上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガロにおわします勝利の女神のギフトってのは、ホントに浮気な林檎だったのねー、
なんて思わせてくれた、ハンガリーGP。
はい、じゃー今度はおまえにあげましょう、と渡されたキミは、20周すぎたとこで滑らせて手放してしまったし、
そのあとうまくキャッチしたつもりの眉毛アロンソも、しっかりつかみ損ねて結局アウト。
ここで掴まないでいつ掴むんだ、と期待された皇帝閣下も、結局逃げられて、
最後までしっかり手元に置いていたのは、
なーんとなんと(いや失礼(笑) あの、ホンダの、あのジェンスだったというオチ。

波乱万丈というかジェットコースターというか、見てて楽しいGPでしたよ。
ええ、ええ、楽しかったですとも。誰だよ、抜けないハンガロって言ったやつは。
はやめに玉砕してくれちゃったもんだから、あとはゆっくりレースを堪能しましたともさ。
あーおもしろかった。やっぱ雨がないとね、つまんないね、F1は、こんちくしょ。
左フロントタイヤの交換が遅すぎて、最初のピットに11秒もかかっちまったんですが
あれだけ派手にぶつかってしまったら、そんな、ピット作業の遅さなんてぜーんぜん気にならないね、けっ。

一方的にリウィッツィが悪いってわけじゃないらしいのに、カレってば、ライコに謝りに行ったそうですね。
いいやつじゃん。
98年の誰かさんとは全然違うじゃん。

拾い読みしたとこによると、ライコはデラロサに譲ろうとしてたって記事もあるし
どっか何かおかしかったのかもしれないけど、もう終わったことだしな。
今年唯一勝てそうなレースだっただけに、残念としかいいようがありません。
こうなってしまったのは仕方ないことではあるけど、あっちこっちいろいろかみあっていないっぽいし(ぶつぶつ・・・)
今のマクじゃ、キミは勝てないんだろうな。

ジェンス、おめでとう。
君が代の準備は、ハンガロでもされてたんですねー<をい
あの歌が、どこで終わるかをみんなが理解するまでには、もう少し回数聞かないとだめみたいだから
今後も頑張ってください、ホンダさんとともに。

さて、F1は3週間の夏休みに入ります。
アタシの休みはあと10日。弛緩しまくりで困ってますわ、はい。

【2006/08/08 08:22】 | F1 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。