上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく、夜、起きてられません。
22時になるとリビングの電気消されるから、実家はイヤだ~、
と、ぶつくさ言ってた人はだぁれ?ってなもんです。
ここんとこのアタクシ、22時以降を深夜と呼んでますもん。

昨夜も、今夜はがんばるぞー(・・・何を(笑)
と、22時ちょい前にお風呂から上がって、意気揚々とパソに向かって・・・
いたはずなのに、30分もしないうちに寝てましたもんね。
よく乾かしてなかった髪が、今朝は爆発してます。ゲージュツです。


☆初体験シリーズ
お久しぶりのこの企画(・・・なんてあったっけ?)今回はフードコートです。
シンガポーリアンの、朝食&昼食&夕食&間食&夜食
すべてをまかなってくれるユースフルなキッチン付きレストラン(あははは(笑)がフードコート
香港にもありましたけどねー。

  香港と違うところってどこだろ・・・
  実はワタクシは、香港でもフードコートはあんまり利用しなかったので
  共通するとこも違うとこも、あんましよくわからんのです<だめじゃん

とにかくともかく、行ったのは、プラザシンガプーラにあるフードコートでして
そこで、チャーハンを頼んでみました。
したらば、その味が、かっぱちゃんのチャーハンにそっくりでびっくり!
(かっぱちゃんというのは、以前住んでいた某C県のA市のすみっこにある中華の大衆食堂なのです。
 うちの三男はそこのチャーハンが大好きで、
 香港に転居してからも、かっぱちゃんのチャーハンを夢見て、 うなされてました。
 香港の炒飯より100倍旨い・・・のだそうだ<賛同者極小)

つまり、日本の懐かしい「焼き飯」だったわけです。
それにスープが付いて、4ドル280円。うちからバスで行くと、片道1ドル70円くらいかかるんだが
それでも三男を連れて行ってやりたいと思いましたよ。ほんと焼き飯ってかんじなんだもん。

ただーし。
香港の炒飯だと、味が濃くないから、完食できると思うけど
(ってか私はチャーハンを一皿かっこんだりはしないが)
これ、食べてる途中で飽きてきまして。
だって最初から最後まで同じ味だしさ<たりめーだ
おまけにのども渇いてきて、食後に飲んだコーヒーが5ドル350円だった・・・

が、お初のフードコート体験にしては、まあまあかな。
この次は、野菜とか肉とかがいろいろご飯の上に乗っかってるやつに挑戦してみましょうか。
ちなみに、チャーハン4ドルってのは、相方に言わせると、ちょい高めなんだそうです。

蛇足
この、プラザシンガプーラの場所がわからず<そういう人はめったにいない有名なとこらしいが
うろうろ歩き回った挙句、とあるビルの1階で、歩いてる<若い><ぱつきん>の男性を呼び止めて聞いてみた。
その人、ちょっと困ったような顔をしていわく
「マダム、あなたが今、立っておられるこの場所が、おそらくそのビルであろうと思われるのですが」

・・・ありゃま

その人、パチッと片目つぶってさわやかに去っていかれました・・・
うふふふ、ウィンクゲットだぜ~儲かっちゃった<そういう話か?
道を尋ねるにも、人を選ぼう!(拳)


そうそう、なんかねPさま。
今朝の、もりわっきーのメール読んでたら、再度落ち込んでしまったじゃないの~。
わかってます、ロンデニも予選の遅さをあちこちで嘆きまくりですもん。
だけど、そうなっても、いきなり方向転換できないのよ~、あそこは、そんなチームなのよ~<号泣
いろいろ考えてはいるんだろうけど<いるのか?<をい
どこのコースでも、積み積み作戦しか思い浮かばないのはなぜなんだっ<逆切れ

・・っていうのに、嫌気がさしてんのかなーと思ったわけですよ、キミたんが・・・(どよーん)


さてはて、今日も今日とてまたオシゴトの準備です。
昨日も7時間労働で頑張ったんだけどね。
アタクシの要領が悪いのか、手際が悪いのか、アタマが悪いのか、どれなんでしょか<聞くな
そうなの、こんなことタラタラやってるばやいじゃないのでございまするよ。じゃ、そゆことで。

【2006/04/27 07:45】 | シンガポール生活 |

楊州炒飯
りー
香港の楊州炒飯<こう書くのでしたっけ
いわゆる、五目炒飯はおいしいですよね~。
あのレタスノシャキシャキ感がなつかしいです。
うちも、普段夫婦二人の食事ですが
本当に量が少なくなってしまいました。
ただ年寄り向きの食材が少なくて、毎日買い物に出ない無精者には不便です。
美味しいお豆腐とか、冷凍してない納豆とか、恋しくなってしまいます(笑)


なつかしいチャーハンの話し
埼玉ののんのん
いつも楽しみに読ませて頂いています。もう20年以上前でしょうね。香港から一時帰国した際に、ホテルへ奮発して食事をした時、息子がピラフを頼んだのですが出てきたら、なんと大きな声でチャーファンと・・・今だ我が家の生活にはXOジャン、オイスターソース、など中華調味料必需品です。
息子も出てゆき、夫婦二人の生活になりました。大食いなのでほっとです。二人質素な食事になりました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
楊州炒飯
香港の楊州炒飯<こう書くのでしたっけ
いわゆる、五目炒飯はおいしいですよね~。
あのレタスノシャキシャキ感がなつかしいです。
うちも、普段夫婦二人の食事ですが
本当に量が少なくなってしまいました。
ただ年寄り向きの食材が少なくて、毎日買い物に出ない無精者には不便です。
美味しいお豆腐とか、冷凍してない納豆とか、恋しくなってしまいます(笑)
2006/04/28(Fri) 07:43 | URL  | りー #79D/WHSg[ 編集]
なつかしいチャーハンの話し
いつも楽しみに読ませて頂いています。もう20年以上前でしょうね。香港から一時帰国した際に、ホテルへ奮発して食事をした時、息子がピラフを頼んだのですが出てきたら、なんと大きな声でチャーファンと・・・今だ我が家の生活にはXOジャン、オイスターソース、など中華調味料必需品です。
息子も出てゆき、夫婦二人の生活になりました。大食いなのでほっとです。二人質素な食事になりました。
2006/04/27(Thu) 08:01 | URL  | 埼玉ののんのん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。