上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天安門広場の山車が撤去されたそうなので、がらーんとなっているかと見に行きました。モノ好きですなー>ワタクシ

柱はまだ建ってますが
IMG_4303.jpg

山車はない。すっきり。
武装警官たちの行進とすれ違いました。
うしろの普段着っぽい人たちはなんなんだろ??

IMG_4305.jpg

柳の並木?
11月始め、一週間で木の葉は落ちてしまうそうです。掃除が大変だろな。


ん?あの建物は??
IMG_4309.jpg
ああ、あれが正陽門かぁ。

せっかく来たんだからと広場に入ることにしました。
手前の白いテントは天安門広場に入るときの荷物チェック場です。広場はぐるりと柵で囲まれていて、ここを通らないと中に入れません。ちと面倒。仕方ないけどね。

南側、左に見えるのは箭楼。
箭楼は1432年に建てられた、北京の防御門なのだそうで、こちらは中には入れません。
IMG_4313.jpg


そしてこれが正陽門。
IMG_4318.jpg
明代、1421年に建てられたものだそうです、高さ42メートル。でかいです。もう驚かないけどね(笑)こちらは中に入ることが出来ます。音声案内の機械も借りることができるそうです、日本語もありました。


正陽門のすぐ北側にあるのが毛主席祈念堂
IMG_4317.jpg

北京の中軸線に並ぶこれらの建物、その北に故宮があり、鼓楼・鐘楼までまっすぐつながっているわけですね。


おまけ。
正陽門の東南に見える、以前の北京駅。今は鉄道博物館になっています。そのうち行ってみようっと。
IMG_4311.jpg

【2009/10/17 22:20】 | 北京:建物 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。