上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ 215
精緻な模様がご覧いただけますでしょうか?

ミャオ族というのは、中国の少数民族のひとつで、日本でも刺繍で有名だと思うのですが、今回、ミャオ族が多く住んでいる貴州から、アンティークの刺繍を売りに来ているから、見に行かない?とお誘いを受けまして、おじゃましてまいりました。
伝統工芸の衰退は中国でも例外ではなく、若い人たちはどんどん刺繍から離れていってしまっているそうで、ミャオ族の伝統ある刺繍も、近い将来刺せる人がいなくなるかもしれないのだとか。伝統工芸の継承を魅力あるものにするのは難しいのでしょうね。収入の問題、だけではないようです。

カメラ 214

この日は、衣服のほかにも、古い服の襟、すそなどの刺繍の端切れや帯なども持ってきてありました。
刺繍部分の拡大、うまく見えるかな。

刺繍1

老眼にはちとわかりづらい美しさ(笑)
ちなみに、両方ともワタクシが購入したものではありませぬ、あしからず。

【2010/01/23 14:20】 | 北京:ハツモノ体験 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。