上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末、ワタクシ的5月の一大行事が無事終了したので
まあ、一応晴れ晴れとした気持ちで迎える新しい週の月曜日でございます、おはよございまーす。

この年になってくると、なかなか執着することができなくなってきてて
意にそまぬ結果も、繰り返されると、まあ、こんなもんだろ、とか思っちゃうわけですね。
ええ、ご明察。スペインです。
しょうがないよね、前を行く車が壊れないんですもの。
サプライズのない車、サプライズの無いレース。
コメンテーター陣も移籍話に終始し、笑いの耐えなかったレース・・・これもF1なのかなあ。
で。
発表は近いらしいですよ。
いよいよ北欧の赤き彗星の誕生みたい。

さてそうなると来期のマクですが、アロンソともんち?なんだかなあ。。。
脅威の新人ハミルトン登場?こっちもなんだかなあ。。。
いや、どれもなんだかなあなんだけどね(笑)
来期は冷めちゃいそうだわ、正直なところ。

どうでしょうか、思い切ってフラビーとコンビ組むってのは>ライコ
あの暑苦しさをさらりと薄めて、ちょうど良い湯加減になるかもよ<もうヤケクソ(笑)
したらば、コピーは青い稲妻になるんですかねー<・・・ないから


☆読書
宮部みゆき氏の未読本@図書室 3冊読了
 ・R.P.G. ・返事はいらない ・レベル7
最後にずーんと落ち込む本は読みたくないの。終わりは、きちんと安心したい。
お定まりの殺人事件はいや。スーパーヒーローも好きじゃない。
もつれる恋愛話や、男と女のたわごとなんていらん。
どうでしょか、こんなお話はどうお?ってなオススメ本、何かありますかねー。

私信
昨夜はラスト1周残して、スイッチ切ったので、あろんそ君の盆踊り@スペインは見てません。
ごめんよ、Pさま。
あきらめてはいるものの、見たくないものには目を塞ぎたいのよ(うううっ<涙)
つか、起きてられないくらい眠かったせいもあるがな<アドレナリンの分泌ゼロのレースだったんで


今日は15日ですねえ。妹の命日です。
5年前のお天気は忘れてしまったけれど、予報によると、日本は五月晴れらしい。
中学生だった子どもたちも、大学生と高校生、大きくなりました。
ワタシはもう少し生きられるよう、頑張るよ。

【2006/05/15 07:30】 | F1 |

読書環境
りー
香港やロンドンと比べると、当地はかなりましだと思います。
ちゃんと日本人会館があって、そのなかに広めの図書室がありますから。
ただ、読みたい話題の本が読めるかというと、これはちょっと難しくてね。
東京タワーはかなり話題になりましたよね。
テレビで何度かリリーさんも拝見しましたが。
図書室に入ってるのかな、もう。
あっても、予約で一杯そうですが、読んでみたいと思います、ありがとう。
ご主人さまのこと、大変ですね。なんと申し上げてよいのやら・・・
のんのんさんご自身も、十分健康にご注意くださいね。


読書三昧の日々
埼玉ののんのん
朝早く主人を病院へ連れてゆき、48時間抗がん剤点滴で水曜日に迎えに行きます。本当はもう余命を宣言された日を過ぎて、このような治療をしても白血球が下がるだけ、そして又上げる注射を
してと、はっきり言って医療ってなんだろうと思います。癌が小さくなる訳ではありませんが、延命として捉えています。妹さんの命日とのこと、お祈りしております。私も妹がもやもや病で入退院をしています。脳を2度開けて、血管をつなぎ、又今度は穴のあいた頭を閉じる手術を夏頃にすることになっています。私の家族には病人だらけ。お互いに身体には気をつけましょう。
もう読まれたかもしれませんが、リリー・フランキーの 東京タワーと山田○樹?の嫌われ松子の一生という本、良かったです。当然推理小説好きの私は浅見光彦シリーズは読破しております。
今日から一人、さっき息子が帰ったのでほっとします。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
読書環境
香港やロンドンと比べると、当地はかなりましだと思います。
ちゃんと日本人会館があって、そのなかに広めの図書室がありますから。
ただ、読みたい話題の本が読めるかというと、これはちょっと難しくてね。
東京タワーはかなり話題になりましたよね。
テレビで何度かリリーさんも拝見しましたが。
図書室に入ってるのかな、もう。
あっても、予約で一杯そうですが、読んでみたいと思います、ありがとう。
ご主人さまのこと、大変ですね。なんと申し上げてよいのやら・・・
のんのんさんご自身も、十分健康にご注意くださいね。
2006/05/16(Tue) 09:19 | URL  | りー #79D/WHSg[ 編集]
読書三昧の日々
朝早く主人を病院へ連れてゆき、48時間抗がん剤点滴で水曜日に迎えに行きます。本当はもう余命を宣言された日を過ぎて、このような治療をしても白血球が下がるだけ、そして又上げる注射を
してと、はっきり言って医療ってなんだろうと思います。癌が小さくなる訳ではありませんが、延命として捉えています。妹さんの命日とのこと、お祈りしております。私も妹がもやもや病で入退院をしています。脳を2度開けて、血管をつなぎ、又今度は穴のあいた頭を閉じる手術を夏頃にすることになっています。私の家族には病人だらけ。お互いに身体には気をつけましょう。
もう読まれたかもしれませんが、リリー・フランキーの 東京タワーと山田○樹?の嫌われ松子の一生という本、良かったです。当然推理小説好きの私は浅見光彦シリーズは読破しております。
今日から一人、さっき息子が帰ったのでほっとします。
2006/05/15(Mon) 14:21 | URL  | 埼玉ののんのん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。