上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく雨の一日でした。
真東向いてるマイルーム、乾季になると朝寝(別名二度寝)ができないくらいまぶしいのですが
今日はなーんてラッキーなのっ!と躍り上がって<キモチはね 二度寝体制に突入
・・・しかけたところで電話。ふろむじゃぱん。
うちの取引銀行さまからでした。
取引というのも申し訳ない額ではあるけど、
一応愚息sのガクヒの振込みなんかしなくちゃなんないしさ、生活費もやらにゃならんしさ、
インターネットバンキングをやってるのです。

この銀行さんが、こないだ、合併なさいましてね。
もともと短くなかった行名の最後に、アルファベットまで加わったから、さー大変。
かまないように練習したんだろうな、という努力の跡アリアリの
○○~銀行○○支店、○○ですっ、というイッキ読みふう自己紹介が微笑ましいです。
もしかして、行名かんじゃったら罰金とかあるんかいな(笑)

そこで、ちょっと日本での手続きが必要な案件が生じたため、
長男を、我々の代理に立てることにしたんですが
その長男の連絡先を訪ねられて、
「ちょっと待ってくださいね~、指が覚えてるんで・・・」
と答えて、番号を言ったところ
行員さんに「はぁ~、指で覚えてはるんですかぁ、そりゃすごいですねえ」
と妙に感心していただきました。

え?長い数字は指でおぼえませんか?みなさん。

キャッシュカードの暗証番号も、ネットのパスワードも、子どもはじめ、家族の電話番号も
ソラでは言えませんが、指と一緒だと言えます、ワタクシ。
で、パソキーボードと電話のボタンの配列は、違うんだよねー
だから、キーボードのほうじゃ電話番号が出てこんの(笑)

一度、電話も短縮ダイヤルとか利用してたんですが
そうすると、なぜか他の数字もすらすらと出てくるのをやめるんですよ。
記憶するのやーめた、って指の台詞が聞こえまして。
やっぱ、使ってやらないと仕事もしないもんなんですね、ワタクシ達のカラダって、うん。
だから、短縮ダイヤルは中止しましたのよ、我が家の電話。
あー、でも♪もしも私が死んだら♪きっと相方はものすごーく困るでしょうね。
まさかあの世へ行ったワタクシの指に、番号尋ねるわけにもいかんしな(笑)


うつらうつらしてたときに起こされたんで、それまで見ていた夢をひさびにはっきり記憶してました。
コリン・ファレルが出てきたのでした。
でもなぜどーして彼なんでしょうか?あたし、別に彼の映画見てないし、ファンでもないんですけどー。

【2006/02/09 21:29】 | ひとりごと トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。