_4090.jpg
方角で出口を示すところが北京っぽい。

階段を上がると
IMG_4091.jpg
をー、あれが北京駅だー。

ちなみに地面に書いてある「出祖車」というのがタクシーのこと。香港じゃ「的士」なんだけどね。

てくてくと歩いていくと駅前の広場に出ます。
IMG_4095.jpg
「和」という文字が躍っていたモニュメント。

IMG_4096.jpg
窓ガラスの下の電光掲示板に人だかりが。
どうもそこでチケットを販売してるらしい。自動販売機はなくて、すべて窓口でした。

IMG_4097.jpg
赤い提灯の下が入口らしい。
座り込んでる人多数で、近づくのを遠慮しました。
日本のように、誰でも駅の建物に入れるっていう感じでは無かったです。たぶん、チケットを持った人しか、ゲートをくぐれないんではないでしょか。

実は、ただいま国慶節間近ということで、駅も厳戒態勢っぽかったのです。今年の国慶節は、北京市内に入る人を極端に制限しているのだそうで、この日も銃を持った軍関係の人やら警察犬やら、とにかくたくさん。あんまりお気楽にパシャパシャと写真撮れる雰囲気じゃなかったのよね。

駅舎はいい形だったので、できればもう一度写真撮りに行きたいんだけどなー。
次があるならいつだろなー。

【2009/09/16 22:11】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。