上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

51B5Y7YY1GL__SL500_AA240_.jpg

日本人会に加入してみました。四半期のみだと会費は90元。
付属の図書室があるというので、早速下見に。

北京ではホントに本に不自由してますの。
日本に戻ったときに買ってくればいいんだけど、帰国のときには他にもたっくさん買いたいものがあるしー。EMSですら一度失敗してる私、amazonもなんとなく信用できないしー。先日王府井の外国書籍を扱う書店で文庫本を4冊買いましたら400元でした。400元つったら6000円近いんですよオクサン。なんかあんまり新しげでもなかったしなー。納得いかないわけよ、うん。


さて、「海嘯」
著者田中芳樹氏のものは銀英伝と創竜伝しか読んだことはありませんが、表紙が中国っぽかったので借りてみました。氏が中国の歴史に傾倒していることは、銀英伝でも創竜伝でもわかりますけど、こういう本格的な歴史モノを読むのは初めて。この時代の中国って日本人には馴染みの薄いものですが、巨大な国の一王朝が、北方の勢力に飲み込まれるように滅びていく有様を描いた小説、といえば端折りすぎでしょうか。
結局時代は人、造るのも滅ぼすのも人。それぞれの人の行動が、生き様が、時代となっていくんですね。
にしても、あまりに登場人物が多すぎて、なんか羅列にしか思えないのが惜しい気がする。きっと魅力的な人物が多すぎて、どれもこれも省けなかったんだと思うけど、軸になる人がぼけててよくわかんないです、私には。
やっぱりこういう歴史モノには、感情移入できる人が出てきてほしいなあ。
ただ、平家物語の壇ノ浦を彷彿とさせる、「崖山の戦い」の描写は、さすがに迫力ありました。



日本人会の図書室は、一回に付き5冊まで借りられます。書籍はほとんどが寄付によるものと思われますが、それでも借りられるだけ嬉しいわ。ほんと、ここで生活すると小さなヨロコビを見つけるのが上手になっちゃいますぅ(笑)

【2010/01/31 18:20】 | 読書 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
-
コメントありがとうございます。メール差し上げましたが、届いていなかったらご連絡下さいませ☆

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/09(Tue) 22:22 |   |  #[ 編集]
No title
コメントありがとうございます。メール差し上げましたが、届いていなかったらご連絡下さいませ☆
2010/02/04(Thu) 13:13 | URL  |  #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/31(Sun) 20:13 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。